クマ二キ(クマリデパート&アプガ(2))[ライブレポート]会場を楽しさあふれる空間へと染め上げた発売記念イベント

クマ二キ(クマリデパート&アプガ(2))[ライブレポート]会場を楽しさあふれる空間へと染め上げた発売記念イベント

クマ二キ(クマリデパート&アプガ(2))[ライブレポート]会場を楽しさあふれる空間へと染め上げた発売記念イベント

クマリデパートとアップアップガールズ(2)が、期間限定コラボユニット・クマニキを結成し、1月28日(火)にCDシングル「クマニキ」をタワーレコード限定で発売。同作のリリース記念イベントが、2月1日(土)に東京・タワーレコード池袋店 5階イベントスペースにて開催された。

<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)

これまで2マンライブを行なうなど交流を深めてきたクマリデパートとアプガ(2)。2組のプロデューサー陣が、YouTubeチャンネル『Around 40 Japanese Guyz』内でコラボを発案し、このタッグが実現した。

大勢の観客が詰めかける中、クマリデパートとアプガ(2)総勢12人のメンバーがステージに並ぶ。アプガ(2)の鍛治島彩が“この2組は、クマリデパートちゃんのツアーにアプガ(2)を呼んでいただいたことで接点ができたんです。クマリちゃんのプロデューサーのサクライケンタさんが、私たちのニューシングル「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」の編曲をしてくださったり、素敵な交流がたくさんあって今回コラボシングルを出すことができました”とコラボユニット結成の経緯を紹介。続けて“今日はリリースイベント最終日なので、がんがんに盛り上げていきます!”とライブの意気込みを口にした。

ライブに入ると、まずはクマリデパートが「シャダーイクン」を披露する。跳ねたビートのキレキレなシンセポップチューンを、ステージ全体を使って躍動感たっぷりにパフォーマンス。そしてアプガ(2)は、大森靖子作の「し・て・る・も・ん」を歌唱。弾けまくりのアップチューンで笑顔を届け、会場の熱量をさらに高めていった。

<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
ツイート
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
ツイート
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)

2組のメンバーが、再びステージに勢ぞろい。サクライケンタと、アプガ(2)の曲を数多く手がけるmichitomoが共作した「クマニキ」についてのトークをくり広げる。歌詞は、両者の楽曲から抜粋したフレーズをつないだユニークなもの。振り付けも、両者のダンスがミックスされたものとなっている。

この振り付けは、クマリデパートの振り付け師いどみんが監修し、高萩が中心になって考えたものだという。高萩は“みんなで案を出しながら考えたんですけど、歌割りもコロコロ変わるし12人もいるからフォーメーションを考えるのが大変でした”とダンス制作のエピソードを語る。クマリデパートの早桜ニコが“クマリはメンバー4人だから、普段は前後の移動とか細かく気にすることがあまりないんです”と大人数でのステージでの不安を語ると、高萩が“我々は頑丈なので大丈夫。気にせずガンガン後ろに下がってきてください!(笑)”と答えた。ちなみに「クマニキ」のMVは早桜が制作を担当。まさにクマニキのプロジェクトは、2組のチームが一丸となって作り上げたものだ。

いよいよライブで「クマニキ」が披露される。ステージいっぱいのメンバー12人が、次々と入れ替わりながらどキャッチーなナンバーを歌っていく。振りもとにかく賑やか。間奏では、鍛治島とクマリデパートの小田アヤネがツイン鼻リコーダーで共演するという、クマニキでしか見られないシーンも飛び出す。場面転換の早いパフォーマンスで観客をヒートアップさせたクマニキは、会場を楽しさあふれる空間へと染め上げた。

<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
ツイート
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
ツイート
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)

イベント後には、それぞれのグループのリーダーであるアプガ(2)の高萩とクマリデパートの早桜がミニインタビューに答えた。お互いのグループの印象についての質問に、高萩は“クマリちゃんはとにかく可愛い。顔も個性もバラバラで、みんなマスコットキャラクターみたいなんです”と回答。早桜は“アプガ(2)さん、みんな可愛くて好きなんですよ。私たち、仲良いアイドルさんがあまりいなくて、こうして仲良くしてもらえてほんとに嬉しいです”と、お互いの可愛い合戦がくり広げられた。

クマニキ自体について聞かれると、高萩は“まず曲が、歌詞もメロディもすごく耳に残りやすくて何回も聴きたくなります。家でも鼻歌でよく歌ってます(笑)”と答える。早桜は“振り付けとかMVとかメンバーが考えた部分も多くて、みんなで一緒に作ってく感じが楽しかったです。今までアイドル同士で一緒にやることはなかったので、いろいろ勉強になりました”とクマニキで新鮮な経験ができたと語った。

実際にクマニキとしてパフォーマンスした感想を尋ねられると、高萩は“ステージは人数多くて大変だけど、でもやっててすごく楽しいんです。元気な女の子っぽい楽しい感じが、すごく出たんじゃないかなって思います”と答えた。早桜は“人数が多いから移動とか心配な面もあったんですけど、でもわちゃわちゃして楽しかったです。それぞれのファンの方が、2組とも好きになってもらえたらなって思いました”と語った。

この2組は、2月13日(木)にclubasiaでの2マンライブ<アップアップガールズ(2)×クマリデパート>が決定している。このライブについては両者ともに“とにかく楽しみ!!”と声を上げた。早桜が“せっかくなので、一緒に何かやりたいです!”と語ると、高萩は“楽曲交換は絶対やりたいし、できるならお互いの曲をミックスしたものとかやりたい!”と前のめりに回答した。

クマニキは期間限定のユニットだが、今後について高萩は“全然やりたいです! これからもいっぱいありそうな気がします”と語り、早桜は“「クマニキ」やらないともったいないし、まだまだ何かやりたいです”と述べる。2人の言葉に、意気投合した2組の次なる展開が感じられた。

なお、クマリデパートは2月28日(金)にマイナビBLITZ赤坂で<5thワンマンライブ ~ニューヤングパワーマックス5000%特盛レッドヒルブリッツにおいでよ!こころのデパート~>を開催。3月3日(火)にはニューシングル「サクラになっちゃうよ!」を発売する。

またアプガ(2)は、2月2日(日)から全国ツアー<アップアップガールズ(2)ライブツアー2020 アオハル し・て・る・も・ん>をスタート。2月24日(月)には、フリーワンマンライブ<『#アオハル10000』 達成フリーワンマンライブ>を表参道GROUNDで開催する。

<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
ツイート
<シングル「クマニキ」リリース記念イベント>タワーレコード池袋店 5階イベントスペース(2020年2月1日)
  • トップページ
  • レポート
  • クマ二キ(クマリデパート&アプガ(2))[ライブレポート]会場を楽しさあふれる空間へと染め上げた発売記念イベント