【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>AKAGIDAN、地元群馬の魅力を全力発信!

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>AKAGIDAN、地元群馬の魅力を全力発信!

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>AKAGIDAN、地元群馬の魅力を全力発信!<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>「AKAGIDAN」イベントレポート

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.09

<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>が、11月3日(土)に高崎club FLEEZで開催された。出演は、あゆみくりかまき、Task have Fun、kolme、DEVIL NO ID、凸凹凸凹 (ルリロリ)、AKAGIDAN(オープニングアクト)の6組。<GIG TAKAHASHI>は、高崎での開催が今年で“3”年目、2018年の開催がこの日で“3"回目、そして11月“3”日開催ということで、“3"という数字にちなんで本編に登場する5組はすべて“3”人組というラインナップ。出演グループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と長い交流があるため、全体的にアットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの武器を最大限の見せることで、3人組の多彩さを感じさせてくれるイベントとなった。ここでは、そんな<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の中からAKAGIDANのライブレポートと終演後インタビューをお届けしよう。

AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の画像

オープニングアクトは、地元の群馬特使も務めるAKAGIDAN。

真っ黒な衣装で登場した彼女たちのライブは、切ない歌詞を持つアップテンポナンバー「片思いナイチンゲール」からスタート。ファンと一緒に頭の上で赤城山の形を作る“赤城三三七拍子”で、会場を盛り上げていく。<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>は“3”という数字にこだわったイベントであったため、地元の特別枠での出演となったAKAGIDANは、メンバーそれぞれが“出席番号が3番”や“3人兄弟”など“3”を取り入れた自己紹介をして、“3”との関係性を自分たちになりに証明していた。

群馬の名産品であるキャベツの歌「ぐんまのキャベツはNo.1」では、ステージがキャベツ色にライトアップされ、メンバーは“ヲタ芸”や“変なおじさん”などコミカルな振り付けをしながら、“ぐんまのキャベツはナンバー1!”コールでフロアの熱気を高めた。続く、ロックナンバー「アイドルシュタイン」では、表情を変えてクールな一面も披露。

MCでは、群馬の上毛かるたを用いながら、主催のH.I.P.高橋氏の“た・か・は・し”の4文字で群馬の魅力を紹介。最後は「ダレデモダイスキDD」で、メンバーと観客を一体にして、重要なオープニングアクトの務めを見事に果たした。

AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
AKAGIDAN<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より