【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>kolme、指先まで気持ちのこもったダンスを披露

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>kolme、指先まで気持ちのこもったダンスを披露

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>kolme、指先まで気持ちのこもったダンスを披露

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.09

<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>が、11月3日(土)に高崎club FLEEZで開催された。出演は、あゆみくりかまき、Task have Fun、kolme、DEVIL NO ID、凸凹凸凹 (ルリロリ)、AKAGIDAN(オープニングアクト)の6組。<GIG TAKAHASHI>は、高崎での開催が今年で“3”年目、2018年の開催がこの日で“3"回目、そして11月“3”日開催ということで、“3"という数字にちなんで本編に登場する5組はすべて“3”人組というラインナップ。出演グループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と長い交流があるため、全体的にアットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの武器を最大限の見せることで、3人組の多彩さを感じさせてくれるイベントとなった。ここでは、そんな<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の中からkolmeのライブレポートと終演後インタビューをお届けしよう。

kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の画像

スモークがかかった幻想的なステージにSEとともに姿を現したkolme。“青い花びら”に青い照明、歌詞とリンクした演出の中で「I'm alone」を歌い上げる。

MC中には、<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>オリジナルパンフレットの紹介をする場面も。“普段聞かれない質問が多くて楽しかったです”と語りながら、“ファンをひと言で表すと?”の質問に対して、MINORIの答えが“アニメ”とだけ書かれていて、その理由が明かされていないこの回答に会場からは笑いが起こる。

“本当の愛を教えてください”とMINORIの恋愛について書いた楽曲「Hello No Buddy」。続けて新曲「Why not me」、「All I Need」を披露。オーディエンスは、3人の指先まで揃ったダンスに見惚れ、アーバンなサウンドに心地よく包まれていく。

RUUNAが“次からはみなさんと一緒に歌って踊っていきたいと思います!”と「step by step」へ。盛り上がりを象徴するかのように、クラップとシンガロングが会場に響く。これまでの魅せるパフォーマンスとは異なるアッパーな楽曲に、会場の一体感はより強まっていく。「My afection」では、“ハリネズミダンス”やテンポの速いクラップでも観客との息はぴったり。完成度の高いサウンドとパフォーマンスで魅せた3人は、フロアを1つにしてステージを後にした。

kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より

kolme<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>セットリスト

11月3日
高崎club FLEEZ

SE
M1 I'm alone
M2 Real love
MC
M3 Hello No Buddy
M4 Why not me
M5 All I Need
MC
M6 step by step
M7 Way I am
M8 My afection

セットリストを見る