【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>DEVIL NO ID、アクロバティックなダンスが生んだ熱狂

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>DEVIL NO ID、アクロバティックなダンスが生んだ熱狂

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>DEVIL NO ID、アクロバティックなダンスが生んだ熱狂<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>「DEVIL NO ID」イベントレポート

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.09

<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>が、11月3日(土)に高崎club FLEEZで開催された。出演は、あゆみくりかまき、Task have Fun、kolme、DEVIL NO ID、凸凹凸凹 (ルリロリ)、AKAGIDAN(オープニングアクト)の6組。<GIG TAKAHASHI>は、高崎での開催が今年で“3”年目、2018年の開催がこの日で“3"回目、そして11月“3”日開催ということで、“3"という数字にちなんで本編に登場する5組はすべて“3”人組というラインナップ。出演グループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と長い交流があるため、全体的にアットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの武器を最大限の見せることで、3人組の多彩さを感じさせてくれるイベントとなった。ここでは、そんな<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の中からDEVIL NO IDのライブレポートと終演後インタビューをお届けしよう。

DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より

H.I.P.高橋氏による挨拶を経て、メインアクトのトップバッターを務めたのは、沖縄出身のガールズダンスクルーDEVIL NO ID。テレビアニメ『バキ』2クールエンディングテーマ、また日本テレビ系の音楽番組『バズリズム02』の10月度エンディングとしてもオンエアされていた「BEAUTIFUL BEAST」からライブはキックオフ。

観客が音楽に身を委ねる姿が印象的だった「Utopia」、“大切な誰かを思い浮かべて聴いてください”という言葉とともに放たれた「Sweet Escape」では、3人のハーモニーにより穏やかでスイート空間が広がった。

圧倒的なダンススキルを持つDEVIL NO IDならではのダンスタイムでは、まずダンスナンバー「ジェネレーション反抗期」をドロップ。3人の息がぴったりと合ったキレキレのパフォーマンスで魅せる。続いて、高橋氏が選んだ3曲をそれぞれが即興で踊るという一夜限りの特別なコーナーへ。mionはSPEEDの「Body & Soul」を、hanaは安室奈美恵の「Don't wanna cry」を、karinはTHE BOOMの「島唄」をダンス。予想外の選曲に、思わず笑みがこぼれる場面も。曲調の異なる3曲にそれぞれが即興ダンスで見事に応えていた。

終盤は、“たく「さん」盛り上がっていきましょう!”と曲振りして、「RLAY GROUND」、「EVE-革命前夜-」で畳み掛ける。ラストは、“会場をピースサインと笑顔で埋めたいです”とEDM調の「シグナル」で締めた。

DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より

DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>セットリスト

11月3日
高崎club FLEEZ

SE
M1 BEAUTIFUL BEAST
M2 Utopia
M3 Sweet Escape
MC
M4 ジェネレーション反抗期
M5 -ダンスタイム-
M6 Fashonista
MC
M7 RLAY GROUND
M8 EVE-革命前夜-
M9 シグナル

セットリストを見る