【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>Task have Fun、キラーチューンの連続でフロアをロック

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>Task have Fun、キラーチューンの連続でフロアをロック

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>Task have Fun、キラーチューンの連続でフロアをロック<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>「Task have Fun」イベントレポート

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.09

<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>が、11月3日(土)に高崎club FLEEZで開催された。出演は、あゆみくりかまき、Task have Fun、kolme、DEVIL NO ID、凸凹凸凹 (ルリロリ)、AKAGIDAN(オープニングアクト)の6組。<GIG TAKAHASHI>は、高崎での開催が今年で“3”年目、2018年の開催がこの日で“3"回目、そして11月“3”日開催ということで、“3"という数字にちなんで本編に登場する5組はすべて“3”人組というラインナップ。出演グループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と長い交流があるため、全体的にアットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの武器を最大限の見せることで、3人組の多彩さを感じさせてくれるイベントとなった。ここでは、そんな<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の中からTask have Funのライブレポートと終演後インタビューをお届けしよう。

Task have Fun<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より

Task have Funは、「彗星のステージ」から華麗にスタート。ファンに指差しをする振り付けが印象深い。続けて「いつだって君のそばで」と、可愛らしいパフォーマンスでライブを進める。ストーリー性のある「幻想セレナーデ」では、大人っぽい表情とキュートな表情の両方で魅せた。

MCでは、自分たちは<GIG TAKAHASHI vol.1>から出ているので高橋選抜初期メンバーであると語る。次回の話になると、 熊澤の“新潟行きたい”発言にOKサインを出す高橋氏。すかさず、白岡が“ちゃんと言葉に責任持たなきゃダメですよ”とつっこむ場面も。

「TASK」「3WD」「「キメ」はRock You!」と、メンバーと一緒になって踊れるキラーチューンの連続に、観客のボルテージは最高潮に。サマーチューン「Rockin Party a Go Go」では、タオルを回し、高崎club FLEEZを夏に引き戻した。

現在、東名阪ツアー真っ最中のTask have Fun。ツアー告知のMCを経て、「キミなんだから」へ。新曲「けどハニカミ」では、カッコいい一面も披露。最後に、派手なピンクの照明に包まれながら「ラブグリッター」を熱唱。“タスク帰ります”と言い残し、3人はステージから美しく去っていった。

Task have Fun<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>セットリスト

11月3日
高崎club FLEEZ

SE
M1 彗星のステージ
M2 いつだって君のそばで
M3 幻想セレナーデ
MC
M4 TASK
M5 3WD
M6 「キメ」はRock You!
M7 Rockin Party a Go Go
MC
M8 キミなんだから
M9 けどハニカミ
M10 ラブグリッター

セットリストを見る