内田理央、時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』に出演決定!「緊張が一気に楽しみに変わりました」

内田理央、時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』に出演決定!「緊張が一気に楽しみに変わりました」

内田理央、時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』に出演決定!「緊張が一気に楽しみに変わりました」

内田理央が、5月15日(金)よりスタートするNHK BSプレミアム時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』に出演する。

本作は、近現代日本文学を代表する作家・坂口安吾の原作『明治開化 安吾捕物帖』をドラマ化したもの。明治版シャーロックホームズといえる特命探偵・結城新十郎による、明治に入り乱れる人間の愛憎に迫る新型サスペンス時代劇となっている。

主演は福士蒼汰が務め、ヒロインをNHKドラマ、時代劇ともに初出演の内田が演じる。そのほかには、矢本悠馬、中村靖日、勝村政信、鶴見辰吾、稲森いずみ、高橋克典の出演が決定している。

内田理央コメント

ーー初の時代劇出演に対する意気込みを聞かせてください。

内田:
初めての時代劇なので少し緊張して衣装合わせに向かったのですが、明治初期という時代は実はあまり作品になっていないとのことで、監督をはじめスタッフさんが梨江のハイカラなファッションやヘアを試行錯誤してくださり、緊張が一気に楽しみに変わりました。自分の意見をしっかり発言する芯のある強い女性を演じることができ、とても光栄です。

ーー『新十郎探偵帖』の見どころは?

内田:
外国帰りの探偵新十郎が事件を解決していく中で入り混じる人間の欲や愚かさ、混沌とした時代に飲み込まれていくさまは、現代の私たちにも通じるものがありました。そして、とにかく新十郎がかっこいい!(笑)

ーー視聴者のみなさまに一言お願いいたします。

内田:
梨江の、“じゃじゃ馬!”と呼ばれるような気の強さ、少しずつ新十郎に心惹かれていく姿も注目してください。

次ページ

  • トップページ
  • ニュース
  • 内田理央、時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』に出演決定!「緊張が一気に楽しみに変わりました」