ホロライブ[ライブレポート]VTuberグループ初の全体ライブ!示された“ノンストップ・ストーリー”

ホロライブ[ライブレポート]VTuberグループ初の全体ライブ!示された“ノンストップ・ストーリー”

ホロライブ[ライブレポート]VTuberグループ初の全体ライブ!示された“ノンストップ・ストーリー”

2020年1月24日(金)、豊洲PITでVTuber事務所『ホロライブプロダクション』内VTuberグループ「ホロライブ」が初のグループ全体ライブ<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>を開催した。

ホロライブは現在28名が在籍し、今回のライブではイノナカミュージック・3期生を含む23名が舞台へと上がった。VTuberシーンにおける事務所全体イベントとしては、過去最多のタレント出演数だ。ホロライブはVTuberグループとして現在トップクラスの人気と実力を誇っており、これだけの偉業を成し遂げてもなんら違和感のないように感じてしまう。

<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>
ツイート
<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>

今では個性的なメンバーが数多く所属するホロライブだが、所属タレントのときのそらが活動を始めた2017年では、ときのそら、友人A、あん肝のわずか3名でのスタートだった。

ときのそら活動当初はVTuber自体が少なく、何をするにしても常に先駆者になれたが、VTuber四天王という偉大な存在の影に隠れてしまい、なかなか陽を浴びることが難しい時代でもあった。そんな右も左もわからない未曾有のシーンの中で、ときのそらは、器用とはいえないものの愛くるしい振る舞いと正統派アイドルらしいひたむきな歌とダンスを武器に徐々に人気を獲得していく。

そんな彼女の元に魅力的なメンバーが続々と吸い寄せられ、シーンを引っ張るグループとして成長していった。もちろんグループの成長には、VTuber文化の発展も要因ではあるが、これだけの人数が集まり、それぞれに個性があって、魅力的で、夢を持ったVTuber23名が1つの舞台に立つというのは至難の技ではない。

今回のライブは、何をしたか、ということよりも、そもそも実現できたこと自体に大きな意味を持つライブだろう。これから23名のホロライブメンバーが超満員の豊洲PITで示した「ノンストップ・ストーリー」というメッセージを紐解いていこうと思う。

<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>
ツイート
<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>

ときのそらの語りからライブはスタート。「ヒロイック・ヒロイン」のBGMが流れ、「これからもずっと輝くために 笑顔でいるために 私達は前を向いて 進み続ける」の語りに、序盤から現場はクライマックスさながら。同じグループとはいえ、個性も夢も違うメンバーが、同じ景色を見ることがどれだけ凄いことなのだろうか。真っ暗な世界に、ときのそらの声と文字が並び、そこからメンバーが登壇した。

<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>
ツイート
<hololive 1st Fes.「ノンストップ・ストーリー」>

ホロライブ23名:「Shiny Smily Story」
再び会場が暗転し、目の前に現れたのは総勢23名のメンバーが並ぶ絶景だった。ホロライブ初の全体曲「Shiny Smily Story」のイントロが流れるのと同時に、豊洲PITがペンライトの光に包まれる。彼女たちから見える景色も、また絶景だったに違いない。23名、時代を象徴するようなアイドルの立ち振る舞いに、会場からは全力のコールが鳴り響いた。

  • トップページ
  • レポート
  • ホロライブ[ライブレポート]VTuberグループ初の全体ライブ!示された“ノンストップ・ストーリー”