(C)AKS

(C)AKS

AKB48 小栗有以[ライブレポート]<TDCライブ祭り>フィナーレで力強く宣言「これから『AKB48巻き返しの章』をみんなで作り上げたい」

AKB48グループが、1月18日(土)より9日間に渡り、TOKYO DOME CITY HALLにて<AKBグループ2020TDCライブ祭り>(全17公演)を開催。1月26日(日)に、AKB48の小栗有以が<AKB48 小栗有以ソロコンサート 〜YUIYUI TOKYO〜>で大トリを務めた。

<AKB48 小栗有以ソロコンサート 〜YUIYUI TOKYO〜>TOKYO DOME CITY HALL(2020年1月26日)

2017年の初のソロコンサート<新春!チーム8祭り〜小栗有以の乱〜>から3年、AKB48グループ初の2度目のソロコサート<YUIYUI TOKYO>を敢行した小栗有以。

ライブは、自身の主演ドラマの主題歌「百合を咲かせるか?」からスタート。映像をふんだんに使った演出で「バラの儀式」へと続き、「Blue rose」「風は吹いている」ではダンサーとともに大人っぽいパフォーマンスで、3年前からの成⻑を感じさせるオープニングで観客を魅了した。

一転、「ぐ〜ぐ〜おなか」や「キスだって左利き」では等身大の可愛らしい一面を見せ、自身が好きな曲だと言う「ラッキーセブン」では卒業生で絶対的エースの前田敦子の衣装を着用しパフォーマンス。

(C)AKS
ツイート
(C)AKS
(C)AKS
ツイート
(C)AKS

ライブ中盤には、“新しい表現世界への挑戦”ということで、Ruu・辻本知彦・Seishiroのコレオグラファー3名に指導を受け、K-POP系・コンテンポラリーダンス・ジャズ系コレオグラフィと3種のパフォーマンスに挑戦。圧倒感のあるステージングの最後には、小栗扮する“コレ・オグリ・ファーYuiYui”として、小栗自身が振り付けを考えた「抱きしめちゃいけない」を披露。小栗の“新たな魅力”を存分に魅せた。

コレオグラファーからは、“甘さというか、緩みを感じないというか、しっかりと何かに向かって生きてるなというのが一瞬で伝わりました”(Ruu)、“最初に感じたのは純粋に受け入れる素直さ。努力したんだと思う。伝わりますよ”(辻本)、“誰よりも懸命に、強く、努力を惜しまず、表現ができる子、⻘い炎のような女性だなと思いました”(Seishiro)といった言葉が送られ、小栗は“最初はウマくできない自分にすごく悔しくて……というのがあったんですけど、いっぱいご指導いただいて本当に勉強になったし、これまで知らなかったというか、気づけなかったこととかもいっぱい気づいて、この挑戦をしてよかったなと思いました”と、改めて3名のコレオグラファーに向けて感謝の気持ちを述べた。

(C)AKS
ツイート
(C)AKS

本編最後は、ピアニストmakiによる演奏で、ファンに感謝の気持ちを込めて「アリガトウ」をしっとりと歌い上げた。

アンコールでは、チーム8楽曲で会場をさらにヒートアップ。

“あっという間に6年が経つんですけど、総監督のみーおんさん(向井地美音)がメンバーそれぞれにアイドルとしての物語があるって言っていて、私も自分が納得するまで『小栗有以のアイドル物語』って本が1冊できるくらい物語を作っていきたいな!と思いました。分厚い1冊の本ができるくらい、何があっても前を向いてポジティブに頑張って素敵な1冊ができるように頑張りたいと思います。そしてこれから、『AKB48巻き返しの章』をファンのみなさんとメンバーみんなで作り上げていきたいです。みなさんの支えのおかげでこうしてステージに立てているので、感謝して、みなさんにたくさん嬉しい報告だったり恩返しだったりができるように頑張っていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました”と、ファンへの感謝の気持ちと15周年を迎えるAKB48の先頭を走る決意を誓った。

(C)AKS
ツイート
(C)AKS

AKB48 小栗有以ソロコンサート 〜YUIYUI TOKYO〜

2020年1月26日(日)
TOKYO DOME CITY HALL

overture
1 百合を咲かせるか?
2 バラの儀式
3 Blue rose
4 風は吹いている
5 ぐ〜ぐ〜おなか
6  キスだって左利き
7 永遠より続くように
8 ラッキーセブン
9 プラスティックの唇
10 この涙を君に捧ぐ
11 すべては途中経過
12 抱きしめちゃいけない
13 瞳(オリジナル:大原櫻子)
14 愛する人
15 ハイテンション
16 Teacher Teacher
17 好きだ 好きだ 好きだ
18 ランナーズハイ
19 ハッピーエンド
20 ごめんね、好きになっちゃって...
21 法定速度と優越感
22 47の素敵な街へ
23 アリガトウ
〜アンコール〜
EN1 制服の羽根
EN2 夢へのルート
EN3 大声ダイヤモンド

コレオグラファー詳細

Ruu
AKB48「NO WAY MAN」
IZ*ONE「Buenos Aires」
リーダーで振付を務める『Fabulous Sisters』が、ロサンゼルスで開催されたダンス世界大会<World of Dance>で日本人初優勝

辻本知彦
STU48「無謀な夢は覚めることがない」
Foorin「パプリカ」
シルク・ドゥ・ソレイユにて日本人男性ダンサーとして初めて起用される。その後<Michael Jackson The Immortal World Tour>27ヵ国485公演を成功させる

Seishiro
乃木坂46「インフルエンサー」
乃木坂46「シンクロニシティ」
2015年、日本最大級の振付コンテスト<2015.Legend Tokyo Chapter.5>で歴代最年少で優勝

  • トップページ
  • ニュース
  • AKB48 小栗有以[ライブレポート]<TDCライブ祭り>フィナーレで力強く宣言「これから『AKB48巻き返しの章』をみんなで作り上げたい」