©︎AKS

©︎AKS

AKB48グループ[ライブレポート]リクアワ1位はHKT48「ロマンティック病」+山内瑞葵センターのAKB48 57th SGリリース決定!

AKB48グループのイベント<AKB48グループ2020 TDCライブ祭り>が、1月18日(土)から26日(日)の9日間にわたり、TOKYO DOME CITY HALLにて開催中。1月19日(日)と20日(月)には、<AKB48リクエストアワー セットリストベスト50 2020>が2日間に分かれて開催された。本記事ではオフィシャルレポートをお届けする。

<AKB48リクエストアワー セットリストベスト50 2020>TOKYO DOME CITY HALL(2020年1月19日&20日)

1日目/49位〜26位:卒業を控えた峯岸みなみ、“みーちゃん”コールに笑顔

AKB48の横山由依が“これが来ると年が明けたなという感じですね”と語った通り、1月の風物詩ともなっている国内のAKB48グループメンバーが一堂に会するリクエストアワー。ファンからの投票で決定した楽曲をランキング形式で披露するコンサートである。今年は対象曲が1246曲にもなり、その上位約0.4%にあたる、まさにベストなセットリストとなる50曲が発表された。

初日公演は50位からの発表だったが、「11月のアンクレット」と「青春ダ・カーポ」の獲得票数が同数のため、2曲が49位になるという幕開けに。47位は毎年上位に顔を出す「アイスのくちづけ」。その変わらぬ強さに会場がざわつき、センターを務めるAKB48の佐々木優佳里も“私はあなたを愛すのみ”のセリフで思わず照れ笑いしていた。

©︎AKS
ツイート
©︎AKS

NGT48の楽曲は、46位「春はどこから来るのか?」、43位「青春時計」、42位「世界はどこまで青空なのか?」と、シングルタイトル曲が3曲も登場。いずれも、かつてNGT48を兼任していた柏木由紀がパフォーマンスに加わり盛り上がりを見せた。

ランキング次第で同じメンバーが連続してパフォーマンスすることもあり、その衣装チェンジの時間をつなぐために、さまざまな企画が行なわれるのもリクアワの醍醐味の1つ。

次世代バラエティメンバーを育成する目的で行なわれたサイコロトーク。AKB48の各チームキャプテンによる2020年の最終兵器メンバープレゼン(チームAは、なぜかベテランの宮崎美穂が紹介され“12年もやってんのよ!”とクレーム)。思わせぶりなSHOWROOMなどで何かと話題のチーム8静岡新代表の鈴木優香をゲストに迎えての峯岸みなみMCのトークショーなど、48グループの魅力を伝える多彩なコーナーが設けられた。

また、柏木由紀は、HKT48の田中美久、NGT48の本間日陽、STU48の石田千穂を相手に、それぞれがTDCライブ祭りで行なうソロコンサートの内容をリサーチ。田中から“サプライズゲストが……”、本間から“新成人なので挑戦的な内容も……”、石田から“今までのコンサートにないような演出が……”と、内容の一端を聞き出すことに成功し、ソロコンサートへの期待を高めていた。

松岡はなのソロ曲「女の子だもん、走らなきゃ!」は、33位にランクイン。松岡は1月19日が記念すべき20歳の誕生日。ファンからのプレゼントに、いつも以上に弾ける笑顔でのパフォーマンスで応えた。

©︎AKS
ツイート
©︎AKS

グループからの卒業を発表している峯岸みなみがセンターを務める「逆転王子様」は31位に。1期生として長年グループを支えてきた峯岸への感謝と祝福として、盛大な“みーちゃん”コールが会場中に巻き起こり、パフォーマンス後に峯岸は“ランクイン、嬉しかったです!”と笑顔を見せた。

1日目のラスト26位は、今はそれぞれのチームで活躍するAKB48 16期生にとって原点とも言える楽曲「抱きつこうか?」。山内瑞葵は“1日目の1位みたいで嬉しかったです”と、“16期”コールを送ってくれた観客に対してメンバーを代表して感謝の気持ちを伝えた。

©︎AKS
ツイート
©︎AKS
©︎AKS
ツイート
©︎AKS
  • トップページ
  • ニュース
  • AKB48グループ[ライブレポート]リクアワ1位はHKT48「ロマンティック病」+山内瑞葵センターのAKB48 57th SGリリース決定!