松坂桃李がハロプロオタクに!劔樹人のコミックエッセイ『あの頃。』映画化決定

松坂桃李がハロプロオタクに!劔樹人のコミックエッセイ『あの頃。』映画化決定

松坂桃李がハロプロオタクに!劔樹人のコミックエッセイ『あの頃。』映画化決定

ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公を描いた、劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)が、実写映画化される。

主人公・劔(つるぎ)を演じるのは、『娼年』(2018)、『新聞記者』(2019)、『蜜蜂と遠雷』(2019)などの話題作で難役にも果敢に挑み続ける松坂桃李。大学院受験に失敗し、地獄のようなバンド活動を続けながら、金なし、彼女なしの底辺の生活を送っていた劔は、ある日松浦亜弥のMVを観たことをきっかけにアイドルにどっぷりハマり、やがて仲間たちと共に遅すぎる青春の日々を謳歌することに。

また本作でメガホンをとるのは、記録的ヒットを飛ばした『愛がなんだ』(2019)、伊坂幸太郎の恋愛小説を映画化した『アイネクライネナハトムジーク』(2019)、LGBTQと社会の在り方を描いた『his』(2020)など次々に話題作を発表し、いま映画界から最も熱い視線を集めている今泉力哉監督。登場人物の心の機微を繊細に映し出してきた今泉監督が、振り返ってみれば“どうかしていた”としか思えない、可笑しくて、ばかばかしくて、そしてちょっぴり切ない、誰もが持つ愛おしい“あの頃”の記憶を描く。

さらに脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』(2017)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)、「ひとりキャンプで食って寝る」(2019/TX)などで監督・脚本を手掛けてきた俊英・冨永昌敬。日本映画界を牽引するクリエイター、今泉力哉と冨永昌敬による奇跡のタッグが実現した。

本作の製作は1月からスタート。公開は2021年を予定している。

コメント

松坂桃李:
誰しもが持っているであろう"あの頃 "。
その時間にどんな思いがあって、どんな出来事があって今の自分が生きているのか。
原作者の劔さんのお話を伺った時、自分も"あの頃"に触れた時、ふと感じ入るものがありました。
初めてご一緒する今泉監督と共に作りあげていく「あの頃。」をスタッフ、キャストで楽しみながら形にし、お届けできればと思います。

今泉力哉(監督):
松坂桃李さんとご一緒できること、とても嬉しく思います。原作の「あの頃。」は他愛ない時間の蓄積から生まれた変化球的な出会いと別れの物語です。移ろいゆく季節の中で確実に存在した、くだらなくも愛おしい仲間たちとの時間。常にその中心にあったハロプロの存在。憧れの監督である冨永さんに脚本を引き受けていただき、松坂さんはじめ、スタッフキャストの力を集結させて、原作よりもくだらなくてだらしない日常を生み出せたらなと思っています。
お楽しみに。

冨永昌敬(脚本):
劔さんは「あの頃。」の“あとがき”を、「僕の友人たちが、この作品を通じてみなさんの友人のように思えたなら」と結んでいます。この一節にしびれました。作者の登場人物に対する「なれなれしさ」はすこぶる心地よく、脚本を書きながら、まるで自分の友人がそこにいるみたいな親近感を持ちました。そして登場人物への「なれなれしさ」とは今泉監督の絶大な美点でもあります。この映画がみなさんのよき友人となり、笑いも涙もともにしてくれることを心から願っています。

劔 樹人(原作):
この作品は元々、引き受けたものの何のプランもなく、苦し紛れに描き始めたweb連載のマンガエッセイでした。それがまさか、こんな豪華な映画になるとは未だに信じられないし、登場する実在の友人たちは、今なお映画化は私が嘘をついてると思っています。
それでも私の人生で忘れることのできない大事なひと時と、自慢の友人たちを記録した大切な作品ですので、映画の力で多くの方に伝わり、さらに愛するハロー!プロジェクトが、一層盛り上がるきっかけになれば、私のアイドルオタク人生に思い残すことはありません。今泉監督ですから、間違いなく原作より面白いです!また、主演の松坂桃李さんには、モーニング娘。のコンサートも一緒に観に来て頂き、その熱心な気持ちに、私のほうが感激して勇気をもらってしまいました。人生って素晴らしい。必ずkeep your smileで、笑顔に涙な作品になると思います!

次ページ