深川麻衣[イベントレポート]映画『パンバス』舞台挨拶で調布に凱旋!「まさか36回目があるなんて」

深川麻衣[イベントレポート]映画『パンバス』舞台挨拶で調布に凱旋!「まさか36回目があるなんて」

深川麻衣[イベントレポート]映画『パンバス』舞台挨拶で調布に凱旋!「まさか36回目があるなんて」

深川麻衣が、1月12日(日)にイオンシネマ シアタス調布にて行われた<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>に出演した。

<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)
ツイート
<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)

今泉監督は深川がヒロインを務めた映画『パンとバスと2度目のハツコイ』を手がけ、1月17日(金)には田中圭と初タッグを組んだ映画『mellow』(メロウ)を全国公開する。

今回の<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>では、『パンとバスと2度目のハツコイ』と『mellow』の2本が上映されたほか、深川、今泉監督、『mellow』のヒロインである岡崎紗絵、両作品に出演の志田彩良がゲストとして登壇した。

<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)
ツイート
<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)

今泉監督は“『パンとバスと2度目のハツコイ』が良い映画になったということで、同じプロデューサーチームで『mellow』を作るという経緯がありました。『パンバス』がなかったら『mellow』は作られなかったと思います”と、本作が出来るまでを語る。

MCから公開間近となった今の気持ちを聞かれた岡崎は、“先行試写会で観てくださった方々が、「温かかった」「優しい気持ちになれた」とSNSに感想を書いてくださっていて。作品の空気感がみなさんに届いてるんだなと思うと、とても嬉しく思います”と笑顔でコメント。

そして今回が『パンバス』の 36回目の舞台挨拶となる深川は“まさか36回目があるなんて思っていなかったのでとても嬉しいです! 今回は2作続けて観られるからこそ、「あっ!」って気づくところもあったかなと思います”と『パンバス』ファンには嬉しい繋がりもあることを話した。

<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)
ツイート
<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)

その後、オリジナル作品を作る上で意識していることを聞かれた今泉監督は“主人公が何かを乗り越えたり、成長するというよりは、ちょっとした変化くらいの日常を描くことを意識しています”とコメント。さらにMCから毎作品SNSで盛り上がりを見せる現象について聞かれた監督は“終わってからも、この後どうなるんだろうと想像できるよう、答えが1つにならない終わり方を意識しているからですかね”と、その工夫を語った。

監督作品の撮影時を振り返った深川は、“今泉監督作品が映画初出演だったので、右も左もわからないことだらけだったけど、恥ずかしがらず「知らないことはわからないので教えてください!」と言って素の部分を大切にしていました”と回答。続けて岡崎は“話し方やセリフの言い方など日常感を大切にしていました”と、監督作品のヒロインを務め上げる上で心がけたことを述べた。

<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)
ツイート
<映画『mellow』今泉力哉監督特集上映会>イオンシネマ シアタス調布(2019年1月12日)

監督と今回で5度目のタッグとなる志田は、5作品の共通点を聞かれると“監督の現場は、毎回普通は気づかないんじゃないかという細かいところまでこだわっていて、主人公だけでなく毎回1人ひとりにストーリーがあり、現場でも全員に向き合ってくださるところですかね。今泉愛を監督の愛を感じます”と嬉しそうにコメント。

また『パンバス』の感想を聞かれた岡崎は“姉妹のシーンがすごく好きで、姉妹にしかない空気感やじゃれ合いにニヤニヤしちゃいました!”と話す。同様に『mellow』の感想を聞かれた深川は“考えてなかったけど、よく考えてみたら「確かに!」と思うような言葉や疑問を投げかけてくれる台詞が多く、掛け合いなどもすごく面白かったです”と絶賛。両作品さながらの穏やかな優しい雰囲気に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

次ページ

  • トップページ
  • レポート
  • 深川麻衣[イベントレポート]映画『パンバス』舞台挨拶で調布に凱旋!「まさか36回目があるなんて」