御寺ゆき[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「大勢の前で1人で歌うなんて怖くて仕方なかった私が殻を破いた1年でした」

御寺ゆき[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「大勢の前で1人で歌うなんて怖くて仕方なかった私が殻を破いた1年でした」

御寺ゆき[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「大勢の前で1人で歌うなんて怖くて仕方なかった私が殻を破いた1年でした」

2019年、グラビアのみならずテレビ、WEB、イベントなど、さまざまなフィールドで大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、御寺ゆきが2019年の活動を振り返り、2020年への抱負を語ったインタビューをお届けする。前年に引き続き『アベンジャーズ』を意識した“2020のゼロイチファミリアイメージビジュアル”と併せてご堪能あれ。

――まず、2019年を振り返っていただけますか?

御寺ゆき:
今年は最後の最後で私史上最大と言える舞台<PERSONA5 the Stage>に出演させていただきました。私にとって芝居は1番苦手なジャンルだったので、まさかメインの役に決まった時は楽しみよりも本当に不安でしかなかったです。でも、そこで1番の支えとなったのが、周りの役者さんや監督さん。経験が浅いとはいえ、それを理由にしたくなかったので必死についていこうと、とにかく頑張った稽古期間でした。初めての殺陣や鞭、大勢の前で1人で歌うなんて怖くて仕方なかった私が殻を破いた1年でした。

――イメージ撮影の衣装について教えてください。

御寺ゆき:
普段はマジシャンとしてステージに立っているので、マジシャンの衣装(一般の方がイメージするようなシルクハットやステッキなど)で撮影しました! この衣装は雑誌で掲載していた時の衣装です。私らしいイメージで撮影ができて満足しています。

――2020年の抱負をお願いします。

御寺ゆき:
来年はいろんな仕事の経験をとにかく増やしていきたいです。私は言われてすぐできるほど器用でもないので、とにかくたくさんの場数を踏んで経験を積んでいきたいなって思います。特に芝居に関してはコンプレックスな部分もあったので、そういう苦手意識があるものに自ら突っ込んでいきたいなって思います!

――2020年を表す漢字1文字をお願いします。

御寺ゆき:
“磨”。“芸”も“美”も、磨いていきたいなと思います。見た目ももちろん、これからもずっと人前に立ってパフォーマンスしていきたいので、生き残っていくためにも“芸”もちゃんと磨いていこうと思います!

御寺ゆき|カメラマン (c)佐賀章広
ツイート
御寺ゆき|カメラマン (c)佐賀章広
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
ツイート
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
  • トップページ
  • インタビュー
  • 御寺ゆき[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「大勢の前で1人で歌うなんて怖くて仕方なかった私が殻を破いた1年でした」