本田夕歩[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「川崎あやさんのようなゼロイチファミリアの大きな存在の1人になっていきたい」

本田夕歩[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「川崎あやさんのようなゼロイチファミリアの大きな存在の1人になっていきたい」

本田夕歩[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「川崎あやさんのようなゼロイチファミリアの大きな存在の1人になっていきたい」

2019年、グラビアのみならずテレビ、WEB、イベントなど、さまざまなフィールドで大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、本田夕歩が2019年の活動を振り返り、2020年への抱負を語ったインタビューをお届けする。前年に引き続き『アベンジャーズ』を意識した“2020のゼロイチファミリアイメージビジュアル”と併せてご堪能あれ。

――まず、2019年を振り返っていただけますか?

本田夕歩:
事務所に入ったのも今年で、去年とは劇的に変わった1年でした。特に先輩という存在ができたこと、見てもらえる場所がSNSだけではなく雑誌やラジオなどで見てもらえるようになったことが私の中で大きく変わったことです。いろいろなお仕事をさせてもらえた中で1番印象に残っているのが、『ヤングアニマル』の表紙を飾らせていただいたことです。まさかこんな私が……と最初はプレッシャーや不安もあり、先輩たちやマネージャーさんが創り上げてきたこのゼロイチファミリアの名を汚さないか……なんてことも考えていました。でも、私にとって大きなチャンスでもあり、第1歩でもあったので、ネガティブに考えていたことをやめ、気持ちを切り替えて撮影に挑んだのを今でも覚えています。1度にたくさんの目標を達成していくのではなく、私らしく1つずつ達成して、川崎あやさんのようなゼロイチファミリアの大きな存在の1人になっていきたいです。

――イメージ撮影の衣装について教えてください。

本田夕歩:
イメージ撮影の衣装は私がコスプレイヤーにちなんで、メイドさんのコスチュームでした。私だけウィッグも被り、白衣装とはかなりギャップがあって撮影もより楽しかったです。ポージングもさまざまで、メイドさんっぽい動きやアベンジャーズのようなヒーローポーズだったりと、終始笑いの耐えない撮影現場でした。

――2020年の抱負をお願いします。

本田夕歩:
2020年は、2019年以上に気を引き締めて目の前の目標を1つずつ達成していきたいです。特に来年は東京だけではなく地元福岡で活動したいです。地元のローカル番組や福岡の魅力を他県の方に紹介できるようなお仕事もあったらいいなあ……。願望だけで終わらせないように福岡のことを今まで以上に知ってお仕事に繋げて行けるよう頑張ります。2020年はもっと飛躍できる年になりますように!

――2020年を表す漢字1文字をお願いします。

本田夕歩:
“成”です。目標を1つずつ達成していきたい、今やるべきことを成す、何ごとにおいても成功の道へと辿り着けるよう努力するという意味合いです。この字の通りの1年にするためにも、何ごとにも全力で取り組み努力を怠らないよう頑張ります。

本田夕歩|カメラマン (c)佐賀章広
ツイート
本田夕歩|カメラマン (c)佐賀章広
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
ツイート
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
  • トップページ
  • インタビュー
  • 本田夕歩[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「川崎あやさんのようなゼロイチファミリアの大きな存在の1人になっていきたい」