霜月めあ[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「2020年は化けた姿をより発信できるようにしたい」

霜月めあ[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「2020年は化けた姿をより発信できるようにしたい」

霜月めあ[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「2020年は化けた姿をより発信できるようにしたい」

2019年、グラビアのみならずテレビ、WEB、イベントなど、さまざまなフィールドで大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、霜月めあが2019年の活動を振り返り、2020年への抱負を語ったインタビューをお届けする。前年に引き続き『アベンジャーズ』を意識した“2020のゼロイチファミリアイメージビジュアル”と併せてご堪能あれ。

――まず、2019年を振り返っていただけますか?

霜月:
2019年はゼロイチファミリアに入ってからの1年目で、今まで経験できなかった雑誌のお仕事やずっとやりたかったゲームのお仕事をたくさんさせていただきました。中でも、『LoL』の日本大会のアシスタントMCをさせていただいたのは大きかったです! 自分が好きなゲームということもあって、勉強していて楽しかったし、プレイしている人口も多いので反響がものすごくて……! 『LoL』から知ったよ!なんてファンの方もたくさん増えました。解説や実況者のみなさんにはたくさんルールだったりゲームのことを教えてもらって、大変お世話になりました…! 大会も4,000人規模の大舞台だったので、こんな大きなお仕事を任せていただけて本当に光栄でした! 

雑誌のお仕事も今年はたくさんさせていただけて、「ゼロイチジャック」にも参加させてもらえました。ずっと出たかったヤンジャンでの巻末も叶って、本当に嬉しかったです。雑誌に出るたび、今度はここを引き締めたいなぁとか自分の体型も気にするようになり、初期と比べたらだいぶ身体も絞れました(笑)。なによりずっと応援してくれている両親が、全国誌に載ったことを喜んでくれたのが本当に嬉しかったですね。

――イメージ撮影の衣装について教えてください。

霜月:
撮影では、全員真っ白な衣装での撮影と個人の個性を出した衣装での撮影2パターンあったんですが……。私、この2ヵ月くらいでイメチェンをして、もともと真っ白だった肌を日サロで焼き始めて、ギャルっぽくなってきたんですけど。個性を出した衣装では、事務所からは“ネオギャル衣装”と事前に聞いていたんですが、実際に当日着てみたら“シノラーか!?”って感じのド派手な衣装でした(笑)。衣装さん、一体どこで仕入れてきたんだろうか……というレベルの派手さで。マネージャー陣との“ネオギャル”のイメージがちょっと違くて困惑しましたが、結果、とても派手で目立つ衣装なので本当に楽しかったです!

――2020年の抱負をお願いします。

霜月:
2020年の目標はやっぱり雑誌表紙ですね! 2019年は巻末や巻中をやらせていただいて、次はやっぱりステップアップして表紙を飾りたいです! 身体もどんどん仕上がってきてるので、みなさんに成長をみてもらいたいですね! あとはゲームのお仕事もさらにやっていきたくて、自分で配信などもできたらなぁと思っています! ゲームからファンになってくれた方も増えたので、自分主催でのゲームイベントやオフ会もできたらいいななんて考えています!

――2020年を表す漢字1文字をお願いします。

霜月:
ずばり……“化”です! まぁ、2019年後半にはイメチェンもしたので、だいぶ化けたと思うんです。体型もよくなったと褒められるし、可愛くなったねってたくさん言っていただけて。なので、2020年は化けた姿をより発信できるようにしたい、という気持ちと、あと何か少しきっかけになるものを見つけて爆発してやりたいなー!という気持ちを込めました!

霜月めあ|カメラマン (c)佐賀章広
ツイート
霜月めあ|カメラマン (c)佐賀章広
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
ツイート
ゼロイチファミリアイメージビジュアル|カメラマン (c)佐賀章広、グラフィック (c)mami kishimura
  • トップページ
  • インタビュー
  • 霜月めあ[インタビュー&フォト]2019年を振り返り、2020年の抱負を語る「2020年は化けた姿をより発信できるようにしたい」