東京パフォーマンスドール、多彩な活動を展開した2019年を締めくくる3部構成スペシャルライブ開催!

東京パフォーマンスドール、多彩な活動を展開した2019年を締めくくる3部構成スペシャルライブ開催!

東京パフォーマンスドール、多彩な活動を展開した2019年を締めくくる3部構成スペシャルライブ開催!

東京パフォーマンスドールが、2019年12月22日渋谷のストリームホールにて<Merry X’mas & Happy New Year ~Road to 2020 ~>を開催した。

今回、舞台<ロードエルメロイII世の事件簿 -case.剥離城アドラ->に出演中のため浜崎香帆は不参加となったが、2019年の締めくくりとして、いつも応援しているファンに向けて感謝の気持ちを伝えるべく、<#1 TPD Very Merry Christmas & Futaba’s New Project>、<#2 赤の流星 ワンマンライブ 「聖なる星が降る夜に」>、<#3 高嶋菜七ワンマンライブ「Welcome to my world~23歳のバースデー編」>の3部構成となった。

2020年に向けて新プロジェクトもスタート。橘二葉のダンスの魅力炸裂!

第1部の開幕にさきがけ、橘二葉がプロデュースするダンスユニット『F-Project』がついに始動。

橘二葉と二葉自身がオーディションで選んだ6名のダンサーで構成された、さまざまなジャンルのダンスを取り入れた究極のフリースタイルチームである。

東京パフォーマンスドールとは異なる、ダンサーとしてのセクシーで大人っぽい橘二葉に最初は戸惑う様子だったファンも、最後はすっかり魅了されていた。

<#1 TPD Very Merry Christmas & Futaba’s New Project>
ツイート
<#1 TPD Very Merry Christmas & Futaba’s New Project>

2020年への期待が膨らむTPDのライブ

今回、ライブに出演できなかった浜崎香帆のアナウンスで始まったライブは、個人活動のスケジュールを縫って、本ライブのための練習をしていたことがわかる、どことなくぎこちなさが見えるステージとなっていた。

それでも、お互いの個人活動を紹介したり、不在の浜崎のエピソードを嬉しそうに話すメンバーからは、“やっぱり東京パフォーマンスドールが自分たちの原点”という喜びがあふれていた。

なお、この日のためにメンバーが選んだセットリストは、「FLASH TIME」、「It’s Up To Me」、「Kiss × Bang Bang!」、「Collection feat. ☆ Taku Takahashi(m-flo)」、「HEART WAVES」、「SHINY LADY」、「Hey, Girls!」、「SUPER DUPER」の8曲。

上西星来、脇あかりのユニット『赤の流星』は新曲を初披露!

ガーリーな上西星来とボーイッシュな脇あかりのユニット『赤の流星』は、ライブに力を入れた2019年の締めくくりということもあって、13曲を披露。彼女たちのライブへの熱を感じさせるパフォーマンスとなった。

「純愛90’s~Rearranged ver.~」、「Into The Night~夜に落ちて~」、「Perfect Doll」、「エデンの雨」、「果実」、「cocolo」、「黄昏蝶々~Rearranged ver.~」、「紅~beni~」、「Move On!」、「これが愛?!」、「to you」のほか、今回が初のライブパフォーマンスとなる新曲「光のペガサス」、アンコールの「あなたに逢いましょう」まで、星来と脇らしさが間近で感じられるパフォーマンスが続いた。

途中、衣装チェンジの後に登場した2人に、会場からは“ウェスト細い!”、“可愛い!”、“まさにドール!”という声が上がり、ファンの笑顔が絶えないライブとなった。

<#2 赤の流星 ワンマンライブ 「聖なる星が降る夜に」>
ツイート
<#2 赤の流星 ワンマンライブ 「聖なる星が降る夜に」>

この後、 3部構成のライブチケットを通しで購入したファン限定で、櫻井紗季の公開LINEライブも実施。NHK Eテレ『俳句さく咲く!』(毎月第4日曜日6:35~)に出演している彼女ならではの、ファンから応募された俳句の添削コーナー、好きな映画のワンシーンの解説、クリスマスケーキの食べ比べと、櫻井のやりたいことを詰め込んだイベントとなった。

櫻井紗季 公開LINEライブ
ツイート
櫻井紗季 公開LINEライブ

ラストを飾る高嶋菜七のバースデイライブ

3部構成のラストを飾るのは、東京パフォーマンスドールのリーダー高嶋菜七のバースデイ・ライブ。

東京パフォーマンスドールの「SURVIVAL!!」、「DREAMIN’」、「Hey, Girls」、高嶋のソロ曲「be alright...」、「Darlin’」のほか、「Call Me Maybe」(カーリー・レイ・ジェプセン)、Official髭男dismの「Pretender」、大塚愛の「さくらんぼ」、ワム!の「Last Christmas」を熱唱。

サプライズで上西星来、櫻井紗季、脇あかり、橘二葉から誕生日の祝福を受けると、思わず涙を流すシーンも。

<#3 高嶋菜七ワンマンライブ「Welcome to my world~23歳のバースデー編」>
ツイート
<#3 高嶋菜七ワンマンライブ「Welcome to my world~23歳のバースデー編」>

なお、東京パフォーマンスドールは、2020年1月5日(日)、6日(月)、7日(火)の3日間、CBGKシブゲキ!!にてワンマンライブの開催が決定。

結成当時からのファンはもちろん、彼女たちのホームグラウンドであるCBGKシブゲキ!!でTPDをまだ観たことがないというオーディエンスにも楽しんでもらえるように、メンバー全員で内容を話し合い、今回は2つのダンスサミット公演を開催する予定となる。

次ページ

  • トップページ
  • ニュース
  • 東京パフォーマンスドール、多彩な活動を展開した2019年を締めくくる3部構成スペシャルライブ開催!