鈴木愛理[ライブレポート]Zeppツアー初日に"まいみょん"乱入?!充実のソロ2年目

鈴木愛理[ライブレポート]Zeppツアー初日に"まいみょん"乱入?!充実のソロ2年目

鈴木愛理[ライブレポート]Zeppツアー初日に"まいみょん"乱入?!充実のソロ2年目

鈴木愛理が12月21日(土)東京・Zepp Tokyoにて、三大Zeppツアー<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>の初日を迎えた。

<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>

最新作であるセカンドアルバム『i』を12月18日(水)にリリースし、ツアー初日を迎えた鈴木。この日は約2,500人を動員し、アンコールまで全20曲を披露。生バンドを率い、“ダンスをほとんど入れずに歌で魅せる”というソロではほぼ初の試みながら、充実したパフォーマンスで終始会場を楽しませソロ2年目の成長ぶりを証明した。

セカンドアルバム『i』は全12曲を収録。Official髭男dismが楽曲提供した話題曲「Break it down」はミュージックビデオも公開された。同曲のレコーディングは一年ほど前に行なわれ、Official髭男dismが4人全員でレコーディング参加している。鈴木は「藤原さん(Official髭男dism/Vo.key)がディレクションで最初にデモを歌ってくれるのが耳に至福でした!」と語り、実際のパフォーマンスではグッド・ミュージックにクリーンでエネルギッシュな女性ボーカルをあわせ新境地を切り開いた。

<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>
ツイート
<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>
<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>
ツイート
<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>

ニューアルバムはそのほか、wacciの名バラードをカバーした「別の人の彼女になったよ」や、山崎あおいと鈴木愛理自身のタッグによる作詞・作曲タイトルも多数収録。ライブではお馴染みのナンバーも音源化されファン待望の内容となっている。

本ツアーがクリスマスシーズンの開催ということもあり、ライブ中には“こじらせ曲”と称された新旧の切ないラブソングのパートも。バラードでも感情を揺さぶりつつ大人のチャーミングさを欠かさないのが鈴木愛理らしい見どころだ。後半戦ではタイトルの“LIVE PARTY”にふさわしいアップナンバーを連発。満員となったフロアを熱気でまとめ上げた。

アンコールでは、お笑いトリオ・3時のヒロインの福田麻貴が扮する“まいみょん”がアコースティックギターを抱えてステージに登場する突発イベントも。まいみょんが堂々と「ツブヤキノヒ」を歌い上げ、鈴木やバンドメンバーを巻き込んでいくところへフジテレビ『ウケメン』のメンバーたちが一気にステージへと登場し、まいみょんとタッグを組む鈴木愛理にタジタジになりつつもまいみょんを回収していった。この模様は1月3日(金)深夜1時55分〜2時55分 放送の『ウケメン』にてオンエアされる。(※関東ローカル。他地域はFODにてオンデマンド放送)

ライブ前の取材では「今年は歌手活動だけでなく色々なところで初めての経験が多くて、良い意味でしっかり悩ませてもらって成長させていただきました。来年は周りの方にしっかりと恩返しをしていきたいと思っています。オリンピックに負けない勢いで頑張ります。よろしくお願いいたします」とコメントしていた鈴木愛理。ライブの最後には観客らにむけ「来年は横浜アリーナでのワンマンがあります。みなさんぜひここで有休を使ってください(会場笑)。2020年も鈴木愛理のそばに、そしてAIRIチームのそばにいてください!」と笑顔を咲かせていた。

ツアー<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>は今後、12月24日(火)Zepp Namba、12月25日(水)Zepp Nagoyaの2公演を予定。さらに鈴木愛理は2020年4月21日(火)に横浜アリーナでの単独公演開催も決定している。

<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>
ツイート
<鈴木愛理 LIVE PARTY No Live, No Life?>