橋本環奈がドSな売れっ子作家に! 話題作『小説の神様』初映画化

橋本環奈がドSな売れっ子作家に! 話題作『小説の神様』初映画化

橋本環奈がドSな売れっ子作家に! 話題作『小説の神様』初映画化

橋本環奈と佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)がダブル主演をつとめる映画『小説の神様』が、2020年5月22日(金)に全国公開される。

本作は作家の相沢沙呼による小説を初映画化した作品。相沢は最新作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」でともに第1位を受賞するという快挙を遂げたばかりで、注目を集める中での人気作の映画化となった。

ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也役を演じるのは、EXILE/FANTASTICSのパフォーマーとして活躍する一方、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに出演し俳優としても人気を集める佐藤大樹。

クラスの人気者でヒット作を連発するドSの高校生小説家・小余綾詩凪役には、『銀魂』シリーズ、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』をはじめ数々の話題作に出演し、幅広い役を演じる橋本環奈が決定した。

監督には、『HiGH&LOW』シリーズや500本以上のMVを世に送り出した久保茂昭を迎え、繊細でドラマチックな物語に、これまでにないみずみずしくビビットな映像演出で挑む。