エビ中[ライブレポート]全国ホールワンマンツアー終幕「6人のエビ中でまた札幌に戻ってきます」

エビ中[ライブレポート]全国ホールワンマンツアー終幕「6人のエビ中でまた札幌に戻ってきます」

エビ中[ライブレポート]全国ホールワンマンツアー終幕「6人のエビ中でまた札幌に戻ってきます」

私立恵比寿中学が、12月8日(日)に北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)にて、全16公演に及ぶ秋冬の全国ホールワンマンツアー<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>の最終公演を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)
ツイート
<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)

本ツアーは、“アイドルって楽しい”というコンセプトのもと、エビ中が世界を航海する中で楽曲を披露するという構成。

世界の各大陸をモチーフにしたシーンチェンジの中で、メジャーデビュー曲「仮契約のシンデレラ」からスタートし、ダンスパートを織り交ぜつつ人気曲をふんだんに盛り込んだ本編約2時間のノンストップライヴは、ツアー初演からファミリー(私立恵比寿中学ファンの総称)にも好評を博してきた。

ツアー中に、12月18日発売の6thフルアルバム『playlist』に収録される新曲「ジャンプ」「ちがうの」「PANDORA」がセットリストに追加され、本日のツアー最終公演は、エビ中の今後も予感させる集大成のような内容となった。

<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)
ツイート
<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)

本編終盤のインタールード「idol is fun」は、公演ごとに異なるメンバーがスタンドマイクで大物シンガーのようなマイクパフォーマンスを披露してきたが、最終日はエビ中唯一の初期メンバーである真山りかが担当。

しかしマイクを握った真山に対して、ほかのメンバーが不本意な表情を見せるとマイクの奪い合いになり、最終的には全員で会場を煽るというファイナルならではの演出となった。

<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)
ツイート
<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)

グループのコンセプトを体現した楽曲「永遠に中学生」でアンコールを締めくくると、多幸感溢れる空間を作り上げて、16公演に及んだツアーの幕を下ろした。

終演後のMCでは、ツアーの想い出を振り返ったが、星名美怜がまさかの“青森パンツ事件”の話を突如披露。ツアー滞在中のホテルでのうっかり話に、会場からはファイナルとは思えないリラックスした笑いが起こったのも、エビ中ライヴならでは。

一転、真山りかとともに、“安本(彩花)がお休みの中で、どれだけ時間がかかるかは私たちもまだ正直わからないけど、彩花がまたいつでも帰ってこられるように待ち構えているので、6人のエビ中でまた札幌に戻ってきます”と力強くコメントすると、会場からはこの日1番大きな拍手が送られた。

なお、私立恵比寿中学は、12月20日、21日に幕張メッセ イベントホールにてバンド編成でのアリーナ公演、12月31日にパシフィコ横浜にて自身初となるカウントダウンライヴを開催する。

<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)
ツイート
<私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 ~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~>北海道・カナモトホール(2019年12月8日)
  • トップページ
  • レポート
  • エビ中[ライブレポート]全国ホールワンマンツアー終幕「6人のエビ中でまた札幌に戻ってきます」