Fullfull Pocket[LIVE SHOW CASE レポート]熱視線を集めたフルスロットルステージング!

Fullfull Pocket[LIVE SHOW CASE レポート]熱視線を集めたフルスロットルステージング!

Fullfull Pocket[LIVE SHOW CASE レポート]熱視線を集めたフルスロットルステージング!Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>ライブレポート

<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>が、11月10日(日)に東京・山野ホールにて開催された。アイドルとメディアコラボをテーマに、26組のアイドルが顔を揃えた本イベントから、Fullfull Pocketのライブレポートをお届けしよう。

Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>

取材・文:渡辺ありさ

パワフルでキュートな王道アイドルユニット『Full full Pocket』。彼女たちの強みは、目を惹くようなパフォーマンス力の高さにある。この日、筆者は“Pop Standard”というコンセプトを掲げる彼女たちが全力で体現する“アイドルのポピュラリティ”を目の当たりにした。

まずは人気ナンバー「★流星Flashback」でライブを開幕。カラフルなステージライトに照らされながら華やかに歌い踊る4人。1曲目からフルスロットルのステージングで、会場を圧倒していく。

続いて「シンデレラPOP!!!」では、曲名のとおり、ポップで元気なパフォーマンスを披露。アイドルらしさ溢れる歌詞で盛り上げる。そして、1人ひとりの高い歌唱力で魅了する「SINGER-SONGダイバー」へ。4人で織りなす重厚なハモリが美しく感動的な楽曲だ。メンバーが向かい合って歌う落ちサビは、思わず息を呑んで聴き惚れてしまうほどであった。

ラストは「自分革命」。明るく元気なだけではなく、力強さと表現力の豊かさも兼ね備える彼女たち。低音と高音の絶妙なバランスが難しいハモリも難なく歌いこなす。ステージの広さを感じさせないほどの全身全霊アクトで、ライブを締めくくった。

Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
ツイート
Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>

Fullfull Pocket<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>

2019年11月10日(日)
山野ホール

SE
M01 ★流星Flashback
M02 シンデレラPOP!!!
M03 SINGER-SONGダイバー
MC
M04 自分革命
退場SE

セットリストを見る