撮影:真島洸(M.u.D)

撮影:真島洸(M.u.D)

白キャン[ライブレポート]東名阪ツアー完走+メジャーデビュー決定「もっと大きなステージでできるように頑張っていきたい」

真っ白なキャンバスが、結成2周年を記念したツアー<NOW STEP ON TOUR>のファイナル公演を11月17日(日)に新宿BLAZEにて開催。チケットはソールドアウトとなり、約800人の“白キャン”ファンが会場に集まった。

幻想的なSEとともにメンバーが登場し、1曲目は白キャンのポップなナンバー「アイデンティティ」で幕開け。

続けて「白祭」「セルフエスティーム」を披露し、会場がメンバーのダンスに魅了された。

MCでは西野が、“会場全体が1つになって最高にハッピーな空間をみんなで作っていきましょう!”とツアーファイナルへの意気込みを話した。

「HAPPY HAPPY TOMORROW」「清涼飲料水」という爽快感のある曲を、そしてその2曲とは真逆の印象を持つ「untune」「パーサヴィア」という疾走感溢れる楽曲を4曲連続でアクト。

会場がヒートアップする中、「闘う門には幸来たる」「Whatever, happens, happens.」「いま踏み出せ夏」「Begin」を連続でパフォーマンスし、会場を煽る曲やシリアスな雰囲気の曲など、白キャンの世界観をメンバーが表現していく。

「全身全霊」「モノクローム」「My fake world」といった今よりさらに上を目指していくというメッセージが込められた曲の後は、白キャンの代名詞的ナンバー「SHOUT」で本編を締めくくった。

撮影:真島洸(M.u.D)
ツイート
撮影:真島洸(M.u.D)

ファンのアンコールに応える形でメンバーが再びステージに戻り、1人ではできないことを歌った「PART-TIME DREAMER」を披露。

その後、三浦より“いつも応援してくださるファンのみなさん、真っ白なキャンバスに関わってくださる関係者さまのおかげで、こうしてここまで来ることができました”とアンコールへの感謝を伝えると、続けて“(2020年)3月18日に、真っ白なキャンバス『キングレコード』からメジャーデビューすることが決定しました!”と発表。会場からは大きな歓声があがり、三浦は“こうしてキングレコードさんからメジャーデビューをさせていただくこととなりまして、今後もっともっと大きなステージでできるグループになれるように、キングレコードさんと一緒に頑張っていきたいと思います! 今後リリースイベントなども始まるので、みなさん遊びに来ていただけると嬉しいです”と感謝の気持ちと意気込みを話した。

メジャーデビューシングルは、2020年3月18日(水)にリリース。リリースイベントも後日発表予定だ。

最後にこれからのストーリーを歌った「自由帳」を歌唱し、結成2周年を記念したツアー<NOW STEP ON TOUR>は喜びの報告とともに幕を閉じた。

撮影:真島洸(M.u.D)
ツイート
撮影:真島洸(M.u.D)
撮影:真島洸(M.u.D)
ツイート
撮影:真島洸(M.u.D)

次ページ

  • トップページ
  • レポート
  • 白キャン[ライブレポート]東名阪ツアー完走+メジャーデビュー決定「もっと大きなステージでできるように頑張っていきたい」