DEVIL NO ID[GIG TAKAHASHIレポート]出色のキレに存在感「沖縄から来てよかった」

DEVIL NO ID[GIG TAKAHASHIレポート]出色のキレに存在感「沖縄から来てよかった」

DEVIL NO ID[GIG TAKAHASHIレポート]出色のキレに存在感「沖縄から来てよかった」DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>からDEVIL NO IDのライブレポートをお届けする。

今年も沖縄から群馬・高崎club FLEEZへとやってきたDEVIL NO IDの3人。浮遊感の中にクールさのある「RSG」から、緩急のキレが鋭いダンスパフォーマンスでフロアの注目を集めた。クラップを集めながらさらに心地よいアシッドナンバー「SCARS」で舞い踊り、気分はすっかり熱帯ゾーン。

昨年に続いての<GIG TAKAHASHI>出演に感謝の気持ちを伝えながら、karinが「高橋さんのお誕生日だからね。だからやっぱり沖縄から来てよかったなって思うんですよ」と思いを告げると会場からは拍手と喝采があがる。

MC開けの「かしましサバト」はヒップホップとストリングスが融合した妖しくクセになるナンバー。かと思えばmionのラップのキレも良く、次の「BANDANA remix」まで含め3人のダンスのリズム感の良さに、思わず身体がノセられる。ステージからの煽りに合わせフロアからは「DEVIL NO ID!」の掛け声と攻めのクラップが沸き起こった。

ここでhanaが、群馬までの道のりに「ここに来るまでが長かったから、余計に皆と楽しめてよかったなってジンワリきてます」とひとこと。「最後まで盛り上がっていきたいし、体力を温存しようとか思わないでくださいね!という」karinの声から、後半戦はヘドバンを決める「サバイバー」、そして特別バージョンの「 Sweet Escape remix」で暴れまくり。音楽に熱狂しきったパフォーマンスで一気に駆け抜けた。

DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>

DEVIL NO ID<GIG TAKAHASHI 2019>

2019年11月3日(日)
高崎club FLEEZ

M1 RSG
M2 SCARS
MC
M3 かしましサバト
M4 BANDANA remix
MC
M5 サバイバー
MC
M6 Sweet Escape remix

セットリストを見る