BabooBee[GIG TAKAHASHIレポート]「これがアイドルを辞めた"みお"の生き様です!」

BabooBee[GIG TAKAHASHIレポート]「これがアイドルを辞めた"みお"の生き様です!」

BabooBee[GIG TAKAHASHIレポート]「これがアイドルを辞めた"みお"の生き様です!」BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>からBabooBeeのライブレポートをお届けする。

元PASSPO☆の増井みおが率いるスリーピースロックバンド・BabooBee。以前出演発表が行なわれた際にフロアから感嘆の声が上がっていた彼らが、この日ついに<GIG TAKAHASHI>のステージへとあがった。

入場SEでカラフルなポップ・ロックが鳴り響く流れは気合い充分。“みなさんこんばんは!BabooBee始まるよ♡”というみおのスウィートな挨拶から、一曲目「Right Now!」ではバンドサウンドに分厚いオイコールが重なる。小柄さをものともせずベースをかき鳴らし、歌声を響かせる彼女を両サイドからみちこ(Gt)、mirai(Dr)のパワフルな音が後押しした。

フロアとのコールの応酬となった「すっぴんタイム」や、センターにスタッフを迎えてタオルを振る「Love me Baby」など、アイドルファンにバンドならではの熱量をぶつけて会場をブチ上げていく姿から感じられるのは、BabooBeeというバンドの度胸のよさだ。PASSPO☆時代にバンドロックとアイドルシーンの融合を見てきた増井みおと、そんな彼女とライブを共にしてきたみちこ、miraiという三人だからこその切り回しの妙を楽しむことができた。

“これがアイドルを辞めた'みお'の生き様です!”と言い放ち、刺激たっぷりの笑顔でラストに決めたのは「vision」。力強い歌唱に会場からの合唱も重なり、最後はしっかりと手応えを残す形で会場がひとつになった。

BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>

BabooBee<GIG TAKAHASHI 2019>

2019年11月3日(日)
高崎club FLEEZ

M1 Right Now!
M2 すっぴんタイム
MC
M3 BUCHIAGE
M4 Love me Baby
MC
M5 vision