Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>

Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>

【ライブレポート】Juice=Juice、三度目の単独武道館で稲場愛香が感激「感謝の気持ちでいっぱい」

Juice=Juiceが自身3回目、8人体制となってからは初の日本武道館ワンマンライブ<Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>を10月29日(月)に開催した。

先月9月にメジャーデビュー5周年を迎えたJuice=Juice。本公演は約8,000人を動員し、全国11箇所の映画館でもライブ・ビューイング上映された。また、オープニングアクトにはつばきファクトリーとこぶしファクトリーが出演。さらに先日発表となったハロー!プロジェクトの新グループ・BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)から「CHICA#TETSU」と「雨ノ森 川海」の2ユニットがバックダンサーとしてライブ本編に出演し、公演を盛り上げる。

観客席が満員に埋まる中、Juice=Juiceによる本編は新曲「Border Line」からスタート。メインステージ中央に据えられた三角形のアッパーステージに昇った8人が、コンパクトな三角形の中で巧みなダンスフォーメーションを繰り出す様に会場からは大きな歓声があがった。

ライブ名の“TRIANGROOOVE”にちなみ、本編ではJuice=Juiceの魅力を引き出す3つのブロックが設定されている。まずは“CUTE BLOCK”。メンバーの可愛い仕草に観客席からLOVEコールが沸き起こる「アレコレしたい!」や、宮崎由加&梁川奈々美ペアでの披露となったハロー!プロジェクト モベキマス曲「もしも…」など、合いの手にも熱気がこもる。

早着替えの間にCHICA#TETSU&雨ノ森 川海がダンスパフォーマンスで繋ぎ、中盤は“SEXY BLOCK”。艶やかな歌い方が耳に残る「素直に甘えて」や金澤朋子&高木紗友希&植村あかりによるGAM曲「メロディーズ」のカバーなど、前ブロックから一転して大人の魅力を表現した。

そして3つのブロックの最後は“COOL BLOCK”。宮本佳林&段原瑠々&梁川奈々美らによる後浦なつみ曲「LOVE LIKE CRAZY」の披露から、ステージに火柱をたてての「Fiesta! Fiesta!」など、一曲ごとに会場のボルテージが底上げされていく様子はJuice=Juiceの力量が見えるところだ。

Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>
Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>

三部構成を駆け抜けたあとは、最高潮の熱気のまま“Juice=Juice BLOCK”へ。「私が言う前に抱きしめなきゃね」を皮切りにライブ鉄板の盛り上げナンバーを連発したかと思うと、90年代トレンディドラマを彷彿とさせる隠れ良曲「禁断少女」から王道爽やかナンバー「未来へ、さあ走り出せ!」で本編を締めくくった。

「Juiceもう一杯!」という会場コールから始まったアンコールでは、メンバーが直接会場のファンへ一人ひとり思いを伝えた。メンバーで唯一今回が初武道館になった稲場愛香は、涙声になりながら「改めて皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。明日からも“がんばりまなかん”にしよう!と皆さんに思ってもらえるように、これからも頑張ります」とコメント。

その他のメンバーも「本当に楽しくあっという間に時間が過ぎていった」と段原瑠々、「前回は宮本さんの汗がスプリンクラーみたいだと思ってたんですけど、今回は私も汗が飛び散ってたんですよ。2回目ということで地に足つけてできたんじゃないかなと思います」と梁川奈々美。ライブ本番直前に前髪を切ってメンバーを驚かせ「視界良好です!」と語った植村あかり、前回に続き今回も会場にメンバーコールをねだった宮本佳林、先日ショートカットにしたばかりの姿で「楽しんでいただけましたか!」と呼びかけた高木紗友希、「初めて立たせてもらったときには緊張してそわそわしていましたが、まさか三年連続でここに立たせてもらえるとは思いませんでした。それとJuice=Juice、こんなにいい曲たくさんあったんだって」と金澤朋子、そして「これからもっともっとありがとうのパワーを振りまいていきたいです。これからもJuice=Juiceのこと離さないでいてくれたらなと思います。本日はどうもありがとうございました」と宮崎由加。

大団円の空気をJuice=Juiceファミリーと分かち合い、タオルを振っての「Goal~明日はあっちだよ~」、そして「Magic of Love」で三年目の日本武道館公演は終了した。

Juice=Juiceは現在、ライブハウスツアー<Juice=Juice LIVE GEAR 2018 ~Esperanza~>を全国で開催中。同ツアーは12月9日まで進行していく。

Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>
Juice=Juice at <Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE>

Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE

2018年10月29日(月)日本武道館

1.Border Line(新曲)

■CUTE BLOCK
2.Vivid Midnight
3.初めてを経験中
4.アレコレしたい!
5.もしも…(ハロー!プロジェクト モベキマス曲)

■SEXY BLOCK
6.素直に甘えて
7.メロディーズ(GAM曲)
8.SEXY SEXY
9.裸の裸の裸のKISS

■COOL BLOCK
10.LOVE LIKE CRAZY(後浦なつみ曲)
11.イジワルしないで 抱きしめてよ
12.Fiesta! Fiesta!
13.KEEP ON 上場志向!!

■Juice=Juice BLOCK
14.私が言う前に抱きしめなきゃね
15.GIRLS BE AMBITIOUS
16.ロマンスの途中
17.Never Never Surrender
18.禁断少女
19.未来へ、さあ走り出せ!

EN1.シンクロ。
EN2.Goal~明日はあっちだよ~
EN3.Magic of Love

セットリストを見る
  • トップページ
  • レポート
  • 【ライブレポート】Juice=Juice、三度目の単独武道館で稲場愛香が感激「感謝の気持ちでいっぱい」