sora tob sakana[サコフェスレポート]洗練された楽曲とクオリティの高いパフォーマンスで起こした化学反応

sora tob sakana[サコフェスレポート]洗練された楽曲とクオリティの高いパフォーマンスで起こした化学反応

sora tob sakana[サコフェスレポート]洗練された楽曲とクオリティの高いパフォーマンスで起こした化学反応sora tob sakana<サコフェスvol.2>ライブレポート

元PASSPO☆メンバーで振付師の槙田紗子が主催するアイドルフェス<サコフェスvol.2>が、11月4日(月・祝)にduo MUSIC EXCHANGEにて開催された。出演者には、新しい学校のリーダーズ、アップアップガールズ(仮)、転校少女*、ASTROMATE、FES☆TIVE、Lily of the valley、sora tob sakana、SW!CH、林愛夏(exベイビーレイズJAPAN)、サコツ(槙田紗子×林愛夏)という槙田と何らかの関係を待つユニットが一堂に会した。“アイドルが心からライブを楽しむためのフェス”をコンセプトとした同イベントで、出演者10組がそれぞれの個性を存分に光らせたステージからsora tob sakanaのライブレポートをお届けしよう。

sora tob sakana<サコフェスvol.2>

取材・文:渡辺ありさ

ファンのクラップでステージに迎え入れられた『sora tob sakana』。白を基調とした衣装を身にまとい、ステージライトに照らされながら佇む姿が美しい。山崎愛の“sora tob sakana、始めます”という言葉に会場が沸いた。

1曲目から人気曲「knock!knock!」をアクト。ほかのアイドルユニットとは一線を画す、独特の世界観を持つ彼女たち。あどけないルックス、幼さの残る歌声とは裏腹に、妖艶なパフォーマンスで観客を魅了していく。続く2曲目には、「広告の街」。複雑な楽曲が、3人の表現力によって丁寧に紐解かれていくような感覚が心地よい。フロアは中毒性の高いメロディに引き込まれていった。

MCを挟み、明るくポップな楽曲「シューティングスター・ランデヴー」を披露。一緒に踊れるようなサビの振り付けや、それぞれの可愛らしいソロパフォーマンスも見どころだ。
そして、ラストは「夜間飛行」。幻想的な雰囲気はそのままに、ファンが一緒になって盛り上がれるポイントが随所に散りばめられていた。

正に新時代のアイドルを体現しているような、オサカナ。洗練された楽曲とクオリティの高いパフォーマンスの化学反応を目の当たりにした。

sora tob sakana<サコフェスvol.2>
ツイート
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
ツイート
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
ツイート
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
sora tob sakana<サコフェスvol.2>
ツイート
sora tob sakana<サコフェスvol.2>

sora tob sakana<サコフェスvol.2>

11月4日(月・祝)
duo MUSIC EXCHANGE

SE whale song
M1 knock!knock!
M2 広告の街
MC
M3 シューティングスター・ランデヴー
M4 秘密
M5 夜間飛行
MC

セットリストを見る
  • トップページ
  • レポート
  • sora tob sakana[サコフェスレポート]洗練された楽曲とクオリティの高いパフォーマンスで起こした化学反応