桜エビ〜ず[GIG TAKAHASHIレポート]懐かしい楽曲目白押し!ノスタルジックライブ

桜エビ〜ず[GIG TAKAHASHIレポート]懐かしい楽曲目白押し!ノスタルジックライブ

桜エビ〜ず[GIG TAKAHASHIレポート]懐かしい楽曲目白押し!ノスタルジックライブ桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>から桜エビ〜ずのライブレポートをお届けする。

桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>

桜エビ〜ずの<GIG TAKAHASHI 2019>は、代表曲「それは月曜日の9時のように」から幕を開ける。いきなりの盛り上がりソングに会場はヒートアップ。サビでは手を左右に振り、息ピッタリのクラップで序盤からフロアに一体感を生み出す。そのまま間髪入れずに
ロックチューン「こころ予報」をエモーショナルに歌い上げた。

MCでは、この日誕生日を迎えたイベントの主催者であるH.I.P.高橋氏の誕生日をお祝い。高橋氏が決めた今回のセットリストには、“最近、あまり披露していなかった懐かしい曲”が組み込まれていることを明かした。

そんな<GIG TAKAHASHI 2019>オリジナルセットリストに息を上らせながらも、多くの間を空けずに次の曲「リンドバーグ」へ。“この空が青いのは君のためなのさ”という歌詞とリンクしたブルーの照明に包まれると、人気曲にファンからは割れんばかりのメンバーコールが響く。川瀬あやめが“みんなで歌うよ”と発すれば、観客は声を合わせて大合唱。

水春の“最後の曲です! 盛り上がっていきましょう”のひと声とともに「はっぴースキップ☆ジャンプ」でフィナーレへ。スペシャルなセットリストにより、ノスタルジーを感じる楽曲が目白押しのアクトとなった。

桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>

桜エビ〜ず<GIG TAKAHASHI 2019>

2019年11月3日(日)
高崎club FLEEZ

M01 それは月曜日の9時のように
M02 こころ予報
M03 僕らのハジマリ
MC
M04 リンドバーグ
M05 キラキラ
M06 はっぴースキップ☆ジャンプ
MC