たけやま3.5[GIG TAKAHASHIレポート]熱いプレイとキュートな笑顔のギャップによるすさまじき破壊力「たけやま3.5のことを知って帰ってもらえるように」

たけやま3.5[GIG TAKAHASHIレポート]熱いプレイとキュートな笑顔のギャップによるすさまじき破壊力「たけやま3.5のことを知って帰ってもらえるように」

たけやま3.5[GIG TAKAHASHIレポート]熱いプレイとキュートな笑顔のギャップによるすさまじき破壊力「たけやま3.5のことを知って帰ってもらえるように」たけやま3.5<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>からたけやま3.5のライブレポートをお届けする。

たけやま3.5<GIG TAKAHASHI 2019>

愛媛からやってきたガールズバンド・たけやま3.5は、顔面偏差値の高さを武器に雑誌専属モデルやグラビアに登場するなど注目を集めている。そんな4人は1人ずつSEに合わせて登場し、1曲目から人気曲「8969」をドロップ。曲中には武田雛歩(Vo)が“GIG TAKAHASHI 2019! これから「パンクロッカーになりたくて」と4回続けて言うので、初見さんのみなさんも声出してください”と告げると大合唱が起きた。

1曲目から会場を1つにした4人は、“声出していくぞー!”と疾走感のある「LIVE ALIVE」、メンバー紹介のMCを挟んで「プラチナハート」をアクト。「プラチナハート」ではミラーボールを輝かせ、そのビジュアルからは想像できないロックな姿で魅せる。楽器に向き合う真剣な表情と、客席を見つめる可愛らしい笑顔のギャップの破壊力がすさまじい。新曲「Dreamer」でも、しっかりとフロアを沸かせていた。

愛媛県の方言混じりの話し方で2周年ライブの告知をし、“あとはもうつべこべ言わずに、たけやま3.5のことを知って帰ってもらえるように残り2曲盛り上がっていきましょう”と、普段ライブの最後でよく演奏しているという「SERENADE」でライブを再開。

ラストは“1番大きな声聞かせてください”と「恋空チャイム」へ。彼女たちが奏でた想いがフロアに届いたことを象徴するかのように、大きな拍手と歓声がステージを包み込んでいた。

武田雛歩(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
武田雛歩(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
脇田穂乃香(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
脇田穂乃香(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
星川遥香(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
星川遥香(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
濵邊咲良(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
濵邊咲良(たけやま3.5)<GIG TAKAHASHI 2019>
たけやま3.5<GIG TAKAHASHI 2019>
ツイート
たけやま3.5<GIG TAKAHASHI 2019>

たけやま3.5<GIG TAKAHASHI 2019>

2019年11月3日(日)
高崎club FLEEZ

SE
M01 8969
M02 LIVE ALIVE
MC
M03 プラチナハート
M04 Dreamer
MC
M05 SERENADE
M06 恋空チャイム

  • トップページ
  • レポート
  • たけやま3.5ï¼»GIG TAKAHASHIレポート]熱いプレイとキュートな笑顔のギャップによるすさまじき破壊力「たけやま3.5のことを知って帰ってもらえるように」