【P-school】[GIG TAKAHASHIレポート]熱い想いで挑んだOA「もっともっと熱量を上げて、ほかの出演者さんたちにバトンを渡したいの」

【P-school】[GIG TAKAHASHIレポート]熱い想いで挑んだOA「もっともっと熱量を上げて、ほかの出演者さんたちにバトンを渡したいの」

【P-school】[GIG TAKAHASHIレポート]熱い想いで挑んだOA「もっともっと熱量を上げて、ほかの出演者さんたちにバトンを渡したいの」【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>から【P-school】のライブレポートをお届けする。

【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>

正午前の高崎club FLEEZに学校のチャイムが鳴り渡ると、“ブルーハーツを歌うアイドル”のP-schoolの4人が登場。メンバーの多希が欠席となったこの日だが、“P-school!”という掛け声とともに円陣を組み、「終わらない歌」からライブを開始した。続く「TRAIN-TRAIN」では、楓恋が力強く歌い出し、シャウトに近い勢いのあるアジテートで会場の温度を上昇させていく。ブルーハーツの代表曲にフロアからのレスポンスも完璧であった。

MCでは、“オープニングアクトって大事な気がするんだよ。だから、うちらからもっともっと熱量を上げて、ほかの出演者さんたちにバトンを渡したいの”と、このステージに懸ける想いを伝える。

タンバリンとリコーダーでパフォーマンスに華を添えた「シャララ」、拳を突き上げて観客との一体感を作り上げていく「人にやさしく」でライブの勢いを加速させていく。最後は、楓恋が“みなさん、まだまだ声出せますか? 最後はみんなが絶対知ってる曲です。ノらない人は知りません“と放ち、キラーチューン「リンダリンダ」で締めくくる。

ブルーハーツを歌いこなし、会場を熱く盛り上げた彼女たち。オープンニングアクトとしての役割をしっかりと果たしてステージを後にした。

【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート
ツイート
【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>ライブレポート

【P-school】<GIG TAKAHASHI 2019>

2019年11月3日(日)
高崎club FLEEZ

SE
M01 終わらない歌
M02 TRAIN-TRAIN
MC
M03 シャララ
M04 人にやさしく
SMC
M05 リンダリンダ

  • トップページ
  • レポート
  • 【P-school】[GIG TAKAHASHIレポート]熱い想いで挑んだOA「もっともっと熱量を上げて、ほかの出演者さんたちにバトンを渡したいの」