アプガ(2)[イベントレポート]フリーワンマンライブ開催への挑戦がスタート「アプガ(2)の音楽を伝えることが大事」

アプガ(2)[イベントレポート]フリーワンマンライブ開催への挑戦がスタート「アプガ(2)の音楽を伝えることが大事」

アプガ(2)[イベントレポート]フリーワンマンライブ開催への挑戦がスタート「アプガ(2)の音楽を伝えることが大事」

アップアップガールズ(2)が、11月10日(日)に東京・池袋マルイ 7Fイベントスペースにて11月12日に発売される初のアルバム『アオハル1st』のリリース記念イベントを開催した。

アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)

大勢のファンが集まる会場にメンバー8人が登場すると、「スターティングオーバー」からライブはスタート。元気いっぱいのパフォーマンスに会場もヒートアップした。

MCコーナーに入ると、リーダーの高萩千夏が“ついにアプガ(2)念願の1stアルバム『アオハル1st』のリリースイベントが始まりました!”と声を上げる。ここで、アプガ(2)が所属するT-palette Recordsのスタッフもステージに登壇。

アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)

先日、11月4日に恵比寿リキッドルームで行われたアプガ(2)のワンマンライブでタワーレコード嶺脇社長から発表された、アルバム2,500枚を完売してフリーワンマンライブを開催するというミッション『アオハル2500』の詳細が語られていく。

Tパレスタッフは、“2020年にアプガ(2)がブレイクするためにも、アルバム『アオハル1st』を1人でも多くの人に聴いていただきたいんです。その一歩として用意したのが、アルバムの2,500枚完売を目指すミッション『アオハル2500』です。2,500枚完売した際には応援してくださるファンの方々に感謝の思いを込めて、11月30日にタワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOでフリーワンマンライブが行われます。ぜひ完売して、フリーワンマンライブを決定させたいです!”とスタッフも意気込む。

なお売上枚数のジャッジは、11月4日のワンマンライブの先行販売分から17日まで行われるリリースイベント期間中の売上枚数(CDショップ分も含める)。総売上枚数は、18日の18時30分からのアプガ(2)公式YouTubeの生配信で結果発表されるという。また、各リリースイベントのミニライブ終了後には、そのイベントでの売上枚数が発表されることも告げられた。

ミッションの詳細がわかり期待と不安が入り混じるメンバーだが、前向きな笑顔となった鍛治島彩は“2,500枚完売、みなさんと一緒に絶対達成するぞ!”と息巻いた。

アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)

ミニライブに戻ると、つんく♂サウンドプロデュース楽曲「Be lonely together」、アルバムに収録されたエモさたっぷりの新曲「ブルースカイブルース」を立て続けに披露。そして、デビュー曲の「二の足Dancing」を歌唱したあとは、アルバムのもう1つの新曲で高萩が振り付けを担当した「パジャマDEタンテボー」をパフォーマンス。メンバー8人と観客がタオルを回し、会場のテンションをさらに上げた。

いよいよ本イベントでのアルバム売上枚数が発表の時間がやってきた。結果は82枚。CD不況と言われる今、なかなか健闘の数字となった。今回のリリースイベント期間は、この売り上げ発表の間だけ写真撮影が許可される。吉川茉優は“こちらの写真を撮って、「#アオハル2500」とつけて、ツイッター、フェイスブック、インスタなどなどSNSで拡散してください!”と声を上げた。

アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)

アプガ(2)が次に進むための大事なミッション『アオハル2500』。このミッションに込める想いを、イベント終了後の高萩と森永新菜に聞いた。

森永は“アプガ(2)には、いろんなタイプのいい曲がいっぱいあるんです。このアルバムは、アプガ(2)のすべてが丸わかりの1枚だと思います。なので、自分たちとしてもいっぱいの方にたくさん聴いていただきたいんですよ。やっぱりCDを買っていただけるのって、普通のことじゃないなって思うんです。曲やライブがいいなと思ってくれるからこそ手に取っていただけるので、まずは私たちがライブでちゃんと曲を届けるってことを芯に持って活動して行きたいです。私たちには日本武道館って大きな目標がありますが、そのステップとしてZepp Tokyoを目指したいんです。そこへの確かなきっかけとして、たくさんの方にアルバム購入していただいて、この『アオハル2500』を成功させたいです!”と意気込みを口にした。

高萩は“私たちは、ホントにホントにブレイクしたいんです。森永も言いましたけど、私たちはZepp Tokyoでライブをしたいんです。すごいキャパですが、ちょうどこのミッションの2,500って数と同じくらいだと思うんです。近い将来、アルバムを手に取ってくれた人たちをみんなを引き連れて、Zepp Tokyoに行きたいですね。あと『アオハル2500』の裏テーマには、1人でも多くの人にアプガ(2)を知ってもらいたいっていうのがあるんです。数字だけじゃなく、アプガ(2)の音楽を伝えることが大事なんです。ミッションの形は2,500枚ですけど、この目標をきっかけに1人でも多くの人にアプガ(2)の音楽聴いてもらたいんです。まずは、みなさんに2,500枚を手に取っていただけるように私たちも頑張って、そしてフリーワンマンライブを実現したいです!”と、熱い想いを語った。

アプガ(2)は、ファンとともに大きな試練を乗り越えてフリーワンマンライブを現実のものにできるのか。目標に向かって突き進むアプガ(2)の動向に注目していきたい。

アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
ツイート
アップアップガールズ(2)<『アオハル1st』リリース記念イベント>|東京・池袋マルイ 7Fイベントスペース(2019年11月10日)
  • トップページ
  • レポート
  • アプガ(2)[イベントレポート]フリーワンマンライブ開催への挑戦がスタート「アプガ(2)の音楽を伝えることが大事」