AKB48チーム8 立仙愛理、「トップバッター、楽しんで歌うことを心がけました!」AKB48グループ歌唱力No.1決定戦

AKB48チーム8 立仙愛理、「トップバッター、楽しんで歌うことを心がけました!」AKB48グループ歌唱力No.1決定戦

AKB48チーム8 立仙愛理、「トップバッター、楽しんで歌うことを心がけました!」AKB48グループ歌唱力No.1決定戦

AKB48グループの中で最も魅力的な歌い手を決める<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会が、10月31日(木)にTBS赤坂ACTシアターにて開催。ファイナルには残らなかったものの、AKB48チーム8高知県代表の立仙愛理が注目の1人となった。

<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会(2019年10月31日)

<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>決勝大会では、予選を突破した20人(当日は19人が出場)が歌の力で新たな未来をつかむため、真剣勝負をくり広げた。当日は、バンドの生演奏をバックにメンバーが本気の歌唱を披露した。

AKB48チーム8 立仙愛理<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会(2019年10月31日)
ツイート
AKB48チーム8 立仙愛理<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会(2019年10月31日)

1組目のトップバッターとして登場した立仙。DREAMS COME TRUEの名曲「決戦は金曜日」を見事な歌声とパフォーマンスで見せた。

歌い終え、MCに“「決戦は金曜日」は、思いどおりに歌唱できましたか?”と聞かれると、“今日は木曜日なんですけど……”と語り出し、会場に笑いを起こした。続けて、“トップバッターということで、場を温めてみなさんが歌いやすいようにすること、また自分がしょっぱなから楽しんで歌おうということを心がけました!”とコメントし、大きな拍手を受けていた。

残念ながらファイナルには選ばれなかった立仙だが、ステージで涙する姿も印象的だった。

AKB48チーム8 立仙愛理<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会(2019年10月31日)
ツイート
AKB48チーム8 立仙愛理<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>第2回・決勝大会(2019年10月31日)
  • トップページ
  • レポート
  • AKB48チーム8 立仙愛理、「トップバッター、楽しんで歌うことを心がけました!」AKB48グループ歌唱力No.1決定戦