山本彩、12/25に全曲自身で作詞作曲した初AL発売+詳細発表!

山本彩、12/25に全曲自身で作詞作曲した初AL発売+詳細発表!

山本彩、12/25に全曲自身で作詞作曲した初AL発売+詳細発表!

山本彩が、2019年12月25日(水)に全曲自身で作詞作曲を手掛けたグループ卒業後の初のオリジナルアルバムを発売することを発表した。

同作には、1stシングル「イチリンソウ」(亀田誠治プロデュース)、2ndシングル「棘」(根岸孝旨プロデュース)、3rdシングル「追憶の光」(小林武史プロデュース)に加え、大木伸夫(ACIDMAN)プロデュースの疾走感溢れるアッパーチューン「TRUE BLUE」、SIRUPなどのサウンドプロデュースでお馴染みのMori Zentaroがプロデューサーを務めたミッドグルーヴ「Homeward」、そしてトオミヨウがディレクションするアブストラクトなロックバラードなど新曲3曲を含む全11曲を収録。

また、マスタリングはロンドンにあるメトロポリススタジオにてArctic Monkeys、Thom Yorke、Coldplayなどを手がけたマット・コルトンが参加している。

発売形態はFC限定盤、初回限定盤、通常盤の全3形態。FC限定盤はこのアルバムのために撮り下ろした208ページのフォトブックとメイキングムービーが付いた豪華BOX仕様、初回限定盤には映像特典としてMVクリップ集が収められる。

大木伸夫(ACIDMAN)コメント
今回の楽曲のデモを初めて聴かせていただいた時、アコースティックギター1本の弾き語りの状態でしたが、すでに素晴らしかった。
山本さんの真っ直ぐに音楽に向き合う姿勢がメロディにも歌詞にも表れているような気がします。
そんなひたむきな彼女の背中を少しだけ支えさせてもらいました。
時にひといきつきながら。
僕にとっても貴重な経験をありがとうございました!