桃月なしこ©Chiaki Kato/bis

桃月なしこ©Chiaki Kato/bis

桃月なしこ[インタビュー]「泣きながら歯を食いしばって少しずつ自信を持ち、自分らしくお仕事ができるようになった」|念願の『bis』レギュラーモデル決定!『bis』レギュラーモデル決定記念アンケートインタビュー

桃月なしこが、『bis』(光文社)のレギュラーモデルに決定した。本記事では、ナース兼コスプレイヤーの二刀流でデビューを果たしてから2年が経ったここまでの道のりをはじめ、大きな目標として掲げてきたファッション誌『bis』のレギュラーモデルに抜擢された心境、この2年間の総括などを語ったアンケートインタビューをお届けしよう。

桃月なしこ『bis』(光文社)

――デビューから2年、ファッション誌『bis』のレギュラーモデル決定、おめでとうございます。

桃月なしこ:
もうデビューから2年も経つんですね、ありがとうございます! 2年前に名古屋駅のスタバで初めて事務所の人たちと面談した日のことを今も鮮明に覚えています(笑)。多分お互いになんとなく半信半疑で面談していたんですが、その出会いから少し経って気がついたら『ヤングマガジン』さんでデビューさせていただいてて。そこからさまざまなお仕事をさせていただくようになって、気がついたら最大の目標のひとつだったファッション誌のレギュラーモデルが決まってって感じですかね。

――ここまで決して平坦な道では無かったとお聞きしましたが。

桃月なしこ:
そうですね、思い返すといろいろあったなと思います。元々は地元の豊橋から通いでお仕事をしていたのですが、ヤンマガのデビューでいい評判をいただき、その後も雑誌のお仕事やテレビやイベントなどたくさんお仕事をいただけるようになり、22年間住んでいた地元豊橋を離れ、上京することにしました。

まず上京してからは自分の活動の幅を広げるためにウォーキングレッスンに演技稽古、中国語、英会話、ボイストレーニングなどさまざまなレッスンに通わせてもらいました。でも仕事に繋がらないことが多くて。オーディションに行っても落ちたことの方が多く、“自分には芸能向いてないのかな”“もう愛知に帰ろうかな”って何度も諦めようとしたし、毎晩泣いていた時期もありました。でも決意して親元を離れて上京して、家族や友人も応援してくれているのに中途半端に芸能をやって自分で限界を決めて帰るだなんてできないという気持ちの方が強くて。そして、そんな中でも幸いなことに誌面のお仕事ではみんなの応援もあって、さまざまな雑誌の表紙を飾ることができて。

とはいえ、雑誌の表紙を飾ることも簡単なことではなく、私自身も最初の大きな目標として掲げていましたが、それでも昔からのファンの方から“あーあ、なしこも脱いじゃったか~”とか“なしこたそには脱いで欲しくなかった”とか、やっぱり批判的な意見もあって。元々自分の体型に自信がなく、肌露出を控えていた私が、誌面のお仕事をきっかけに体型を変えようと決意し、毎週ジムに通って、大好きな小麦やお菓子を控えてコンプレックスだったお腹周りをくびれのあるお腹にすることができて。そうやっていろんなことで泣きながら歯を食いしばって少しずつ自信を持ち、今の雑誌やテレビなどで自分らしくお仕事ができるようになった気がします。だから私は誌面のお仕事に対しても常に誇りを持っています。

――以前、ファッションは苦手と以前お話されてましたよね。

桃月なしこ:
上京前の私は私服センスもなくて、ネット上で“なしこ……私服ダサい”と言われることが多々ありました。それがすごく悔しくて、上京してからは影でファッションもメイクも勉強して、おかげで少しずつ“その服どこの?”“メイクの仕方教えて!”と私を参考にしたいと言ってくれる女性も増えてきて、それがとても嬉しかったし励みになったのを覚えています。

――そしてファッション誌『bis』のレギュラーモデルへなりました。

桃月なしこ:
自分の中では常に新たな目標を作って活動していて、それを達成できるまで頑張るというスタイルなのですが、上京して1年くらい経った当時の隠れた目標のひとつがファッション誌のモデルでした。最初、”『bis』の撮影(仮)”というスケジュールを見つけた時には、嬉しいよりも“え、私? 私でいいんですか? 本当に出れるんですか? 『bis』ってファッション誌ですよね?”って感じで。普段そんなにスケジュールに敏感じゃないんですが、前々日も前日も……何度もマネージャーに確認しました(笑)。そして撮影も終わり『bis』の登場が決まったと告知をすると、男性のファンの方はもちろんですが、自分が思っていた何十倍も女性の方々からの反応があって……。

――そのファンの方々の反応を見てどう思われました?

桃月なしこ:
自分のためにやっていた努力や挫折をファンの方経ちはずっと見てくれていて。“なしこたそが頑張ってるのを知ってるからファッション誌決まったの嬉しい!”“努力した甲斐があったねおめでとう!”“なしこちゃんのファッション誌絶対買うね”って自分のことのように喜んでくれて。当たり前だけど、結果に繋がらないことの方が多くて何度も挫けそうになったけど、でも家族も地元もファンの方々もこんなにも喜んでくれて、意味の無いことなんてなかったんだなと改めて実感しました。

――それでは最後にこの2年間の総括をお願いします。

桃月なしこ:
総括って言われるとすごく難しいんですけど(笑)。でもそうですね、今まであまり言ってこなかったんですけど、この2年間順風満帆な2年間だったわけではなくて、私の中で努力してるのにオーディションはほとんど落ちるし、雑誌のお仕事も減った時期もあって。

そして行き着いたのは、重要なのは努力してるかどうかではなく、結局は他人が見てどう思うか、そして何よりも結果に繋がるかどうかの問題だということでした。だからこそ自分の不甲斐なさに悔しさも感じれば、逃げ出したくなった時期もありました。それでもここまで続けられたのは家族や友人の応援、そしてファンのみなさんの応援のおかげだと思っています。

私はけっこう強がりなタイプなので、あまり苦労してるだとか頑張ってるだとかを表に発信することは少ないのですが、裏でたくさん悩んでいて、その度にみなさんの言葉に励まされていました。そんな中で決まった今回の『bis』レギュラーモデル。ようやく今までの努力が結果に繋がったのかなという気がしています。まだまだ私自身ファッションもメイクも勉強中の身ですが、『bis』さんを通して、みんなで一緒にファッションやメイクの勉強をしていき、その楽しさを発信していけたらいいなと思います。

さらに今年は舞台に2つも出させていただくなど演技のお仕事もさせていただけるようになったので、これからももっと演技の仕事にも携われていきたいなと思っています。

桃月なしこ©︎Shiori Ikeno/bis
ツイート
桃月なしこ©︎Shiori Ikeno/bis
桃月なしこ©Mirei Kuno/bis
ツイート
桃月なしこ©Mirei Kuno/bis
桃月なしこ©︎Cecy Young(SIGNO)
ツイート
桃月なしこ©︎Cecy Young(SIGNO)
  • トップページ
  • インタビュー
  • 桃月なしこ[インタビュー]「泣きながら歯を食いしばって少しずつ自信を持ち、自分らしくお仕事ができるようになった」|念願の『bis』レギュラーモデル決定!