手羽先センセーション、結成2年でZeppワンマン1004名達成!年末ツアーも決定

手羽先センセーション、結成2年でZeppワンマン1004名達成!年末ツアーも決定

手羽先センセーション、結成2年でZeppワンマン1004名達成!年末ツアーも決定

手羽先センセーションが9月29日、Zepp名古屋にて単独公演<溶けなかった夏の初期衝動>を開催。2017年の結成からデビュー2年で1,004名と、過去最高の動員数を記録した。

<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya
ツイート
<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya
<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya
ツイート
<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya

計14曲、1時間40分、ノンストップライブは興奮のるつぼと化した。初のZeppライブに挑んだメンバー6人からは常軌を逸した強い意志と決意がみられ、会場全体にパワーを感じる圧巻ステージだった。

ライブ終了直前にはツアーライブをサプライズ発表! 今夏の東名阪福ツアーが成功で終わり、第二弾として<年末のご挨拶”東名阪静”ツアー>を開催することを告げた。今回のツアー先にはメンバー神谷美玲の地元・静岡への凱旋ライブも含まれる。

<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya
ツイート
<溶けなかった夏の初期衝動>2019年9月29日(日)Zepp Nagoya

ライブ前には記者会見が行われ、杉野 彗プロデューサーが今回のライブについて“手羽センが最もアピールできる場所はステージだと思ってます。キャッチーな王道楽曲に、メンバーの全力なパフォーマンス、会場の一体感で【熱量】を伝えていきます。あと結成2年でここまでよく来たと6人を褒めたいと思います。手羽先という名古屋を代表する名前を背負わせていただいてますので。名古屋で1830(てばさき)名を動員させたいです”と意気込みを語った。

6人のメンバーのコメントは以下のとおり。

森田陽菜(黄色担当):
“いつかは。。。Zeppで。と思ってたのですが、そのいつかがやってきたんだということがとても嬉しいです!”

神谷美玲(赤色担当):
“デビュー前からZeppという大きなステージに“手羽セン”で立つことが一つの夢で、その夢が叶おうとしています。手羽センらしく楽しめたらいいなと思います!”

斉藤まなか(水色担当):
“どきどきわくわく!ワァイ!とにかく全力で楽しも〜!頑張りまぁちゃん〜!”

橋本琴春(ピンク担当):
“初めてのZepp Nagoya単独。加入当初から目標の一つとしてきた夢がもうすぐ叶うんだなと思うと、とても嬉しく、わくわくしています!”

塚野なゆ(ミントグリーン担当):
“Zeppでワンマンライブをすることを1つの目標としていたのでとても嬉しいです!みんなと最強の一日にするぞ!”

三池志歩(紫担当):
“手羽センに入る前からずっと憧れていたステージなので今回単独でやらせて頂けることがとっても嬉しいです!”

単独公演<溶けなかった夏の初期衝動>

2019年9月29日(日)Zepp Nagoya

①I'm Believer
②ノンフィクション
③STIMULATE
④ウノウクノウカノウサノウ -手羽センver.-
⑤始まりのシグナル
⑥ハピピピパーリーナイト
⑦New Stage
⑧小さな冒険者
⑨ニコピの方程式
⑩未完成日記
⑪君キミ、恋病
⑫あなたの光は
【アンコール】
⑬夏情気性
⑭あしたのはなし

セットリストを見る