=LOVE[ライブレポート]絆と決意の強さを見せつけた2周年記念コンサート

=LOVE[ライブレポート]絆と決意の強さを見せつけた2周年記念コンサート

=LOVE[ライブレポート]絆と決意の強さを見せつけた2周年記念コンサート=LOVE<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>ライブレポート

=LOVEが、9月12日(木)に中野サンプラザにて<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>を開催した。指原莉乃がプロデュースし、代々木アニメーション学院発のアイドルとして送り出され、2017年9月6日に発売した1stシングル「=LOVE」でデビューした彼女たち。デビュー2周年を記念した本公演には、オープニングアクトとして姉妹グループである≠MEが登場。グループとしての成長を見せるアコースティックバージョンの楽曲披露やシナモロールとのコラボパフォーマンス、シングル表題曲のセンターを務める髙松瞳の休養前ラストライブと、さまざまなトピックがあり、盛りだくさんの内容となったこの中野サンプラザ公演の模様をお届けしたい。

=LOVE、≠ME<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>

≠ME

オープニングアクトとして登場した≠MEは、冒頭に“=LOVEのファンのみなさん、こんばんは”、“先輩たちに負けないくらい精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします”と挨拶。AKB48の「言い訳Maybe」から元気よくライブを開始した。この日は=LOVEの開演定刻前の出演となったが、注目の姉妹グループだけにすでに多くの観客が集まっていた。

続けて、欅坂46の「世界には愛しかない」、日向坂46の「キュン」、乃木坂46の「制服のマネキン」と3坂道の楽曲を次々とカバーし、ノンストップで4曲を披露。ハードなダンスをこなすクールな姿から可愛らしくステージを舞う姿まで幅広い表情で魅せる。

最後は、自身初のオリジナルソング「≠ME」を真摯にパフォーマンス。落ちサビ前には12人が横1列に並び、“好きだー!”と会場全体でコールする場面も。冨田菜々風が“本日は素敵な経験をさせていただき、本当にありがとうございました”と締めくくった。

12人は広大な中野サンプラザのステージに物怖じすることなく、堂々としたパフォーマンスを展開。20分間のステージを駆け抜け、オープニングアクトとしての務めを見事に果たした。

≠ME<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
≠ME<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
冨田菜々風(≠ME)<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
冨田菜々風(≠ME)<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ

=LOVE

SEとともに、これまでの活動のダイジェストムービーが流れ、会場は一気に大きな期待感で包まれる。12人がステージ上セットの2階部分に横一列に並んで登場すると、「「部活中に目が合うなって思ってたんだ」」からメモリアルなライブの幕を開く。

メンバーのアジテートに呼応し、開演直後から熱気を帯びる中野サンプラザ。「今、この船に乗れ!」では、メンバーがトロッコに乗って、ファンとの距離を縮めるサプライズな演出で会場を沸かせていく。イコラブのキュートさをふんだんに詰め込んだ「Want you!Want you!」まで4曲を連続で披露した。

=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
齊藤なぎさ<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
齊藤なぎさ<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ

自己紹介では、リーダーの山本が“こんなに大きな中野サンプラザという、素敵なステージに立つことができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。さぁ、3年目のスタートということで、今日は全力で楽しんでいきたいと思います! みなさんついてきてくれますか? 今日は1日よろしくお願いします”と挨拶。

そのまま、この日に初お披露目となったオサレカンパニー作の新衣装に話題は移り、大谷は“イコラブ初のキラキラの衣装なんですよ。スカートにはダイヤモンドがプリントされていて。これは衣装さんが「イコラブちゃんは全員がダイヤモンドだから」って言ってくれたからなんです。あと、イコラブのロゴが描かれた、イコラブだけの生地!”と気持ちを昂らせ、音嶋は“この衣装は袖の部分が4タイプあって。衣装さんがメンバーの個性に合わせて決めてくれたんです”と衣装選定の秘話を明かした。

大谷映美里 <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
大谷映美里 <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
音嶋莉沙、佐竹のん乃<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
音嶋莉沙、佐竹のん乃<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ

そんな華やかな装いから雰囲気を一変し、オールブラックの衣装にチェンジ。真っ赤なライティングのもとで、「記憶のどこかで」、「手遅れcaution」を披露。12人はグルーヴィな楽曲をステージから力強く放ち、観客の目を釘付けにした。

中盤では、12人全員でアコースティックアレンジでの歌唱に初めて挑戦。生バンドを従えながら、諸橋を中心に伸びやかな歌声を響かせていく。「僕らの制服クリスマス」に続けて、「「部活中に目が合うなって思ってたんだ」」を届ける。キーボード、アコギ、パーカッション、バイオリンによる表情豊かな演奏が、このステージの特別感をより高めていく。12人はアコースティックサウンドに身体を心地よく揺らしながら、互いにアイコンタクトを取り合い、呼吸を合わせ、丁寧に歌い上げる。普段聴いている楽曲の新たな魅力にファンも心を打たれているようであった。

スペシャルゲストとして、サンリオのキャラクターであるシナモンことシナモロールが登場。齊藤がセンターを務める「届いてLOVE YOU♡」をシナモンと一緒にダンス。齊藤は曲中のセリフを“シナモンくんと、みんなのことが大好きだよ!”とアレンジ。シナモンを囲んだ可愛さMAXのスペシャルなステージであった。

=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
=LOVE 、シナモロール<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE 、シナモロール<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ

“樹愛羅ちゃん、今からこの会場を盛り上げてもらってもいいかな? 頼んだよ、樹愛羅!”と言い残し、ステージから去る11人。1人残った齋藤は、“元気があればライブは盛り上がる”と、アントニオ猪木のキメセリフからタイトルコールをし、ヒャダインが作曲した「樹愛羅、助けに来たぞ」を投下。ミュージカルソング「ようこそ!イコラブ沼」、メガホンを片手にこれでもかとオーディエンスを煽る「いらないツインテール」、最新シングルの表題曲「探せ ダイヤモンドリリー」とアッパーなナンバーで畳み掛けていった。

本編最後は、プロデューサーである指原莉乃がこの日のために書き下ろし、結成日から本公演までの日数をタイトルとした新曲「866(ハチロクロク)」。“出会ってからもう2年経つね/早いようで遅いよな”という歌い出しから始まるイコラブの2年を想起させるようなバラードを、12人が声を震わせながら歌いつないでいく。歌詞がモニターに映し出される演出でファンとも想いを共有し、会場全体が感動的な空気に包まれる。涙ながらにセンターである髙松に抱きつく11人の姿が=LOVEの絆を象徴していた。

=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
齊藤なぎさ<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
齊藤なぎさ<=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ
ツイート
=LOVE <=LOVE デビュー2周年記念コンサート>|9月12日(木)中野サンプラザ

次ページ