乃木坂46 賀喜遥香、福岡を奔走!「まさかあんな多くの人に集まってもらえるとは」

乃木坂46 賀喜遥香、福岡を奔走!「まさかあんな多くの人に集まってもらえるとは」

乃木坂46 賀喜遥香、福岡を奔走!「まさかあんな多くの人に集まってもらえるとは」

乃木坂46の4期生・賀喜遥香が8月から行っている24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の1人全国キャンペーン福岡編が、9月9日に実施された。

賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)

8月5日〜6日の大阪、滋賀、広島、愛媛、16日の愛知、9月3日の栃木に続いて敢行した今回のPR活動。最初にFBS福岡放送入りすると、テレビ情報番組『バリはやッ!ZIP!』のコメント収録を行った。

<真夏の全国ツアー2019>福岡公演に続いて2度目の福岡訪問となった賀喜は、福岡と聞いて印象に残ったことをイラストで紹介。また、早朝放送の番組ということにちなんで、博多弁で視聴者に朝のメッセージを送る一幕もあった。

続いて、FM FUKUOKAへ移動すると3番組のコメント収録に参加。『Moving Monthly Style』では秋の行楽シーズンに行きたい場所、『Weekly Play List』では「聴くと走り出したくなる曲」というテーマでオススメの1曲を紹介。『カムカムFM FUKUOKA』ではニューシングルについて、“たくさんの曲が入っているので、すべての曲を聴いていただけたら嬉しいです”とコメントした。

賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)

午前中の収録を終え、昼食に福岡名物の鯛茶漬けをおいしくいただいたあとは、RKBラジオにて『カリメン』のコメント収録に臨む。この番組では賀喜がラジオリスナーの先生=“ウィークリーティーチャー”となり、さまざまなテーマをもとに自身のエピソードを披露していった。

そして、同局の天神きらめき通りスタジオに移動して『オトナビゲーション』の公開生放送に出演。平日の日中にも関わらず、サテライトスタジオ前には大勢の観客が駆けつけ、賀喜の呼びかけに大きな声で返事するファンの姿も見受けられた。

賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)
賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)

その後はHMV&BOOKS HAKATA、タワーレコードアミュプラザ博多店を訪問し、ポスターやメッセージカードにサインを入れ店舗スタッフに手渡したほか、ニューシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」が展開されている売り場の前で記念撮影も実施。そのほか、タウン誌『シティ情報ふくおか』WEB版の取材も受けた。

賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)

この日終盤のクライマックスとなったのは、LOVE FM『music x serendipity』とFM FUKUOKA『Hyper Night Program GOW!!』の公開生放送。ソラリアプラザ1F LOVE FMパークサイドスタジオにて実施された『music x serendipity』では、賀喜がゲスト出演する前から大勢のファンがブース前に集まる盛況ぶりを見せ、彼女のスタジオ登場とともに現場は熱気に包まれた。番組では数字にまつわるトークが展開され、賀喜は自身のラッキーナンバーである「8」についてのエピソードを披露した。

続く『Hyper Night Program GOW!!』の公開生放送では、番組開始以来最大級の観客動員を記録し、大きな盛り上がりを見せた。賀喜は自身の姿が見えにくい後方の観覧客にも、満面の笑みで手を振り続けていた。

賀喜遥香(乃木坂46)
ツイート
賀喜遥香(乃木坂46)

この日最後のキャンペーン活動は、KBCラジオ『ドォーモ×ラジオ』へのゲスト出演。DJのアナウンサーとともに、シングル収録曲やMV撮影時の裏話、特典Blu-rayに収録された「Documentary of 乃木坂46 4期生編」など多岐にわたってトークが繰り広げられた。

こうして福岡でのPR活動を無事終えた賀喜は、“今日は3本の生放送に出演させていただきましたが、どの番組もたくさんの方々に来ていただけてびっくりしました! まさかあんな多くの人に集まってもらえるとは思っていなかったので、本当にうれしかったです。改めて、たくさんの方々に支えられているんだなと実感しました”とこの日の感想を吐露。

そして、今週末の9月12日、13日に行う一人全国キャンペーンに向けて、“次の宮城、福島、北海道で一人全国キャンペーンもラストになりますが、最後までしっかりPRできるように頑張ります!”と、意気込みを語った。

これまでに全国各地で収録されたラジオ番組やテレビ番組も随時オンエアされているので、詳細は乃木坂46公式サイトと公式Twitterにて、ぜひ確認してほしい。