浅川梨奈[インタビュー]好きな人に「告られる」なら…?「理想のシチュはいっぱい出てきますよ(笑)」

浅川梨奈[インタビュー]好きな人に「告られる」なら…?「理想のシチュはいっぱい出てきますよ(笑)」

浅川梨奈[インタビュー]好きな人に「告られる」なら…?「理想のシチュはいっぱい出てきますよ(笑)」『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』インタビュー

9月6日(金)から公開される映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』へ出演する浅川梨奈。若手女優としての階段を駆け上がっている彼女へのインタビューが到着した。今回は収録エピソードをメインに、“告らせる”ための浅川の作戦(?)もピックアップ。

千花ちゃんとの共通点は“輪をかき乱すところ”

――映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』で藤原千花を演じた心境を教えてください。

浅川:
千花ちゃんは原作でとても人気の女の子。一番2次元の女の子なので、3次元にするのは難しく、お話しをいただいてから撮影にはいるまでは「どう演じよう…」と色々悩みました。監督から「アニメに寄せてください」とリクエストがあったので、「どこまで声を寄せた方がいいかな」「どこまで動きを寄せようかな」と思考錯誤しました。千花ちゃんが少しでも遠慮すると崩れてしまうパワーバランス的なものが生徒会には存在するので、思いっきり楽しく愛情を持って演じました。難しかったけど「役にハマってたよ」とスタッフさんにも言われて嬉しかったです。

――人気のキャラクターを演じるのはプレッシャーでしたか?

浅川:
プレッシャーがありすぎて、気づいたら痩せてました(笑)原作があるものはそれなりに大きなプレッシャーを感じますが、これだけ感じたのは映画『咲-saki-』以来でした。原村和役も千花ちゃんと同じくピンク髪の人気キャラクターで、実写化が不可能って言われてたんですけど、嬉しいことに好評で。その時の経験が自信や勇気につながっています。

――役作りは大変でしたか?

浅川:
撮影に入る1ヶ月前からまずは内股での生活をはじめました。それから普段の生活の中で「どうやったら千花ちゃんっぽい歩き方になる?」とか、物を取るときも「千花ちゃんならどう取る?」とか、電車に乗るときも「千花ちゃんならどこに座る? 座らない? 立つならどこに立つ?」をつねに意識しました。飲み物の飲み方とかドアの開け方まで。そうやって毎日色々考えながらちょっとずつ積み重ねて、1ヶ月ぐらいかけて大事に藤原千花という役を作りました。

――千花はご自分の性格とのギャップがあると思いますが、似ているところはありますか?

浅川:
私的には千花ちゃんと似ているところがないと思っていたんですけど、生徒会4人で座談会をした時に「一番キャラクターに似ている」と言われました。輪をかき乱すところや突拍子もないことを言うところ、とんでもないボケを連発するところ、あとキャピキャピするところが。自覚してなかったんですけど似てるそうです(笑)千花ちゃんが大好きなので嬉しいですね!

  • トップページ
  • インタビュー
  • 浅川梨奈[インタビュー]好きな人に「告られる」なら…?「理想のシチュはいっぱい出てきますよ(笑)」