兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」

兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」

兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」舞台<私に会いに来て>インタビュー

元HKT48の兒玉遥の新章が幕を開ける。今春、活動を再開した兒玉は、9月より舞台<私に会いに来て>に出演することが決定。アイドルから女優へ――表現者として新しいフィールドに足を踏み入れた彼女は、これからの活動に対して、今どのような想いを抱いているのか? “演じること”をテーマに、兒玉に話を訊いた。

兒玉遥
ツイート
兒玉遥

YouTuberごっこするのが、密かな楽しみ

――今回の舞台は女優としての第1歩になりますが、今後どういう役をやっていきたいと考えていますか?

兒玉遥:
さっきお話しした学生の役もですが、医療系もやってみたいですね。『コード・ブルー(-ドクターヘリ緊急救命-)』が、すごいカッコいいなって思ったので(笑)。この先の人生で人命救助ができる職業につくことはないだろうから、やってみたいなって思っています。

――今回、『コードブルー』や『チアダン』が話題に挙がっていましたが、目標に向かってチームで頑張っていくっていう設定も好きなんじゃないですか?

兒玉遥:
好きですね! 学生の頃、部活女子だったので、みんなで団結して1つのことをやり遂げるってことにけっこう惹かれます。

――学生の時は何部だったんですか?

兒玉遥:
バスケ部でした。ポジションはフォワード。でも、私は機能していないフォワード(笑)。なんにもできないからフォワードをやっている人みたいな。センターとかガードはチームの中で重要な役目だけど、フォワードってけっこうどうでもよくないですか?(笑)

――そんなことないですよ(笑)。

兒玉遥:
ホントお荷物メンバーでした(笑)。

――バスケは何年間やってたんですか?

兒玉遥:
中学校の時だけなんで、2年半ぐらいですね。

――最近はやってない?

兒玉遥:
やってないです。運動神経あんまりないんですよ、めっちゃ好きアピールしてるけど(笑)。

――では、最近ハマっていることは?

兒玉遥:
YouTuberごっこ(笑)。真似するのが好きなんです。

――映像は撮らない?

兒玉遥:
撮らないし、配信もしないです! でも、“みなさん、こんにちは! 今日はここに来ました。いえ〜い!”とかやってます(笑)。

――それ、1人で?

兒玉遥:
1人じゃないですよ! 友達と一緒にYouTuberごっこするのが、密かな楽しみです。

――息抜き?

兒玉遥:
息抜きです。楽しいですよ。

――YouTuberごっこ、今度やってみます(笑)。それでは最後に、読者にコメントをもらえますか?

兒玉遥:
これからが楽しみな女優さんだなって思っていただける演技をするように頑張りますので、ぜひ劇場に足を運んでください!

兒玉遥
ツイート
兒玉遥

舞台情報

映画『殺人の追憶』について
2003年に公開され、その年の韓国アカデミー賞(大鐘賞)では「作品賞」を初めとして、4部門に輝いた映画『殺人の追憶』。ポン・ジュノ監督によるこの映画は、韓国で観客動員500万人を突破して、当時としては記録的な大ヒットを記録。日本では第16回東京国際映画祭で上映、「アジア映画賞」に輝き、2004年3月に全国公開され、スマッシュヒットを遂げた。この映画の原作は、舞台<私に会いに来て>。2018年3月には日本初上演され、そしてこの度、2019年9月に新国立劇場小劇場・サンケイホールブリーゼにて上演する。

舞台<私に会いに来て>韓国版について
実際の猟奇殺人事件の資料をもとに創作された本作は、犯行の残酷性や猟奇性を鋭く描き出すセンセーショナルな内容と、捜査に当たる刑事たちのビハインドストーリー、それを演じる俳優たちのウィットに富んだ演技は観客や評論家からも高い評価を得ている。韓国では1996年の初演より、再演に再演を重ねている国民的大ヒット舞台である。2016年には舞台化20周年を迎え、ソウル・明洞芸術劇場での特別公演は大ヒットのうちに幕を下ろした。

舞台<私に会いに来て>概要
出演:藤田玲/中村優一 兒玉遥 西葉瑞希/グァンス(SUPERNOVA)/栗原英雄
*** 
大澤信児 高山猛久 田中 亮 畑中竜也 曾田彩乃 藤本かえで 髙石あかり / Anna(ヴァイオリン演奏)

原作:キム・グァンリム 
演出・映像:ヨリコ ジュン 
上演台本訳:後藤温子
日時・会場:2019年9月13日(金)~16日(月祝)東京・新国立劇場 小劇場
2019年9月19日(木)・20日(金)大阪・サンケイホールブリーゼ 

チケット料金:全席指定¥8,800(税込) 
チケット一般発売中

  • トップページ
  • インタビュー
  • 兒玉遥[インタビュー]表現者としての新章に馳せる想い「これからが楽しみな女優だなって思ってもらえるように頑張ります」