AKB48チーム8[ライブレポート]ファンとメンバーで掴んだ<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>開催

AKB48チーム8[ライブレポート]ファンとメンバーで掴んだ<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>開催

AKB48チーム8[ライブレポート]ファンとメンバーで掴んだ<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>開催

AiKaBu公式アイドル株式市場(アイカブ)アプリ内で開催した第2回ドリームチャレンジエールファンデングにて1位を獲得したAKB48チーム8長崎県代表の寺田美咲が実現したい企画であるライブイベント<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>が、2019年8月12日に新宿ReNYで開催された。

<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)

参加メンバーで考えたセットリストは11曲。 今回のイベントでしか見られないユニットなど、見どころも盛りだくさん。チーム8でのアイカブ最後となる過去最大規模でのイベントとなった。

この日参加したのは、御供茉白(山形県)、歌田初夏(愛知県)、髙橋彩香(長野県)、奥原妃奈子(島根県)、奥本陽菜(広島県)、春本ゆき(徳島県)、立仙愛理(高知県)、吉田華恋(福岡県)、川原美咲(佐賀県)、寺田美咲(長崎県)、山田杏華(大分県)、藤園麗(鹿児島県)の12人。

イベント実現までの道程「チーム8のフレッシュメンバーを知ってもらいたい」

このイベント実現に向けて、チーム8のフレッシュメンバーたちは、2019年4月26日から5月10日までアイカブで<2周年記念エールファンディング3種>に取り組んだ。 そのアイカブイベントでの見どころの1つが、チーム8若手メンバーによる<第2回ドリームチャレンジエールファンディング>イベントへの挑戦だった。チーム8の2代目メンバーが集結し、歌田初夏と川原美咲が発起して、フレッシュメンバー強化イベントを開催するために、13人のメンバーで“寺田美咲”への支援を呼びかけていた。

チーム8は2014年4月に結成し、今年で5周年を迎えた。初期のメンバーが卒業し、それ以降に加入してきたメンバーも多い。13人の若手メンバーが一致団結して、SNSで“#ガッツフレッシュ”を掲げ、オリジナル画像や動画を作成して、ファンに“寺田美咲”への支援を呼びかけた。そして多くのファンが賛同し寺田美咲を支援していた。

5月13日に発表された最終発表でも、寺田美咲は2位と大きな差をつけて堂々と1位にランクイン。最後まで駆け抜けて、圧倒的な強さを見せつけていた。そして、約3ヵ月後にようやくイベントとして実現したのが、今回の<チーム8ガッツフレッシュライブ>。“チーム8のフレッシュメンバーを知ってもらいたい”という想いを持ったメンバーたちの呼びかけに、多くのファンが応えて実現したイベントとなった。

ガッツチームとフレッシュチームで対決

Overtureが流れ、12人のメンバーがそれぞれデザインしたTシャツを着てステージに登場すると、まずは「へなちょこサポート」と「制服の羽根」を12人で披露。会場からも大きな声援が送られた。このファンからの熱いレスポンスに、緊張していたメンバーも笑顔になり、フレッシュなパフォーマンスで会場を魅了。

まずは1位に輝いた寺田美咲が“本日は本当に来てくださって、ありがとうございます! 最初で最後の一度切りのイベントです。最後まで一生懸命頑張るので、盛り上がってくれたら嬉しいです”と挨拶すると、会場からも再び大きな声援が起きた。

御供茉白(山形県)、歌田初夏(愛知県)、奥原妃奈子(島根県)、奥本陽菜(広島県)、吉田華恋(福岡県)、藤園麗(鹿児島県)のガッツチームと、髙橋彩香(長野県)、春本ゆき(徳島県)、立仙愛理(高知県)、川原美咲(佐賀県)、寺田美咲(長崎県)、山田杏華(大分県)のフレッシュチームに分かれてステージで対戦。勝利チームは、夜の部への参加権を獲得できることとなった。

ガッツチームは“ガッツチームはフレッシュチームよりも若いメンバーが多いので、若さを活かしてフレッシュに頑張りたいです!”と意気込みを語ると、フレッシュチームの立仙が“ちょい! ちょい! ちょい! あれほど、チームガッツにしてって言ったのに!”と語ると、会場も大爆笑。

川原「2代目の中でチーム8愛が1番強いと思っています!」

まずは“8秒アピール”でメンバー全員が8秒で自己アピール。奥原は“私はこの中でもすごく可愛くて!”をくり返すと、MCの『なすなかにし』が“8秒で可愛いを4回もくり返したね!”とツッコみ。奥本は“この1年で身長が6センチも伸びました。モデルの仕事もしたいです!”とアピールし、吉田はMCの『なすなかにし』の那須の似顔絵でナスを描くと、会場には爆笑が起き、『なすなかにし』も“めちゃめちゃいじってくるな!”とツッコんだ。

藤園は“エイトの中でも私は釣り師だと思っています。違うメンバーのウチワを持っているファンを今日は釣っていきたいと思います!”と語ると、大声援が返ってきた。御供は“私は食べるのが大好きです!”と、可愛く自己紹介。歌田は“私は考えることが大好きです!”、髙橋は“早口とパン作りが得意です!”と早口でアピールした。山田が“私はひーな(奥原)とエンジェルズというのをやっていますが、今日はひーなよりも天使っぽく頑張りたいと思います”と述べると、奥原が“ひなこちゃんの方が天使だから!”と返して笑いを誘った。これに対して『なすなかにし』は“女子高やな!”の一言。川原は、“2代目の中でチーム8愛が1番強いと思っています!”と宣言した。

寺田が“今日は桃ちゃん(大西桃香)が観に来てくれているので、頑張りたいと思います!”と語ると、『なすなかにし』が“桃ちゃんのケアも忘れないのが素晴らしい!”と褒め、会場からも大きな“桃ちゃん”コールが発生。『なすなかにし』が、“それでは、桃ちゃんの8秒アピールタイム!”と振ると、会場からも大声援が起きたが、続けて“あそこからの8秒アピールは飛び降りるしかないよ!”とツッコんだ。

春本は“腹踊りが得意なので、一瞬やります!”と腹踊りを披露すると、『なすなかにし』は“すごいよ! これなら20分アピールでもよかったよ!”と絶賛。大トリは、立仙が“今日はこの中で最年長ですが、でしゃばりっせんしないで頑張って行きたいと思います……”と延々と自己紹介を続けていると、立仙自身が“早く止めてください!”と懇願し、会場からも声援が起きた。『なすなかにし』も“バラエティになれスビやな”とツッコみ。

続けて、ライブコーナーではキュート楽曲を披露。「ハート型ウィルス」を御供、奥原、藤園、「ツンデレ」を山田、寺田がパフォーマンスした。

エイトーク・じぇすちゃーしりとりで会場盛り上がり

次は“エイトーク”ということで、チーム8のエピソードを披露。“ガッツフレッシュのここが変”というテーマでは、“立仙愛理ちゃんが変わっている! 人類の一歩上を行っている”ということから、藤園が立仙愛理のモノマネなどを見せた。ほかに“奥原の笑い方”や“山田がおつまみが好き”“春本の存在が楽しい”など、メンバーからの暴露トークが展開され、メンバーの仲のよさが伝わるコーナーとなった。

続けて、ライブコーナーでセクシー楽曲を披露。「抱きしめられたら」を歌田、奥本、吉田、「やりたがり屋さん」を川原、春本、立仙が自分たちで作った振り付けでパフォーマンス。歌田も“「抱きしめられたら」も超セクシーだったでしょ!”とコメント。

その後は、“ジェスチャーしりとり”で、メンバーがジェスチャーでしりとり対決を行った。メンバーが、“ごま”、“くま”、“まくら”、“ラッパ”など、さまざまなジェスチャーを披露するたびに、会場からも声援が。フレッシュチームのトップバッター山田がネタに困るたびにMCからフォローが入り、会場からも歓声が起きた。負けたフレッシュチームは“激スッパジュース”にチャレンジ。寺田は淡々とした表情で“わりといける! 大丈夫”と語った。

「夕陽を見ているか」では大コール

ライブコーナーでは、聴かせる歌の楽曲をパフォーマンス。「思い出せない花」を歌田、奥本、藤園、「夕陽を見ているか」を髙橋、寺田が披露した。歌い始めに髙橋から“今日はガッツフレッシュのイベントに参加してくれてありがとうございます! みさっきー(寺田)が卒業してしまうので、今日が最初で最後のガッツフレッシュのこのメンバーでやるイベントですが、最後まで楽しんでください”と語ってから楽曲に行くと、会場は大きな拍手と声援に包まれた。感動的な楽曲で会場を魅了。割れんばかりの「さやりん」「みさっきー」コールが起きた。

その後、ダンス楽曲となる「エンドロール」を奥原、吉田、「野蛮な求愛」を髙橋、川原、立仙が見せた。クールでダイナミックなパフォーマンスを展開すると、『なすなかにし』も“可愛さとカッコよさが融合しているね!”と絶賛した。

この会場が埋まるかどうかも心配していました

“私物プレゼントじゃんけん大会”では、メンバー12人の私物をじゃんけんで勝った会場のファンにプレゼント。代表して寺田が会場のファンとじゃんけん。寺田は自身の手作りミサンガを、髙橋は微生物のキーホルダーを、歌田がサイン入りの湿布を“エイトの日で筋肉痛になったので、3袋入っている湿布の1袋です”と提供すると、会場からも笑いが起きていた。

そのほかには、吉田、川原、奥原らはサイン入りノート、御供は山形県限定の付箋、山田は自身が授業で作った筆入、奥本はスマホケース、藤園はゴルフバッグに着けていたマスコット、春本はメガネケースをプレゼント。立仙は持ってきた囲碁の碁とイヤリングを会場でなくしてしまったため、コンタクトケースを提供することに。これに対して、『なすなかにし』が“急遽、宝探しが始まるやん”とツッコみを入れた。

最後のアピールタイムでは、ガッツチームは藤園がゴルフのスイングを披露。フレッシュチームはそれに対抗しようと、山田らが“みなさんのことが大好きです!”とが萌え台詞でアピール。会場からの立仙コールに、立仙も萌え台詞に挑戦した。

会場のファンからの拍手の大きさによって、フレッシュチームが勝利し、夜の部にも出演が決定。藤園が“1人のファンの方を見ていたのですが、私たちのチームにも向こうのチームにも同じように声援をしていました”と語ると、会場からも笑いが起きていた。

最後は、12人で「47の素敵な街へ」。会場は大きなガチ恋口上に包まれてヒートアップ。寺田が“楽しかったですか!?”と呼びかけると、大きな声援が起きた。続けて“本当に多くの方に集まっていただけて嬉しいです。この会場が埋まるかどうかも心配していました。こうやってイベントが実現できて本当に嬉しいです。本当にありがとうございました!”と挨拶。

このイベントが終わりではなく、通過点です

最後にメンバーがコメントを述べた。

立仙:
自分たちで作り上げたイベントができて良かったです。

奥本:
みんなで楽しんでできてよかったです。みなさんを笑顔にできたら良かったです。

春本:
こんなに多くの人に集まっていただいて、ありがとうございます! 今日はみなさんと一緒に楽しめました。

吉田:
2代目メンバーはエイトの中でも悔しい想いをすることもありました。でも、今日は自分たちの力で勝ち取った1位で、自分たちで作り上げたイベントができてよかったです。自分たちの力を最大限発揮できました! 最後にめくってくれますか?(ファンと一緒に自己紹介の吉田のめくってカレンダーで会場もヒートアップ)

山田:
最初から最後までみんなでイベントができて本当に楽しかったです。

御供:
今日は多くの方が来てくれて嬉しかったです。初めてのイベントで心配でしたが、ちゃんと最後までできて嬉しかったです。

髙橋:
ダンスを間違えてしまい申し訳なかったですが、これからも進化していきます! 今日は通過点だと思って甘目に見てください!

歌田:
多くの人に来ていただいて、本当に嬉しかったです。今日のイベントができたのはファンのみなさん、エイトのメンバーのおかげです。このイベントが終わりではなく、通過点です。2代目メンバーは悔しい想いをしたこともありましたが、先輩メンバーも温かく私たちを見守ってくれています。これから新しくチーム8に加入してくるメンバーもいますので、これからのチーム8を盛り上げられるイベントになっていれば良かったなと思います。

寺田:
このようなイベントが実現できて、本当に嬉しいです。みんなには期待しかしていません。

藤園:
本当に感謝ですね。こういうイベントができるのもみなさんがいてくれたからです。エイトの中でもみんな輝きたいという気持ちは一緒です。輝きたいという気持ちがあるので、多くの優しいファンが来てくださいました。次はもっと大きな会場でやりましょう!

川原:
今回のイベントを成長の通過点にしたいです。これから新メンバーが10人くらい入ってきます。2代目メンバーでチーム8を盛り上げていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

奥原:
今回のイベントは歌田と川原が私たちを引っ張ってきてくれました。こんなに多くのファンが来てくださるとは思っていませんでした。2代目も愛されているんだなと思い、本当に嬉しかったです。ありがとうございます!

最後の挨拶では、12人が素直な想いを語り、イベントを締め括った。

<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)
<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)
<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)
<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)
<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)
<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>新宿ReNY(2019年8月12日)

チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜

2019年8月12日
新宿ReNY

M1 へなちょこサポート:ALL
M2 制服の羽根:ALL
M3 ハート型ウィルス:御供、奥原、藤園
M4 ツンデレ:山田、寺田
M5 抱きしめられたら:歌田、奥本、吉田
M6 やりたがり屋さん:川原、春本、立仙
M7 思い出せない花:歌田、奥本、藤園
M8 夕陽を見ているか:髙橋、寺田
M9 エンドロール:奥原、吉田
M10 野蛮な求愛:髙橋、川原、立仙
M11 47の素敵な街へ:ALL

セットリストを見る
  • トップページ
  • レポート
  • AKB48チーム8[ライブレポート]ファンとメンバーで掴んだ<チーム8ガッツフレッシュライブ〜咲け咲けうちらの笑顔の輪〜>開催