フィロソフィーのダンス[ライブレポート]#踊るしかない2019炸裂!自慢の楽曲で客席をダンスフロアにチェンジ|六本木アイドルフェスティバル2019

フィロソフィーのダンス[ライブレポート]#踊るしかない2019炸裂!自慢の楽曲で客席をダンスフロアにチェンジ|六本木アイドルフェスティバル2019

フィロソフィーのダンス[ライブレポート]#踊るしかない2019炸裂!自慢の楽曲で客席をダンスフロアにチェンジ|六本木アイドルフェスティバル2019フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2019>ライブレポート

テレビ朝日が送る<六本木アイドルフェスティバル2019>が、7月26日(金)から28日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。多種多様なグループが白熱のパフォーマンスを展開し、真夏の六本木を熱く盛り上げた本イベント。本記事では、7月27日(土)のステージに立ったフィロソフィーのダンスのライブレポートをお届けしよう。

取材・文:渡辺ありさ

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2019>写真

まったくタイプの違う4人が集まり、まさに最強のベスト4の布陣でアイドル界でも実力派ユニットとしてその名を知らしめているフィロソフィーのダンス。この<六本木アイドルフェスティバル>で、改めて4人が放つズバ抜けた煌めきを目の当たりにすることとなった。

1曲目は、メンバー1人ひとりの個性が輝く人気曲「ダンス・ファウンダー」。コミカルだが、フィロのスらしいキレのあるクールなダンスが見どころだ。2曲目の「ラブ・バリエーション」では、初見でも真似しやすい振り付けでステージと客席を一体感で包む。

その盛り上がりのまま、新曲「ダンス・オア・ダンス」へ。奥津マリリを十束おとはと佐藤まりあがリフトし、日向ハルはアクロバットを披露。歌唱力もさることながら、彼女たちの豊かな表情からはオーディエンスを楽しませようとする旺盛なサービス精神がうかがえた。

ラストは、代表曲「ライブ・ライフ」。思わず身体を揺らしてしまうファンクナンバーでステージを締めくくる。“#踊るしかない2019”を掲げているフィロソフィーのダンスは、見事に客席をダンスフロアに変えた。

アイドル好きのみならず、さまざまなジャンルの音楽ファンを虜にする自慢の楽曲を通じて、フィロのスの魅力を20分間伝え続けた4人。多くを語らず、颯爽とステージを後にする姿も惚れ惚れするほど美しかった。

奥津マリリ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
奥津マリリ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
佐藤まりあ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
佐藤まりあ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
日向ハル(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
日向ハル(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
十束おとは(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
十束おとは(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2019>より|7月27日(土)六本木ヒルズアリーナ
  • トップページ
  • レポート
  • フィロソフィーのダンス[ライブレポート]#踊るしかない2019炸裂!自慢の楽曲で客席をダンスフロアにチェンジ|六本木アイドルフェスティバル2019