©2024『SOUND of LOVE』製作委員会

©2024『SOUND of LOVE』製作委員会

染谷有香、セクシーな中に漂う謎めいた部分を表現! 主演映画『SOUND of LOVE』メインビジュアル公開【コメントあり】

染谷有香が主演を務める映画『SOUND of LOVE』が、メインビジュアルを公開した。

映画『SOUND of LOVE』場面写真

同作は、ASMRを題材に音の快楽を求める人たちを描く物語。顔のない音の世界で知り合った男女が織りなす愛の物語は、“飽くなき性欲をも超える愛”へと到達していく。その先に待ち構えているものとは!?

主演は、グラマラスなボディを活かしグラビアにて人気を獲得し、現在は女優としても活躍する染谷有香。<第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン>のファイナリストでドラマを中心に活躍する樫尾篤紀も難しい役どころを熱演する。

公開されたメインビジュアルでは、染谷がセクシーな中に漂う、謎めいた部分を披露。樫尾も主人公の虜となる様を表現している。

そのほかに公式サイトとクラウドファンディングの開設、イベント開催なども発表された。

コメント

染谷有香:
今回演じさせていただいた明葉という人は、忘れられない過去を持ちながらASMRと出会い、人々を癒すことで自らも救われていた人なのじゃないかなと思います。音が持つチカラは強力で人をとことん魅了してしまう、そのことも理解しながら人と出会ってきた。交錯することは明葉にとっては日常で、私とも重なる部分が少なからずある……と思いました。ASMRのシーンなど初めて挑戦させていただくことも多かった現場ですが、撮影が始まってからの日々は丸ごと刺激的で、自然と吉川監督の世 界に誘っていただいたような体温が残っています。初めて物語の中心となる人を演じさせていただいて気づいたことは、人は自分でも気がつかないところでこんなにも関わっていただいた人、物ごと、の影響を大きく受けて生きているのかということでした。日常を生きるための非日常は私たちをどこまで連れていってしまうのか、劇場でともに体感していただけたら嬉しいです。

樫尾篤紀:
守屋恭一役を演じさせていただきました樫尾篤紀です。この映画は、吉川鮎太監督が創り出す世界観、そして聴覚で感じるASMRと愛の物語です。守屋を演じるにあたって常に想っていたのは愛です。愛を求め、愛されたいと思い、愛してくれる人を見つけたい、そして愛したいという想いを持って撮影に挑みました。切迫した心情や、人との関わりで緊張感を持ち続けるためには、精神的にも追い込まないといけなく、セクシャリティな部分も含めて全力で自己開放してぶつかって行きたいと感じていたので、自分にいろいろな負荷をかける必要がある思い、守屋の動きや声のトーンを作り出すために睡眠をあまり取らない方がいいのかなど考え実践し模索しました。自分にとってチャレンジな役柄なので、大胆に演じたいと思い、1つひとつのシーンがクライマックスなのではないかというくらいエネルギーを使いました。繊細な感情や葛藤を表現をするお芝居の広げ方や考え方を、現場で吉川監督から学びながら撮影に挑むことができ、今回の作品で僕を選んでいただいたことに感謝しています。愛に飢えて愛を求めた先に何があるのか。なぜ守屋は愛を求めたくなったか。染谷有香さん演じる明葉とのラブストーリーをぜひ劇場で観ていただきたいです!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 染谷有香、セクシーな中に漂う謎めいた部分を表現! 主演映画『SOUND of LOVE』メインビジュアル公開【コメントあり】