土居麗菜、私の新章のタイトルは「どいれな、天下獲りたい!」

土居麗菜、私の新章のタイトルは「どいれな、天下獲りたい!」

土居麗菜、私の新章のタイトルは「どいれな、天下獲りたい!」「new chapter -私の新章-」第2回:土居麗菜

表現者として新たな活動に臨んでいる人物の現在地に迫るインタビュー連載「new chapter -私の新章-」。

第2回目に登場したのは、今春立ち上がった芸能プロダクション『NRC PRODUCTION』への所属を発表した土居麗菜。これまでハロプロ研修生やダンスボーカルグループでの活動を通じて、多彩な表現を魅せていた彼女は、これから新しい環境で、どのような姿を届けていこうと考えているのか。

土居麗菜が、これまでの活動とタレントとしての新章への想いを語る。

編集協力:竹内伸一

ファンの方がいてくれたことが、自信につながりました

――これまでの活動で印象的な出来事と言われると、どんなことを思い浮かべますか?

土居:
私は12歳からアイドル活動を始めたんですけど、そこで初めて歌とダンスを習ったんです。周りの子はもともとダンスのスクールに通っていたり、違うグループで活動していたりした子が多かったんですけど、私はその時が初めてで、いきなりそういう子たちと一緒にやることになって。ホント、ダンスなんて全然できませんでした。やっている人からしたら超初歩的なこと……簡単なステップなんかも、“1・2・3・4っていうのは何?”みたいな感じでした(笑)。

――前途多難でしたね(笑)。

土居:
ははは(笑)。動画をもらって“これを観て覚えてきて”って言われるんですけど、そもそも覚え方がわからない(笑)。だから、立ち位置も3列目の1番端っことかでした。大変だったなあっていうのが最初の想い出です。

――それはハロプロ研修生の時代ですか?

土居:
そうです。やっぱりできる子からセンター、前列って決まっていくんですよね。

――できないからこそ努力したんでしょうね。

土居:
そうですね。やらないといけないので。できないっていうのは通用しないですから。それで先輩に“どうやって覚えていますか?”って聞いてみたんです。そうしたら“もらった映像をアプリで反転させて、スローで再生するんだよ”“ここの振りは、手はグーなのか、ちょっと柔らかく握っているのか、それだけで全然違うから、そういうところも細かく観て覚えているよ”って教えてくれました。それで、1個1個動きを確認しながら覚えるんだなってわかって、それからはめっちゃ頑張って覚えていました。

――まだ12歳でダンス経験がなければ、覚え方も知らないですよね。

土居:
小6から中学生くらいにかけての時ですね。大体、リハーサルの1週間くらい前に曲を渡されるんですよ。1回で5~6曲を覚えるんですけど、5~6曲って言うと大したことないように思えるかもしれないけど、1曲5分くらいありますからね。それが“×5”なので大変でした。さっき話したみたいに動画を反転させたり、スローにしたり、わからない動きはYouTubeで調べていました。ダンスの先生みたいな人が、たくさんレッスン動画を上げているじゃないですか。もうイチから教えてくれるんですよ。それを観ながら鏡の前で練習していました。そうやって覚えたものを、リハーサルの時にがむしゃらにやっていました。

――ご自身の中で転機というか、“私、何か掴んだかも?”と感じたタイミングはありましたか?

土居:
ハロプロ研修生の時の話だと、歌割りが多くなった時期がそうかもしれないですね。1年くらい経って、歌割りをけっこうもらえるようになったんです。ただ、ハロプロ研修生から昇格してデビューみたいな感じで、上の先輩たちがどんどん抜けていくので、序列が自然と上がったんですよね。それもあって歌割りが多くなったとは思うんですけど。でも、自分よりも後輩が入ってきちゃったし、しかも後輩とか関係なく自分よりもできる子が入ってくるので、もうやらないといけなかったんです。

――“最年少だからできません”みたいな言い訳もできなくなりますしね。

土居:
そんな言い訳できないですよ。それで“もうやるしかない”って頑張っていたら、歌割りがちょっとずつ増えていって、ダンスの位置も3列目の端っこから2列目の真ん中くらいになって。

――その当時、ご自身の武器は何だと思っていました?

土居:
どうだろう……頑張ってはいましたけど、パフォーマンスが上手な子ってホントいっぱいいたんです。歌とダンスは、いつまで経っても自信は持てなかったですね。だけど、目力をほめられることはすごく多かったんですよ。

――それってアイドルをやる上では絶対に武器になりますよね。

土居:
そうなんです。“熱意が伝わってくる”とか“頑張っているのが目を見てわかる”って言ってもらえるようになって、チャームポイントは“目力”って言うようになりました(笑)。

――ダンスがすごく上手だったり、音程やピッチが完璧な歌が歌えたとしても、観ている人を感動させられるとは限らないじゃないですか。

土居:
もちろん100点満点のパフォーマンスは大事なんです。そこはできて当たり前の部分だったりするので、その上で自分の個性を出していくことが必要……アイドルは歌うだけの人でもないし、ダンサーでもない。やっぱりアイドルは“アイドルという職業”なんですよね。それは、何か惹きつけるものがないとダメなんだと思います。それが私の場合は目力なのかなと。でも、惹きつけてきたのかな……よくわからないです(笑)。ただ、大人の方からも目力はよくほめてもらいます。あと、ハキハキしているところも。

――観ている側は、土居さんの目力から自信を感じるんじゃないですかね。自信がないように見えてしまうと、“この子大丈夫かな”って心配になって、惹きつけられなかったりしますから。

土居:
自分ではよくわからないですけどね。アイドルに限らず、どの分野でもそうだと思うんですけど、回を重ねたら誰でもウマくなるし、自信もつくと思うんです。アイドルの場合、そうなってくるとファンの方が増えていくんですよ。それこそペンライトの数だったり、自分のTシャツを着ている人の数だったりが目に見えて増えていくのを目の当たりにすると、歌とダンスはもしかしたらまだ100点ではないかもしれないけど、自信にはなるんですよね。少なくとも私はファンの方がいてくれたことが、自信につながりました。

土居麗菜
ポスト
土居麗菜

次ページ

  • 1