AKB48チーム8 横山結衣、初挑戦のミュージカル<青い鳥>2019。さまざまな表情と仕草で会場を魅了!

AKB48チーム8 横山結衣、初挑戦のミュージカル<青い鳥>2019。さまざまな表情と仕草で会場を魅了!

AKB48チーム8 横山結衣、初挑戦のミュージカル<青い鳥>2019。さまざまな表情と仕草で会場を魅了!

2019年8月2日(金)から8月4日(日)まで、東京・新宿の全労済ホール/スペース・ゼロにてミュージカル<青い鳥>2019が上演される。AKB48チーム8青森県代表の横山結衣とチーム8神奈川県代表の小田えりなが出演。8月1日に舞台稽古とゲネプロが開催された。

誰もが知っているメーテルリンクの世界的名作童話『青い鳥』をミュージカルで上演。横山結衣は「猫のチレット」役で、小田えりなは「光の妖精」役で出演する。

小田えりなは<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦ファイナリストLIVE>に出演するなど、48グループを代表する歌姫として歌唱力が定評。また横山結衣はグループやメンバーのダンスの振付を行ったりハードなダンスナンバーの「蜂の巣ダンス」でセンターを務めるなど、ダンスパフォーマンスには定評がある。今回のミュージカルは48グループの歌姫とダンス女王の2人が出演していることでも注目度が高い。

AKB48チーム8 横山結衣<青い鳥>2019|新宿の全労済ホール/スペース・ゼロ

猫っぽい仕草に注目

初めてミュージカルに挑戦する横山結衣が演じる「猫のチレット」は、猫になり切った可愛いらしい仕草、天真爛漫でいたずらっぽい表情や悪だくみを見せる目つき、ダイナミックなダンスパフォーマンスが見どころ。いつもの元気な横山結衣らしい役柄だが、アイドルの横山結衣とは違った多彩な表情や仕草を見せる。

また横山が演じる「猫のチレット」は、ストーリー展開においても重要な役。横山の響き渡る美しい歌声と猫のような可愛らしい声のギャップで観客を魅了。ゲネプロ後の舞台稽古でも、舞台で一生懸命に稽古を積み重ねる横山の姿が印象的だった。

今回のミュージカルは子どもたちの演者も多く、子どもたちと絡むシーンも注目。

AKB48チーム8 横山結衣
ツイート
AKB48チーム8 横山結衣

天性の小悪魔的なキャラを活かしていました

ミュージカル<青い鳥>のスタッフは、小田と横山の舞台裏での様子について“ふだんはやらないような発声練習などを熱心に行っていました。すごく一生懸命に役に入り切る努力をしていて。チルチルとミチルが3パターンあるので、3パターンの稽古をしないといけなかったので、とても大変な稽古とレッスンでした。それでも2人とも楽しんでやっているように見えました”と語っていた。

横山結衣については“横山さんの天性の小悪魔的なキャラを活かしていました。横山結衣さんにぴったりの役柄だと思います”とコメント。

ミュージカル<青い鳥>の上演は8月4日まで。3日間で終わってしまうのはもったいないくらい見どころの多いミュージカルだ。

AKB48チーム8 横山結衣
ツイート
AKB48チーム8 横山結衣
  • トップページ
  • レポート
  • AKB48チーム8 横山結衣、初挑戦のミュージカル<青い鳥>2019。さまざまな表情と仕草で会場を魅了!