サブカル的王道アイドル『白百合と雨』[デビューライブレポート]マーキュロ、ベロティカ、クララ・マグラ、ガラチア、一堂に会したサークルライチの宴

サブカル的王道アイドル『白百合と雨』[デビューライブレポート]マーキュロ、ベロティカ、クララ・マグラ、ガラチア、一堂に会したサークルライチの宴

サブカル的王道アイドル『白百合と雨』[デビューライブレポート]マーキュロ、ベロティカ、クララ・マグラ、ガラチア、一堂に会したサークルライチの宴<サブカル Vol.零ツー>ライブレポート

レーベル『サークルライチ』主催イベント<サブカル Vol.零ツー>が、5月19日(日)に渋谷・WOMBLIVEにて開催された。

同イベントでは、サークルライチの第3期グループ・白百合と雨がデビュー。“サブカル的王道グループ”として、唯一無二の個性を見せつけたステージを展開した。

彼女たちの誕生を祝うかのように、マーキュロ、ベロティカ、クララ・マグラ、ガラチアも強烈なパフォーマンスを轟かせた同イベントのレポートをお届けする。

取材&文:冬将軍

レーベル『サークルライチ』が主催イベント<サブカル Vol.零ツー>を2024年5月19日(日)、渋谷・WOMBLIVEにて開催した。昨年11月2日(木)のレーベル設立以来、所属グループが一堂に会するイベントとして定期的に行なわれているものだ。レーベル設立から半年という節目に第3期グループ、「白百合と雨」が誕生、この日がデビューライブとなった。

白百合と雨は、“王道”を謳ってはいるものの、そこに相対する“サブカル”が根幹にある同レーベルのことだ。一筋縄ではいかないグループであることは察しがつくだろう。サークルライチとしては、5番目のグループになる。他を見てもレーベル内での新グループの誕生ペースは極めて早い。同レーベルの躍進は、アイドルという求められる偶像が大きく変化していることを証明している。負の感情を吐き出し、絶望を掲げながらも救済の手を差し伸べるマーキュロがZ世代の代弁者となっているように、サークルライチの存在がそうした若者にとっての心の拠り所となっている現状……それを改めて感じた夜であった。

ガラチア 美しく狂おしいステージ

ガラチア
ポスト
ガラチア

“トッパーを務めさせていただきます、ガラチアです。みなさん、とくと盛り上がっていきましょう!”

傀儡シアが不敵な笑みを浮かべながらそう挨拶すると、今宵の先鋒、ガラチアのステージが幕開ける。オープニングナンバーはヘヴィなギターサウンドと不穏なメロディが絡み合う「閉鎖的SWEETIE」だ。“美・狂 を表現する『耽美過激表現集団』”を標榜する彼女たち。サークルライチの中でも際立ってそうした耽美で過激でアングラな香りをかぐわせながらダークな雰囲気を放つ、大阪発の8人組だ。しかしながら本公演では繕夜イヴが体調不良のために欠席、7人でのパフォーマンスとなった。

エッジィなサウンドに乗せ、自らのグループ名を高らかに掲げる「未羅ヰ無」で自分たちの存在をしっかりとオーディエンスの心に刻み込んでいく。水城アオイの鋭い歌声と暁あめの純朴で明瞭な声のコントラストがガラチアのグループとしての振り幅を感じさせる。4月に加入したばかりの巫呂ゆにもパワフルにその存在感を轟かせていく。漂わす不穏な空気をそのままに「数え歌」へ。呪術的な平歌から解放されるようなサビへと変わる緩急が心地よい。七ヲななのしっかりと響く芯のあるボーカルと、どこか陰を持った宵闇ライの歌がずっしりと響いた。

“ずっと妹気分でいたら、お姉さんになってましたね”と、新しい妹グループのお披露目を祝福すると、“俺たちはずっとお前のこと思ってるよ”とアオイのセリフから「アイタイ」へ流れた。そして、スリリングな楽曲展開に泣きメロディが狂い咲く「KAMIKAZE」でライブのボルテージを一気に上げる。間奏のブレイクダウンで“お前ら全員畳め!”とシアが叫び、フロアを埋め尽くした頭が一斉に揺れた。ラストは「クロウ」でトドメ。美しく狂おしい、ガラチアはステージを去っていった。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • サブカル的王道アイドル『白百合と雨』[デビューライブレポート]マーキュロ、ベロティカ、クララ・マグラ、ガラチア、一堂に会したサークルライチの宴