モーニング娘。’24[ライブレポート]さらなる高みを目指す決意を示した武道館公演

モーニング娘。’24[ライブレポート]さらなる高みを目指す決意を示した武道館公演

モーニング娘。’24[ライブレポート]さらなる高みを目指す決意を示した武道館公演

モーニング娘。’24が、5月27日(月)に日本武道館で単独ライブ<モーニング娘。'24コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL>を開催した。

9年にわたってグループのリーダーを務めていた譜久村聖が、昨年の秋ツアーをもってグループを卒業。新たに生田衣梨奈がリーダーとなった新体制で臨んだ春ツアーのファイナルとして行なわれた同公演。会場に約9,000人のファンが訪れたほか、全国47都道府県の50以上の映画館でもライブビューイングを実施。さらにはオンライン動画サービスHuluでもライブ配信されるなど、全国13都市31公演を巡ったツアーのラストにふさわしい公演となった。

ライブ中には、新体制後初となる通算74枚目のシングル「なんだかセンチメンタルな時の歌/最KIYOU」(両A面)」を8月14日(水)に発売することをサプライズで告知。また、ライブ前日の夜に、今秋のツアーをもってグループから卒業すること発表したサブリーダーの石田亜佑美が“最後まで魂を燃やして駆け抜けます!”と、卒業への思いに触れる一幕もあった。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<モーニング娘。'24コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL>日本武道館(2024年5月27日)

開演前の会場は、卒業を発表した石田のメンバーカラーである青一色に。ライブは「One・Two・Three(23Ver.)」でスタートし、「Wake-up Call〜目覚めるとき〜」「HappybirthdaytoMe!」「HEAVYGATE」とアップチューンなナンバーを畳み掛け、ファンを自分たちの世界へ冒頭から引き込んでいく。

冒頭のMCでリーダーの生田が“日本武道館にお集まりのみなさん! こんばんは”と挨拶したのち、石田が“たくさんの応援の声や、寂しいという声も届いています。本当にありがとうございます”と、自身の卒業発表に関しての周囲の反応を告白。続けて“私はモーニング娘。の魂が大好き。卒業発表しましたが、今日はツアーファイナルなので、モーニング娘。の魅力をみなさんにぶつけます。どうか最後までお楽しみください!”と力強く宣言し、ファンから大きな拍手が巻き起こっていた。

さらにここで“みなさんの「もっと」に応えるべく、新曲を世界初披露したいと思います!”と、小田さくらがサプライズで発表すると、会場から再び大きな歓声が。ファンからの声援を受ける中、8月発売予定の両A面シングルから「最KIYOU」を初披露する。

「最KIYOU」は山﨑愛生と北川莉央のフェイクでスタートし、2人のフェイクが会場を一気に新曲の世界へと引き込んでしまう。ほかにも、先日加入1周年を迎えた17期メンバーの井上春華と弓桁朱琴のサビ前のパートや、野中美希と横山玲奈によるラップなど、随所に聞きどころが散りばめられていた。

新曲披露のあとは「ギューされたいだけなのに」「私のなんにもわかっちゃない」「青春小僧が泣いている」「KOKORO&KARADA」と最初のターンとは違う、ミディアムナンバーを披露。グループとしての楽曲の多彩さ、メンバーの表現力の幅の広さでファンを魅了していく。

その後MCコーナーを挟み、懐かしいシングルやアルバム曲を歌うシャッフルユニットコーナーへ。生田、石田、野中による「恋は時に」でスタートすると、今の季節にぴったりな「春 ビューティフル エブリデイ」を羽賀朱音と北川が優しく歌い、岡村ほまれと山﨑は元気いっぱいに「彼と一緒にお店がしたい!」をパフォーマンス。ほかにも「Style of my love」(小田・牧野真莉愛・弓桁)、「INDIGO BLUE LOVE」(横山・櫻井梨央・井上)、「怪傑ポジティブA」(生田・小田・羽賀・横山・北川・井上)と、このツアーだけの魅力がギュッと詰まった時間が続く。

また、石田、野中・牧野・岡村・山﨑・櫻井、弓桁が歌う「色っぽいじれったい」では、冒頭の色っぽいセリフを牧野と櫻井が担当。2人の吐息まじりの声に、会場からは大きな歓声が起こっていた。

その後は、モーニング娘。のライブには欠かせないメドレーへ突入。毎回、作り込まれた曲間のつなぎや、ノンストップでパフォーマンスを続けるメンバーが話題となるが、今回も怒涛のメドレーを展開。「SONGS」「Tokyoという片隅」「君さえ居れば何も要らない(updated)」「Teenage Solution」「What is LOVE?(23Ver.)」などを歌い、会場を埋め尽くしたファンを熱狂させ続けた。

メドレーの後は、ファンへ向けた感謝の気持ちとライブの感想をメンバーが述べていく。

1年前の武道館公演でお披露目された17期メンバーの井上は、その際に客席からライブを観ていたことを振り返り“その時の感動が蘇ってきた。いつまでも初心を忘れないように頑張りたい”とコメント。

櫻井と山﨑、岡村はツアーを振り返り、ファンへの感謝を口にする。“たくさんの歓声に包まれてコンサートができたことが嬉しい”(櫻井)、“上を目指して頑張ることを目標にツアーに取り組んできました。これからも成長できるように頑張ります”(山﨑)、“ライブのない平日はファンの方に会えなくて寂しかった”(岡村)。

ライブ中に涙を流すファンを見たという北川は“楽曲の持つ力を実感しました”と語り、“これからも、その力を私たちが大きくして届けていきたい”と、さらなる飛躍を誓う。横山は、声援をアラームにしたいとファンに懇願。“横山!と、ちょっと強めに言ってください”と言い、ファンからの大声援に“毎日、いい目覚めができそうです”と笑顔を見せていた。

羽賀は“私はモーニング娘。の曲が大好き。もっと上を目指して、いろんな人に曲を伝えていきたい”と話し、同期の牧野は“6月2日、エスコフィールド北海道で待っています!”と大好きな日本ハムファイターズで自身が行なうファーストピッチをPR。

野中は“素敵なコンサートありがとうございました”とファンへの感謝を口にし、小田はライブ途中で体調不良になってしまった弓桁に触れ“あこちゃん(弓桁)はみなさんに楽しんでいただくために頑張っていたので、赤いサイリウムはそのままにして楽しんでいってください”と弓桁のファンへ優しく語りかけていた。

石田は大量に汗をかいてしまい照れ笑いを見せるも“でも、こんなに本気になれるのがモーニング娘。ライブをしている時間が生きているなと思える”と達成感にあふれた表情を見せ、最後を締めくくるリーダーの生田は“もっともっとみんなにとって、今のモーニング娘。が続けばいいなっていうグループになればいいなと思います”と、今のグループの体制に自信をのぞかせていた。

ラストスパートでは「Are you Happy?」「君の代わりは居やしない」「Password is 0」というライブの定番ナンバーを歌い上げ、最後は「わがまま気のまま愛のジョーク(23Ver.)」。サビ部分のコール&レスポンスで、ファンの“愛されたい!”の大合唱が武道館に響き渡り本編は終了となった。

アンコール後は、先に披露した「最KIYOU」の両A曲となる、つんく♂作詞&作曲の「なんだかセンチメンタルな時の歌」でスタート。体調不良で途中退場していた弓桁も復活し、全員揃ってのパフォーマンスを果たす。その後は「HOW DO YOU LIKE JAPAN?〜日本はどんな感じでっか?〜」を披露したのち、再びMCへ。

MCでは昨日卒業発表をした石田が、再び卒業に対する今の想いを語る。“私は今日、「もっと」モーニング娘。が好きになってしまいました。モーニング娘。には長い歴史がありますが、どの時代にもその時ならではの素敵なところがある。だから今も、今にしかないグループの魅力があると思っています。みんなで今を積み重ねて、最後まで魂を燃やして駆け抜けますので、最後まで応援をよろしくお願いします!”と感謝と決意を口にしていた。

ラストは「Be Alive」と「ここにいるぜぇ!(23ver.)」を歌い、新体制で駆け抜けた春ツアーを締めくくった。ツアータイトルの<MOTTO(もっと)>には、もっとやれる、もっと上を目指すなど、現状で満足するなというメッセージが込められているという。まさに今回の武道館公演は、新体制のもと、もっと上を目指すグループの今が感じられるライブとなっていた。

<モーニング娘。'24コンサートツアー春 MOTTO MORNING MUSUME。FINAL>

2024年5月27日(月)
日本武道館

M1 One・Two・Three(23 Ver.)
M2 Wake-up Call~目覚めるとき~
M3 Happy birthday to Me!
M4 HEAVY GATE
M5 最 KIYOU
M6 ギューされたいだけなのに
M7 私のなんにもわかっちゃない
M8 青春小僧が泣いている
M9 KOKORO&KARADA
M10 恋は時に/生田・石田・野中
M11 春 ビューティフル エブリデイ/羽賀・北川
M12 Style of my love/小田・牧野・弓桁
M13 INDIGO BLUE LOVE/横山・櫻井・井上
M14 彼と一緒にお店がしたい!/岡村・山﨑
M15 怪傑ポジティブ A/生田・小田・羽賀・横山・北川・井上
M16 色っぽい じれったい/石田・野中・牧野・岡村・山﨑・櫻井・弓桁
M17 ロマンスに目覚める妄想女子の歌
M18 よしよししてほしいの
M19 SONGS
M20 Tokyo という片隅
M21 君さえ居れば何も要らない (updated)
M22 Teenage Solution
M23 純情エビデンス
M24 What is LOVE?(23 Ver.)
M25 Are you Happy?
M26 君の代わりは居やしない
M27 Password is 0
M28 わがまま 気のまま 愛のジョーク(23 Ver.)
M29 なんだかセンチメンタルな時の歌
M30 HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
M31 Be Alive
M32 ここにいるぜぇ! (23 ver.)

■新譜情報
発売日:2024年8月14日(水)
74thシングル「なんだかセンチメンタルな時の歌/最 KIYOU」(両A面)