TOROi、1周年記念フリーワンマン開催決定! プロデューサーが結成秘話を語る「自分たちが今面白いと思うことを、この時代に見つけていこうぜみたいな感じの波長があった」

TOROi、1周年記念フリーワンマン開催決定! プロデューサーが結成秘話を語る「自分たちが今面白いと思うことを、この時代に見つけていこうぜみたいな感じの波長があった」

TOROi、1周年記念フリーワンマン開催決定! プロデューサーが結成秘話を語る「自分たちが今面白いと思うことを、この時代に見つけていこうぜみたいな感じの波長があった」

結成から1年を迎えるアイドルグループ・TOROiが、6月18日(火)に中野・heavy sick ZEROにて1周年記念フリーワンマンライブ<TOROi FiRST ANiVERSRY FREE GiG >を開催することが決定。それを記念して、本記事では、TOROiのプロデューサー陣による対談をお届けする。

俺の八月の第一印象って“なんだあの泣いているヤツは”だったかな

八月ちゃん:
はい!(録音を)回しました。

???:
じゃあ、どこから話そうか。

八月ちゃん:
まずこの対談はTOROiがもうすぐ1年を迎えるという節目に、グループの結成秘話を1人でも多くの人に知ってもらいたいなぁと思い、対談形式の特集としてTOROiの公式サイトに掲載しようかなと。とにかく、思い立って録音を回しております。 はい……ということで、この対談は2人でお送りします。まず初めに私、プロデューサーの八月ちゃんでございます。そして、ななななんと……!(笑)

???:
あぁ、そこから?(笑)

八月ちゃん:
ふふ、そうですよ(笑)。まずは紹介をしないと! はい!対談のお相手は、“SYK”さんです。TOROiの曲によっては作詞にSYKさんのお名前が載っていたりするからTOROiのコアなファンの方の中には“この人は一体誰なんだろう?”って思っていた人もいるんじゃないかなと。

SYK:
あと、(ライブの)現場に来ている人はきっとそう思っているよね。

八月ちゃん:
確かに! ではさっそく“ネタばらし”……というほどでもないけど、ネタばらし的に話を進めていくと、“TOROiには実はプロデューサーが2人いる!”ということが今回明かされるわけです。

一同:
(笑)。

SYK:
そうだね、なぜプロデューサーが2人体制なのかということは、結成秘話を話せばいろいろなことがなにかしら繋がってくると。

八月ちゃん:
結成秘話を話すことで、SYKさんと八月ちゃんの2人のプロデューサーで、なぜこの“TOROi”というグループを始めることになったのかが多分わかります。うーん、だけどどこから話そう。

SYK:
もう、前置きなくいこうか(笑)。

八月ちゃん:
そうですね。前置きなく言うと、約2年前のことですね。

SYK:
なんだかんだね。

八月ちゃん:
なんだかんだ約2年前ですね。詳しくいうと2年前の5月に、Tさんという方が亡くなられたんです。

SYK:
そうですね。驚きのね。嘘なんじゃないかって思ったよね。

八月ちゃん:
そうそう、嘘であってほしかったです。まぁ、そんな悲しいことがありまして……。ちょっと長くなってしまうんですが、やっぱりちゃんと経緯を話しますね。私は以前、2014年夏から6年間くらい“おやすみホログラム”(通称:おやホロ)というユニットで活動をしていました。 そのユニットを2020年10月に脱退して、ソロ活動を開始して1年半くらい経とうとしていた時ですね。当時の私は弾き語りのライブをしつつ、新宿のコールセンターでバイトをしていたんです(笑)。

SYK:
フフッ(笑)。

八月ちゃん:
そんなある日の夜に、Tさんが亡くなったと悲しいお知らせを知るわけです。そのお知らせを聞いた次の日も当たり前にコールセンターのバイトがあるわけですが、ボーッとしちゃって仕事が手につかないくらいショックでした。で、休憩時間もボーッとしながら、Twitterを見ていたんです。

SYK:
うん。

八月ちゃん:
そしたら、おやホロの時によくライブに来てくれてお世話になった方たちのツイートが流れてきて、Tさんを偲ぶためその日の夜に新宿BLAZE前に集まると知りました。でも、一応は演者側でもある私が勝手に行ったら場違いじゃないかなぁとか、少し悩んだんですけど……でも、もうとにかく悲しくて。Tさんは、活動を始めたての2014年夏にお客さんが2人しかいなかった弾き語りのライブにも来てくれたり、たくさんツイートでいじってくれた……とてもお世話になった方の1人だったので……やっぱりいても立ってもいられず。“今日行かなかったら、たぶんずっと後悔しそう!”と思って、もう完全に自分の気持ち優先で、バイト終わって新宿BLAZE前に直行したんです。 そしてその新宿BLAZE前でSYKさんと初めて会うんですよね。

SYK:
そうだね。ちなみに俺は、おやすみホログラムを2、3回ぐらいしか観たことない。だからもちろんチェキも行ったこともないし~……。 あとまぁ、仮にチェキを撮りに行くとしても八月ではなかっ……

八月ちゃん:
(食い気味に)オイオイ!!!(笑)

一同:
あはは(笑)。

八月ちゃん:
まぁそんな状況で、私が新宿BLAZE前に泣きながら登場するんですよね(笑)。

SYK:
そうねぇ、だから俺の八月の第一印象って“なんだあの泣いているヤツは”だったかな。

八月ちゃん:
みんなに“(泣くの)早えぇよー”って笑われましたね(笑)。

SYK:
それであとあとほかの人から、“あれが八月ちゃんだよ”って教えてもらって、“はぁ? なんだ、あいつ(笑)”って(笑)。

八月ちゃん、SYK
ポスト
八月ちゃん、SYK

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • TOROi、1周年記念フリーワンマン開催決定! プロデューサーが結成秘話を語る「自分たちが今面白いと思うことを、この時代に見つけていこうぜみたいな感じの波長があった」