<AKB48 柏木由紀 卒業公演>AKB48劇場(2024年4月30日/©AKB48)

<AKB48 柏木由紀 卒業公演>AKB48劇場(2024年4月30日/©AKB48)

AKB48[柏木由紀 卒業公演レポート]あふれる感謝の気持ちを伝えて17年間の活動を終幕「みなさんのおかげで楽しいアイドル人生を送れました!」

AKB48が、4月30日(火)にAKB48劇場にて<AKB48 柏木由紀 卒業公演>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<AKB48 柏木由紀 卒業公演>AKB48劇場(2024年4月30日)

“AKB48 柏木由紀”の最後のステージを見届けようと劇場に集まった250名の大声援に包まれる中、初の単独センターを務める卒業シングル「カラコンウインク」で幕開け。さらに自身も選抜入りを果たしたAKB48の代表曲「言い訳Maybe」、チームBの代表曲であり劇場公演でセンターを務めていた楽曲「シアターの女神」でオープニングを飾り、早くも場内の一体感を高めた。

冒頭のMCでは、柏木が“みなさんが「この後もつのか?”というくらいの熱量のコールをかけてくださるんですけど、今日は17年間のAKB48最後の日なので、みなさんの目に焼きついてずっと忘れないようなパフォーマンスをお届けしたいです!”と挨拶。また“柏木由紀を一言で表すと?”をテーマにトークがくり広げられ、柏木は自分自身について“言っちゃうよ? 私が「レジェンド」です!”と宣言。“さすがにAKB48 17年、32歳までというこの記録は、そうそうとんでもない子が出てこない限りは抜かれないかなと思います! 暫定AKB48の「レジェンド」として名前を残せたかなと思います”と胸を張った。

続くパートでは、倉野尾成美・田口愛佳・平田侑希・水島美結と「涙の湘南」、下尾みう・向井地美音と「涙に沈む太陽」、小栗有以・山内瑞葵と「ジッパー」、大盛真歩・千葉恵里と「口移しのチョコレート」、佐藤綺星・秋山由奈・八木愛月らと「遠距離ポスター」を披露するなど思い入れのあるユニット曲を次々とパフォーマンス。村山彩希とはデュエットで「てもでもの涙」を歌唱し、美しいハーモニーでファンを魅了。柏木の持ち味である多彩な表現力と伸びやかな歌声が光るパフォーマンスの数々に、場内の声援もさらに熱を帯びていった。

終盤に差し掛かると、チームB公演で柏木が初めてソロパートをもらった曲であり、冒頭の“かしわぎちゃーん!”コールでもファンにお馴染みの「Two years later」、2011年の<AKB48選抜総選挙>で初めて3位にランクインした楽曲「フライングゲット」など柏木にとって思い出深い4曲でラストスパート。そして、小嶋陽菜とのWセンターとして初めてシングル表題曲のセンターを務めた楽曲「Green Flash」で本編を締めくくった。

アンコールでは柏木のAKB48人生を振り返る軌跡映像が流れ、ピンクの花が散りばめられた卒業ドレスに身を包んだ本人がステージに登場。自身のソロ曲である「夜風の仕業」をしっとりと歌い上げ、全員で「桜の花びらたち」を熱唱。

卒業スピーチでは“「今の大好きなみんなに見送ってほしいな」というのが最後に私が見つけた夢だったから、それが今日叶いました。最後にみんなに「AKB48にいてくれてありがとう」って言ってもらえて、私の17年のアイドル人生が本当に素敵な形で幕を閉じれたなとファンのみなさんとメンバーに感謝しています。今のAKB48で卒業できて本当に幸せだったなと思います! これからもファンの方がいてくれる限り歌って踊ってステージに立ち続けて、何年か経った後に「やっぱり柏木由紀ってアイドルだったね」って言ってもらえるような活動をしていきたいなと思いますので、これからもアイドル活動を見守ってほしいですし、これからのAKB48を温かく見守っていただけたらなと思います。17年間、本当に本当に温かい声援をありがとうございました! 本当に楽しかったです!”と目を潤ませながら感謝を伝えた。

するとここで、秋元康からの手紙のサプライズが。向井地が代読し“柏木、卒業おめでとう。(中略)決して、恵まれたポジションじゃなくても、愚痴を言うこともなく、腐ることもなく、いつも笑顔で頑張ってた。みんな、なんでだと思う? 「それがアイドルだから」。柏木はね、ポジションや歌割りやミュージックビデオのカット割に文句を言う前に、まず、この場にいさせてくれてありがとうございますって、ファンや神様に感謝していたんだよ。後輩たちは、ずっと、そんな柏木の背中を見て来た。ファンもね。だから、柏木のファンって、ずっと応援してくれる。柏木由紀は連続ドラマなんだ。単発のスペシャルドラマと違って、2007年からずっと、見続けないとわからない。ファンのみなさん、後輩たち、これからも、見続けてください。柏木由紀の物語”と愛情溢れるメッセージが送られると、柏木は“17年間秋元先生が見てくれてたんだなって思いますし、私が1番大事にしていた「アイドルになれたことを幸せに思ったり、ファンに感謝すること」が先生にも伝わったのがわかって、改めて17年間を肯定してもらえて嬉しかったです”と顔をほころばせた。

最後はチームB初のオリジナル劇場公演の1曲目であり、チームBの代表曲である「初日」を披露。涙が止まらない後輩メンバーたちと一緒にお馴染みの円陣を行ない、充実の表情を輝かせながらパフォーマンスを届けると、ファンもこの日1番の大コールで応えた。

エンディングでは場内のファンからサプライズでメッセージボードが掲げられると、柏木は感極まった様子で“最後の最後まで愛を伝えてくれてありがとうございます!”とメッセージ。彼女が駆け抜けてきた17年間を労う温かい拍手に包まれながら、卒業公演は幕を閉じた。

また卒業公演後には、劇場の入ったビルのバルコニーからファンへ最後の挨拶を行なった。2017年12月26日の<渡辺麻友 卒業公演>以来の実施となったバルコニー挨拶。駆けつけた大勢のファンに向けて“今まで先輩や同期が卒業する時にここで挨拶するのを見ていて、自分が卒業する時にこれってできるのかなと思ってたんですけど、最後ここからみなさんにご挨拶できて、もう本当の本当に思い残すことはないです! 今この瞬間を含めて17年間毎日、みなさんのおかげで楽しいアイドル人生を送れました! 本当にありがとうございましたー!”と別れを告げた。

柏木由紀 卒業スピーチ全文

卒業コンサートが1ヵ月以上前にあって、そこでもいっぱいお話したので、その時はいっぱい言いたいこと考えてきたんですけど、今日は本当に最後ですし、本当にAKB48が大好きな方、私のことを応援してくださる方が来てるかなと思ったので、その場で思ったことを言おうと思って来たんですけど、ちょっと実感湧いてないなというのが率直な気持ちです。

このステージに立つと初めてこのステージに立った日のことを今でもすごく思い出すんですよ。私はアイドルがすごい好きでアイドルになりたいと思っ てAKB48を受けたのと、毎日ステージに立ちたいというのが私の夢だったので、その夢を叶えてくれるのがAKB48かなと思って受けたんですけど、まさか中学3年生当時の自分がこんなに⻑くアイドルを続けていて、こんなに⻑くAKB48にいるなんて、本当に夢にも思ってなかったので、アイドルを好きでアイドルになって本当にすごい楽しかったなぁって思います。

卒業前にいろんなインタビューを受けたりとか“つらいことありましたか?”“いろんなAKB48を見てきたけどどうですか?”とか聞かれるんですけど、本当になくて、毎日楽しかったですし、確かに“思うようにいかないな”“自分は⻑くいてAKB48に何かできるのかな”と思うこともあったけど、その時に支えてくれたのが、ファンのみなさんが“何があっても応援するよ”っていう愛情をたくさんくれたこととか、ここ数年よく言ってますけど、今のAKB48が本当に大好きで、2021年にAKB48の単独コンサートをプロデュースさせていただいたのが、今まで自分がAKB48のために何かやりたいと声を上げたことが初めてのことで、それにメンバーのみんながすごくついてきてくれて、“あ、AKB48めっちゃ楽しいじゃん! 私、これまでも楽しいと思ってたけど、みんなと何かに向かって一生懸命に頑張ったり、時にはちょっと頑張ってみんなを引っ張ってみたり、これが私のやりたかったことなんだな”ってすごい時間かかったんですけど3年くらい前に思えて、何回か辞めた方がいいかなとか、同期とか先輩・後輩を見てそろそろかなと思ってきたけど“AKBにいてよかった。まだまだAKB48で頑張りたい”と思って、この数年間が正直1番楽しかったなと思います。

でも、いようと思えばもっとずっといれたと思うけど“今の大好きなみんなに見送ってほしいな”というのが最後に私が見つけた夢だったから、それが今日叶いました。そして最近知ってくださった方も、本当に昔からずっと応援してくださる方もこうやって“卒業おめでとう”“AKB48に⻑くいてくれて ありがとう”とまさかこんなに言ってくれて……自分がアイドル好きでやってるだけだと思ってたから、最後にみんなに“AKB48にいてくれてありがとう”って言ってもらえて、私の17年のアイドル人生が本当に素敵な形で幕を閉じれたなとファンのみなさんとメンバーに感謝しています。

やり残したことは本当にないし、いろんな楽しいことがあった中でも、ここ最近が1番が楽しかったです。今のAKB48で卒業できて本当によかったなって、幸せだったなと思います。17年間AKB48やってアイドルやって、やっぱりアイドルが好きだなって思うことができたので、これからも真っさらになりますけど、ファンの方がいてくれる限り歌って踊ってステージに立ち続けて、何年か経った後に“やっぱり柏木由紀ってアイドルだったね”って言ってもらえるような活動をしていきたいなと思いますので、これからもアイドル活動を見守ってほしいですし、これからのAKB48を温かく見守っていただけたらなと思います。

17年間、みなさん本当に本当に温かい声援をありがとうございました! 本当に楽しかったです!

秋元康 手紙全文

柏木、結婚、おめでとう。あっ、間違った。卒業、おめでとう。色々、お祝いメッセージを頼まれるので、混乱してしまった。すまん。
思い起こせば、17年前…AKB48の3期生オーディション、おや、あの頃は、“3期生”なんて呼び方はしなかったなあ。
何しろ、AKB48を作った当初は、毎日、2公演、土日は3公演して、これは、1チームだけじゃ足りないと、チームKを作り、それでも、足りないということで、チームBのオーディションに来てくれたのが君でした。
開店早々のめっちゃ忙しいスーパーの求人広告に応募してくれて、今日まで頑張ってくれたベテランさんみたいな…
でも、君はすごい。 決して、恵まれたポジションじゃなくても、愚痴を言うこともなく、腐ることもなく、いつも笑顔で頑張ってた。みんな、なんでだと思う?
『それがアイドルだから』
柏木はね、ポジションや歌割りやミュージックビデオのカット割に文句を言う前に、まず、この場にいさせてくれてありがとうございますって、ファンや神様に感謝していたんだよ。
後輩たちは、ずっと、そんな柏木の背中を見て来た。ファンもね。だから、柏木のファンって、ずっと応援してくれる。
柏木由紀は連続ドラマなんだ。単発のスペシャルドラマと違って、2007年からずっと、見続けないとわからない。
ファンのみなさん、後輩たち、これからも、見続けてください。柏木由紀の物語。柏木、いつまでも、お幸せに! じゃなくて、いつまでも、応援しています。
秋元康

<AKB48 柏木由紀 卒業公演>

2024年4月30日(火)
AKB48劇場

【AKB48 現役メンバー 16名】
柏木由紀・秋山由奈・大盛真歩・小栗有以・倉野尾成美・佐藤綺星・下尾みう・田口愛佳・千葉恵里・⻑友彩海・ 平田侑希・水島美結・向井地美音・村山彩希・山内瑞葵・八木愛月

Overture
1 カラコンウインク ALL
2 言い訳 Maybe ALL
3 シアターの女神 ALL
MC1
4 涙の湘南 柏木・倉野尾・田口・平田・水島
5 涙に沈む太陽 柏木・下尾・向井地
6 ジッパー 柏木・小栗・山内
7 口移しのチョコレート 柏木・大盛・千葉
8 遠距離ポスター 柏木・秋山・倉野尾・佐藤・下尾・⻑友・八木
9 てもでもの涙 柏木・村山
MC2
10 Two years later  ALL
11 フライングゲット  ALL
12 Virgin love  ALL
13 オネストマン ALL
MC3
14 Green Flash ALL
〜アンコール〜
EN1 夜風の仕業 柏木
EN2 桜の花びらたち ALL
MC4
EN3 初日 ALL

  • トップページ
  • レポート
  • AKB48[柏木由紀 卒業公演レポート]あふれる感謝の気持ちを伝えて17年間の活動を終幕「みなさんのおかげで楽しいアイドル人生を送れました!」