<@JAM EXPO 2018>8月25日「こぶしファクトリー」ストロベリーステージ

<@JAM EXPO 2018>8月25日「こぶしファクトリー」ストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】こぶしファクトリー、気迫あふれる動きでメインステージに爪痕

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月25日のストロベリーステージでのこぶしファクトリーのライブレポートをお届けしよう。

力強いovertureとともに、こぶしファクトリーが登場。ヒップホップ的なアプローチが魅力的な「きっと私は」、「念には念」と、人気曲が続く。

ハロー!プロジェクトのユニットの中でも特に力強い歌声とパフォーマンスが印象的なグループではあるが、この日は横浜アリーナのステージということもあり、より気迫がこちらまで伝わってくるようなステージングであった。

さらには、最近ハマっているという井上玲音によるボイスパーカッション。予想以上のクオリティーの高さに会場が驚く場面も。

「爪痕を少しでも残したい」という想いがこちらにまで伝わってくるかのようなパフォーマンスであった。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月25日「こぶしファクトリー」ストロベリーステージ
ツイート
<@JAM EXPO 2018>8月25日「こぶしファクトリー」ストロベリーステージ