透色ドロップ[ライブレポート]最大キャパ単独公演で描いた多幸感あふれるシーン「これからの透色ドロップもきっと素敵です!」

透色ドロップ[ライブレポート]最大キャパ単独公演で描いた多幸感あふれるシーン「これからの透色ドロップもきっと素敵です!」

透色ドロップ[ライブレポート]最大キャパ単独公演で描いた多幸感あふれるシーン「これからの透色ドロップもきっと素敵です!」

透色ドロップが、4月21日(日)に品川・ステラボールにて単独公演<花の便りの儚さ>を開催した。

グループ史上最大キャパとなった同公演では、リリースされたばかりの新曲「君へ花便り」「自分らしさの見つけ方」を含む22曲をパフォーマンス。当日はYouTubeで無料生配信も行なわれ、さらなる飛躍の第一歩を多くのファンが見守った。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

透色ドロップ<花の便りの儚さ>ステラボール(2024年4月21日)

1曲目はクールなロックチューン「りちりち」でスタート。客席いっぱいのペンライトを前に、イントロでは瀬川奏音が“最高の想い出、一緒に作っていこうね!”と呼びかけて客席のボルテージを高め、続く「きみは六等星」ではファンも全力の掛け声で応援。序盤から幸せな空間が作られていく。

この日の意気込みでは、天川美空が“今年に入ってから今日を目標に頑張ってきました。素敵な景色が見れて嬉しいです!”、梅野心春が“みんなを幸せにする気持ちでいるので、最後まで楽しんでくれると嬉しいです!”、見並里穂が“始まる前は緊張してたけど、始まったら安心したし、出会ったからにはここにいる全員を幸せにして帰りたいと思います!”とコメント。メンバー全員が、この日にかける特別な想いを口にした。

前半は「最愛」や「夜明けカンパネラ」「ネバーランドじゃない」など多幸感あふれる楽曲を中心に披露。曲中には佐倉なぎが客席に向けて“いつもみんなのおかげでステージに立てています!”“1番大きいクラップ聞かせて!”などと、歌唱以外でもファンとのコミュニケーションを忘れない、優しい気遣いが印象的だった。

この日の注目は新曲2曲の初披露と新衣装のお披露目。前半9曲を終えたタイミングで新衣装に着替え、待望の「君へ花便り」を初披露。また、新衣装は、これまでになかったピンクを基調にしたワンピースで可愛らしさ満開のものとなった。昨年リリースした「君と夢と桜と恋と」の2曲を披露し、透色から春のプレゼントを届けた。

「君へ花便り」のMV撮影のエピソードトークでは、才川水綺が“円になって寝てるシーンで寝息が聞こえた”と話し、確認した結果メンバーの過半数が撮影中に寝てしまったという。“透色史上1番ガーリーでお人形さんみたいな”新衣装は、最初に衣装案が送られた時にはびっくりしたが、一回転した時のシルエットまで全部が可愛く、細かい部分もこだわりが満載なので、ぜひライブで見てほしいと伝えた。もう1曲の新曲「自分らしさの見つけ方」は、瀬川奏音が“落ちサビの歌詞が、自分の思ってきたことと一緒で大好きな曲”と説明。一体どんな初パフォーマンスになるのか期待が高まる中、ライブは後半戦へ。

切ない冬ソング「雪のカケラ」から、「ユラリソラ」では普段のフォーメーションダンスではなく、客席に向かい横一列に並んで歌唱。全員がダンスなしで一列になって歌うのは初めてで、楽曲の持つ優しさと力強さが、客席をずっと見ながら歌うことで何倍にも増していた。そのほか、後半は「アンサー」「僕が僕である理由」「衝動」など、存在意義を歌った楽曲を続けて、透色ドロップの唯一無二な楽曲で観客を圧倒していった。

最大キャパの単独公演当日を迎えるまでの4ヵ月、名古屋や大阪でのプロモーション公演や主催ライブ<透色優色>を開催し、多方面のアイドルファンに透色ドロップを広めたメンバー。プロモーション公演では初めましての人が多く、主催ライブでは出演アイドルからたくさんの刺激をもらい、1日3回のライブで透色ファンとの一体感も高まったという。その努力が実を結び、ステラボールには多くのファンが駆けつけてくれたことに、改めて感謝を伝えた。

いよいよ最後のブロックへ。ここで新曲「自分らしさの見つけ方」が初披露され、直前のMCの流れを汲むような歌詞にメンバーもファンも感情が高まっていく。歌終わりで見せたメンバーの笑顔に客席からは大きな拍手が沸いた。「君色クラゲ」では客席にサインボールが投げ込まれ、「だけど夏なんて嫌いで」では銀テープが舞った。

ここでメンバーから今日の感想が伝えられた。

鎌房祐衣:
私たちと出会って応援してくれて嬉しいなと改めて思いました。透色ドロップの心地よくて温かい場所を作っていきいたいなと思いました。

天川美空:
アイドルって輝ける期間が限られているんですけど、その中で出会えたことが本当に奇跡や運命だなと思っています。今日同じ空間で同じ想いを作れたことが嬉しいです。これからもみんなといろんな景色を見たいなと思います。

佐倉なぎ:
アイドル4年目に突入、結婚や出産している友達もいて、アイドルをやらない自分を想像したけど、全然出てこなくて。これ以外考えられないという選択が嬉しいなと思いました。みんなとこれからどんどん大きな会場に、1人も欠けずに連れていきたいなって思っています。

瀬川奏音:
みんなと私の最高の想い出と幸せになることを目標にこのステージに立ちました。私たちもYouTube番組を通して裏側をたくさん見せてしまっていて、キラキラしているだけのアイドルではなくなっているかもしれないですけども、そんなところも含めて応援したいなって思ってくれたら、それ以上の幸せはないなと思います。

見並里穂:
時間って無限にあるわけじゃなく限られていて、その時間をどう使うかはそれぞれ違う中で、今日こんなにたくさんの人が透色ドロップと同じ時間を過ごそうと思ってきてくれていることが奇跡だなと思っています。今、最高に幸せです!

梅野心春:
この日が来る少し前から、いいライブになるんじゃないかなと確信していた部分があって、今日純粋にグループが大好きで、ずっとここにいたいと思いました。透色ドロップはお互い高めあえるメンバーがいて、そのおかげで強くなれているし、応援してくれるファンのみなさんがいてくれて私はとっても幸せです。会場に行くという選択をしてくれたことは、今後の透色にとってとても大きな力になると思っています。

才川水綺:
少しお休みをいただいてしまったこともあって、その場で足踏みをしてしまっているだけになっていないかなと少し不安になりました。それでもやっぱり私はまわりの人と環境に恵まれていて、この場所に無事立てて嬉しいです。1度会えたみんなのことを、これからもずっと離しません。これからの夏、楽しみたいこと、頑張りたいこと、いっぱいあります。私1人じゃ見られない大きな夢だけど、みんなと一緒に叶えていきたいです。

今後の告知として、5月6日(月・祝)にファン投票で決定する<透色ミュージックアワード>と、5月25日(土)に出演する<@JAM 2024メインステージ争奪戦>をアナウンス。瀬川から“メインステージ争奪戦は観客動員が重要ポイントと言われています。優勝したら、横浜アリーナでライブをすることができます。私たちはここに賭けています。これからも透色ドロップの挑戦は続きます。ぜひ、私たちがアイドルとして、ライブを通して戦う姿を直接観に来てほしいです。よろしくお願いいたします!”と意思表明し、本編が終了した。

アンコールでは「≒」を披露した後、重大発表として<4th Birthday Live Tour>の開催を発表。唯一の初期メンバーである見並里穂が日程の告知後、“早いもので、透色ドロップは6月で4周年を迎えます。この4年の間にいろんなことがありました。これから先、透色ドロップは長く続いていくメンバーだと思います。その長い先の歴史の中で4周年という透色の歴史を紡ぐのは、1期生から4期生、今ここに立っている7人のメンバーです。コロナ禍でスタートした透色ドロップの活動は、当たり前じゃないことの連続でした。当たり前じゃないことを知っている私たちだからこそ、今までに出会えたみなさん全員にお越しいただきたいです。お待ちしております。よろしくお願いします”と4周年ライブへの想いを伝えた。

そして再びパフォーマンスへ。「出会えた君へ」「やさしさのバトン」と、透色ドロップにとって大切な2曲を披露し、感動的なフィナーレを飾った。

最後に佐倉から“本日は会場に足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。これからも私たちは必ず大きなステージに行くことをこの場でお約束したいと思います! なので、隣で一歩一歩、手を繋ぎながら歩んでくださったら嬉しいです。これからの透色ドロップもきっと素敵です! ずっと観ていてください! ありがとうございました!”と力強い宣言と感謝を伝え、最大キャパでの単独公演<花の便りの儚さ>が大成功で終幕した。ライブの模様はアーカイブされているので、何度も見直してこの日の余韻を味わってほしい。

透色ドロップ<花の便りの儚さ>

2024年4月21日(日)
ステラボール

1 りちりち
2 きみは六等星
3 教えてよHashtag
4 最愛
5 夜明けカンパネラ
6 ネバーランドじゃない
7 星くずの夢
8 孤独とタイヨウ
9 戻る事ないこの瞬間
10 君へ花便り
11 君と夢と桜と恋と
12 雪のカケラ
13 ユラリソラ
14 アンサー
15 僕が僕である理由
16 衝動
17 自分らしさの見つけ方
18 君色クラゲ
19 だけど夏なんて嫌いで

EN1 ≒
EN2 出会えた君へ
EN3 やさしさのバトン

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 透色ドロップ[ライブレポート]最大キャパ単独公演で描いた多幸感あふれるシーン「これからの透色ドロップもきっと素敵です!」