<AKB48春コンサート 2024 in ぴあアリーナMM 柏木由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜>ぴあアリーナMM(2024年3月16日/©AKB48)

<AKB48春コンサート 2024 in ぴあアリーナMM 柏木由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜>ぴあアリーナMM(2024年3月16日/©AKB48)

AKB48[柏木由紀卒業コンサートレポート]17年間のAKB48人生終幕「私にとってAKB48は人生そのものです」

AKB48が、3月16日(土)神奈川県・ぴあアリーナMMにて<AKB48春コンサート 2024 in ぴあアリーナMM 柏木由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<AKB48春コンサート 2024 in ぴあアリーナMM 柏木由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜>ぴあアリーナMM(2024年3月16日)

AKB48への愛に溢れ、その飾らない人柄とAKB48にかける情熱で誰からも愛された“最年⻑レジェンドアイドル”柏木由紀。

超満員の会場がペンライトの光で真っ赤に染まる中、白いドレスを身にまとった柏木がステージに登場。故郷・鹿児島県の桜島からタイトルが名付けられた自身のソロ曲「火山灰」でコンサートは幕開け。ストリングス5名をバックに、夢を追いかけ上京した柏木の物語が詰まった同曲を大切に歌い上げると、早くも会場は感動的なムードに包まれた。後輩メンバーたちも登場すると、自身が選抜入りしたAKB48の代表曲「ポニーテールとシュシュ」「言い訳Maybe」「大声ダイヤモンド」、チームBの代表曲であり劇場公演でセンターを務めていた楽曲「シアターの女神」を立て続けに歌唱。今度はチームBカラーの⻘色で会場が染まり、アイドルらしさ全開のパフォーマンスでオープニングを華やかに飾った。冒頭のMCで柏木は“ついに始まりました〜! ドキドキと楽しみとワクワクといっぱい混ざってますが、今のAKB48のみんなとファンのみなさんと一緒に最高の想い出を作りたいと思います! 最後まで全力で走り抜きたいと思いますー!”と力強く宣言した。

ステージが暗転し次のユニットパートに移るかと思いきや、一向に曲が始まらず、柏木が“い、1回やり直す? みんな、観なかったことにしてー!”と大急ぎで捌けていく一幕も。思わぬハプニングに会場からは爆笑が起きた。仕切り直したステージでは、平田侑希・水島美結・八木愛月ら研究生メンバー6名と「スカート、ひらり」、倉野尾成美・下尾みうら4名と「涙の湘南」、小栗有以・山内瑞葵と「ジッパー」、大盛真歩・千葉恵里と「口移しのチョコレート」を披露するなど、メンバーの組み合わせも多彩に、思い入れのあるユニット曲を次々とパフォーマンス。「てもでもの涙」はサプライズで登場したOGメンバーの宮澤佐江とデュエットで歌唱。歌い終えると“さえちゃん、ありがとう〜!”と熱烈なハグをかわし、宮澤は“卒業したら結婚しようね〜!”とプロポーズ。“さえゆき”の愛称で親しまれる2人のラブラブな掛け合いに、ファンからは大歓声が起きた。この日3代目AKB48グループ総監督の任期を終える向井地美音、“柏木に憧れてAKB48に入った”という村山彩希とは「思い出のほとんど」を熱唱。スクリーンには柏木から向井地・村山へのメッセージが映し出され、10年以上AKB48をともに支えてきた2人との想い出に目を潤ませながら歌い上げた。

中盤には、柏木が“今のAKB48の魅力が伝わるように、現役メンバー全員をそれぞれの個性に合った楽曲に振り分けた”という5曲をパフォーマンス。NMB48の「イビサガール」やNGT48の「Maxとき315号」など、兼任してきた姉妹グループの楽曲も織り混ぜ、会場の熱を一段と高めていった。

ここで、前田敦子、元NMB48の山本彩、ともにNGT48で活動していた北原里英から寄せられた「卒業お祝いコメント」映像がスクリーンに流れ、前田は“どんどん若い子が入ってくる中、1人で後ろで支えてるゆきりんは、ファンのみなさんにとっても、メンバーのみんなにとっても大事な存在だったと思います! とりあえず、「がんばったで賞」あげます!”と労った。また、柏木が“1番憧れの人”と語るモーニング娘。OGの石川梨華からもメッセージが。“17年……素晴らしいと思います。これからも「アイドルゆきりん」を期待していいですかね? 私もゆきりんをこれからも応援したいと思います!”とアイドルの大先輩からも熱いエールが送られた。

サプライズは続き、OGメンバーの倉持明日香・高城亜樹がステージに登場。2010年に結成した派生ユニット「フレンチ・キス」が2015年のラストライブ以来、約8年ぶりに復活。柏木の“ここで再結成するしかない!”という強い意志で実現したステージでは「フレンチ・キス」の代表曲「If」と「カッコ悪い I love you!」を披露し、ファンを歓喜させた。

終盤にもOGメンバーが登場するサプライズ満載の演出が。初代AKB48グループ総監督・高橋みなみの“AKB〜!”の掛け声に続いて、全員で“48!”と叫び、「RIVER」を力強くパフォーマンス。2代目総監督の横山由依とはコンサートの定番曲「少女たちよ」で会場を1つに。さらにユニット「チームPB」でセンターを務めた「遠距離ポスター」は、オリジナルメンバーの倉持、宮澤に現役メンバーを加えた7名でアクト。「チームYJ」の楽曲「Choose me!」はオリジナルメンバーの峯岸みなみ、指原莉乃とパフォーマンスするなど、豪華なOGメンバーの登場とエモさ溢れる選曲でファンの盛り上がりも最高潮に達した。サプライズゲストの高橋、横山、峯岸、指原がステージに集うと、柏木は“豪華すぎる! みなさん、AKB48ですね(笑)。もう大満足です!”とご満悦。MCの場面では、先日懐妊を発表した峯岸に会場から“おめでとう”のコールが。それぞれが柏木との想い出話に花を咲かせ、終始和気藹々としたトークで会場を盛り上げた。

本編もいよいよラストスパート。選抜メンバー16名で「ジワるDAYS」を披露すると、2011年の<AKB48選抜総選挙>で3位に輝いた楽曲「フライングゲット」など、思い入れの強い楽曲をたたみかけた。ここで、現役メンバーと同じ衣装をまとった小嶋陽菜もサプライズで登場。小嶋とのWセンターとして、初めてセンターを務めた楽曲「Green Flash」を歌い上げ、切なくも優しい歌声を緑色のサイリウムで染まる会場に響かせた。柏木が“この曲が1番思い入れがある曲なんです!”と打ち明けると、小嶋からは“ライブで全然歌ってないの知ってるよ”と鋭いツッコミが。“でも、最後だったので小嶋さんとWセンターで歌えて本当に幸せです”と想いを伝えると、小嶋は笑顔で“本当にお疲れ様”と温かい言葉をかけた。本編ラストは初の単独センターを務める卒業シングル「カラコンウインク」をフルサイズでパフォーマンス。柏木の代名詞である“ウインク”を散りばめたキュートな振り付けと目まぐるしく展開する圧巻のフォーメーションダンスで魅せ、ファンも柏木へのサプライズで“単独センターおめでとう”の紙を掲げながら“ゆきりん!”の大コールを送った。

アンコールでは、柏木が歩んだ17年間を振り返る軌跡映像が流れ、花が散りばめられた淡いピンク色の卒業ドレスに身を包んだ本人がステージに登場。

卒業スピーチでは凛とした表情で“私は中学3年生の時、AKB48のオーディションに合格してアイドルになるという夢を叶えた日から今日までの17年間、本当に毎日が夢のようで幸せな日々でした。今こうしてたくさんのファンのみなさんの前で卒業コンサートをすることができて、夢じゃなかったんだなあって実感しています”と万感の想いを語った。また、ファンに向けて“なかなか思うように恩返しができなかった17年だったかなって思ったりもするけど、最後のシングルの単独センターという形で、胸を張って「ゆきりん推し」だって言えるような恩返しができたかなって思います。卒業してもみなさんの前ではアイドルでいさせてください”と優しく語りかけ、AKB48を応援するすべての人に向けて“こんなにたくさんのアイドルがいる中でAKB48を選んでくれて本当にありがとうございます。私は17年間本当にいろいろなAKB48を見てきて、その中で活動してきましたが、どの時代もその時のAKB48が1番だと思ってやってきたし、私は今のAKB48が最強で最高だと心の底から思っています。それでもグループに歴史がある分、心ないことを言う人がいるかもしれません。そんな時はファンのみなさんがメンバーの味方でいてくれたら嬉しいなと思います”とメッセージ。現役メンバーには“みんなの真っ直ぐなところ、一生懸命なところ、AKB48のことを心の底から愛しているところ、すべてが愛おしくて大好きです。みんなと創ってきた今のAKB48が本当に本当に大好きです。AKB48の過去にとらわれず、みんなが心の底から楽しいと思えるAKB48を、みんなの力で創っていってくれたら私は嬉しいなと思います”と愛情溢れるエールを送った。そして“私にとってAKB48は人生そのものです。17年間、本当にありがとうございました!”と深々と一礼し、17年間の感謝が詰まった卒業曲「最後の最後まで」を熱唱。スピーチでは涙を見せなかった柏木だったが、2番に入ると思わず感極まり歌えなくなる場面も。溢れる感謝の気持ちを精一杯歌声に乗せて届けた。

会場が大きな感動に包まれる中、柏木が“チームB集合〜!”と叫び、初代チームBメンバーの浦野一美、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、平嶋夏海がステージに登場。チームBの始まりの曲「初日」でお約束の円陣を行ない、アイドルらしい弾ける笑顔でパフォーマンスした。さらに現役メンバーも加わり「約束よ」、この日登場したOGメンバー全員も加わりAKB48のデビュー曲「桜の花びらたち」を歌唱し、コンサートはフィナーレへ。

卒業コンサートの最後に選んだのは「遠距離ポスター」。本編でも披露した同曲を“最後は現役メンバーのみんなと一緒にこの曲をやって、アイドルらしく明るく終わりたい!”という想いから現役メンバー全員とパフォーマンス。“みんな、愛してるよ〜!”と心からの愛を叫び、ステージ上で誰よりも輝きを放つ“アイドル柏木由紀”の姿を刻みつけた最高のフィナーレとなった。

エンディングでは現役メンバー1人ひとりからお花を手渡していくという柏木へのサプライズも。柏木は次期総監督の倉野尾に未来を託すように肩をたたき、最後に向井地と固い握手をかわした。そして“私は世界で1番幸せ者です、ありがとうございましたー!”と感謝を叫び、17年間を全力で駆け抜けてきた充実のAKB48人生に美しいピリオドを打った。

なお、柏木由紀の卒業公演は、4月30日(火)にAKB48劇場にて開催予定。

柏木由紀 卒業スピーチ全文

まずは、秋元先生をはじめ、たくさんのスタッフのみなさん、舞台チーム、ヘアメイク、衣装、マネージャーさん、そしてメンバーのみんな、ファンのみなさん、見えないところで支えてくださっているすべてのみなさん、こんなに素敵な卒業コンサートをさせていただけて本当に感謝しています。私は中学3年生の時、AKB48のオーディションに合格して、アイドルになるという夢を叶えた日から今日までの17年間、本当に毎日が夢のようで幸せな日々でした。今こうしてたくさんのファンのみなさんの前で卒業コンサートをすることができて、ああ、夢じゃなかったんだなぁって実感しています。私がアイドル活動をここまで楽しむことができたのは、総選挙や握手会、大切な場面でいつも必ずファンのみなさんが私のことを支えてくれたからだと思っています。そして、これまでたくさんの先輩や同期・後輩をどのメンバーよりも見送ってきて、寂しい想いもたくさんしてきたけど、今日こうして大好きなAKB48のメンバーに見送ってもらえることができて、あの時辞めなかったのは今日のためだったんじゃないかなと思うくらい、私は本当に幸せな気持ちでいっぱいです。

私のことを応援してくださっているみなさんへ。昔から応援してくださっているみなさんも、最近好きになってくれた方も本当にありがとうございます。どんな時も味方でいてくれて理解してくれるみんながいてくれたからこそ、私はここまで楽しく頑張ってこれました。なかなか思うように恩返しができなかった17年だったかなって思ったりもするけど、最後のシングルの単独センターという形で、少しはみんなも報われたかなと思います。胸を張って“ゆきりん推し”だって言えるような恩返しができたかなって思います。卒業してもみなさんの前ではアイドルでいさせてください。

今AKB48を応援してくださっているみなさんへ。こんなにたくさんのアイドルがいる中でAKB48を選んでくれて本当にありがとうございます。私は17年間本当にいろいろなAKB48を見てきて、その中で活動してきましたが、どの時代もその時のAKB48が1番だと思ってやってきたし、私は今のAKB48が最強で最高だと心の底から思っています。それでもグループに歴史がある分、心ないことを言う人がいるかもしれません。そんな時はファンのみなさんがメンバーの味方でいてくれたら嬉しいなと思います。これからもどうかAKB48を温かく見守ってください。よろしく お願いします。

そして最後に大好きなメンバーのみんなへ。みんなの真っ直ぐなところ、一生懸命なところ、AKB48のことを心の底から愛しているところ、すべてが愛おしくて大好きです。いっぱい迷惑をかけちゃったし、みんなが気を遣ってくれてるなと感じることもあったけど、それにもいっぱい甘えてきちゃったなと思います。そんな頼りない先輩なのに、私が話すことをちゃんと耳を傾けて聞いてくれて精一杯応えようとしてくれるメンバーを見るたびに、何度も私は初心を思い出すことができました。そんなみんなとだからこそ、私はこんなに⻑くグループにいたいと思えたし、みんなと創ってきた今のAKB48が本当に本当に大好きです。これから嬉しいこと、頑張らなきゃいけないこと、なかなかウマくいかないなと思 うこと、いろんなことがみんなを待っていると思います。でも、みんならしくAKB48の過去にとらわれず、みんなが心の底から楽しいと思えるAKB48をみんなの力で創っていってくれたら私は嬉しいなと思います。

改めて、17年間という⻑い時間、AKB48のメンバーでいられたこと、本当に幸せです。私にとってAKB48は人生そのものです。17年間、みなさん本当に本当にありがとうございました。

<AKB48 春コンサート 2024 in ぴあアリーナ MM 柏木由紀卒業コンサート 〜17 年間、歩いて来たこの道〜>

2024年3月16日(土)
ぴあアリーナMM

■出演
【AKB48 現役メンバー46名】
・正規メンバー(28名)
柏木由紀・岩立沙穂・大盛真歩・岡部麟・小栗有以・小田えりな・行天優莉奈・倉野尾成美・黒須遥香・込山榛香・坂川陽香・佐藤美波・下尾みう・鈴木くるみ・髙橋彩音・田口愛佳・谷口めぐ・千葉恵里・徳永羚海・長友彩海・永野芹佳・橋本陽菜・福岡聖菜・向井地美音・武藤小麟・村山彩希・山内瑞葵・山根涼羽

・17期研究生(10名)
太田有紀・小濱心音・佐藤綺星・橋本恵理子・畠山希美・平田侑希・布袋百花・正鋳真優・水島美結・山﨑空

・18期研究生(8名)
秋山由奈・新井彩永・工藤華純・久保姫菜乃・迫由芽実・成田香姫奈・八木愛月・山口結愛

【AKB48 OGメンバー15名】
宮澤佐江・倉持明日香・高城亜樹・高橋みなみ・横山由依・指原莉乃・峯岸みなみ・小嶋陽菜・浦野一美・片山陽加・菊地あやか・田名部生来・仲川遥香・仲谷明香・平嶋夏海

Overture
1 火山灰 柏木
2 ポニーテールとシュシュ ALL(-成田 )
3 言い訳Maybe ALL(-成田 )
4 大声ダイヤモンド ALL
5 シアターの女神 ALL(-成田 )
MC
6 スカート、ひらり 柏木・橋本(恵)・平田・水島・久保・八木・山口
7 涙の湘南 柏木・倉野尾・ 下尾・田口・福岡
ダンスSE 小栗 ・ 谷口・山内・秋山
8 ジッパー 柏木・小栗・山内
9 口移しのチョコレート 柏木・大盛・千葉
10 てもでもの涙 柏木・宮澤
11 思い出のほとんど 柏木 向井地・村山
MC
12 Teacher Teacher 柏木・小田・ 倉野尾・下尾・谷口・永野・村山・山内・八木・山口
13 ロマンス拳銃 柏木・岩立・岡部・行天・髙橋・田口・平田・正鋳・久保・迫
14 呼び捨てファンタジー 柏木・小栗・込山・佐藤(美)・千葉・徳永・橋本(陽)・福岡・小濱・布袋
15 イビサガール 柏木・坂川・鈴木・長友・武藤・山根・佐藤 (綺)・山﨑・秋山・工藤
16 Maxとき315号 柏木・大盛・黒須・ 向井地 太田 橋本 (恵) 畠山・水島・新井 ・ 成田
ビデオメッセージ 前田敦子・山本彩・北原里英・石川梨華(モーニング娘。OG)
17 If 柏木・高城・倉持(※ユニット 「フレンチ・キス」)
MC
18 カッコ悪い I love you! 柏木・高城・倉持(※ユニット 「フレンチ・キス」)
柏木トーク映像
19 RIVER 柏木・岩立・倉野尾・込山・谷口・永野・福岡・向井地・村山・山内・ 水島・秋山・工藤・八木・山口・高橋
20 少女たちよ 柏木・大盛・岡部・小栗・小田・行天・下尾・高橋・田口 千葉・徳永・橋本(陽)・武藤・山根・平田・横山
21 遠距離ポスター  柏木・鈴木・長友・佐藤(綺)・山﨑・高城・宮澤(※チームPB「遠距離ポスター」オリメン)
22 Choose me!  柏木・指原・峯岸(※チームYJ「Choose me!」オリメン)
MC
23 ジワるDAYS  柏木・大盛・小栗・倉野尾・下尾・田口・千葉・長友・向井地・村山・山内・佐藤(綺)・平田・水島・秋山・八木
24 フライングゲット  ALL(-成田)
25 君と虹と太陽と  ALL(-成田)
26 10年桜 ALL
27 Green Flash  ALL + 小嶋(※39thシングル「Green Flash」Wセンター)
MC
28 カラコンウインク ALL(-込山)
アンコール 軌跡映像
MC
EN1 最後の最後まで 柏木
EN2 初日 柏木・浦野・片山・菊地・田名部・仲川・仲谷・平嶋(※初代チームBメンバー)
EN3 約束よ ALL + 浦野・片山・菊地・田名部・仲川・仲谷・ 平嶋(※初代チームBメンバー)
MC
EN4 桜の花びらたち ALL +OGメンバーALL(宮澤・高城・倉持・高橋・横山・指原・峯岸・小嶋・浦野・片山・菊地・田名部・仲川・仲谷・平嶋)
MC
EN5 遠距離ポスター ALL

  • トップページ
  • レポート
  • AKB48[柏木由紀卒業コンサートレポート]17年間のAKB48人生終幕「私にとってAKB48は人生そのものです」