『髙石あかりファースト写真集 幻灯』(東京ニュース通信社刊)

『髙石あかりファースト写真集 幻灯』(東京ニュース通信社刊)

髙石あかり[イベントレポート]1st写真集発売に「みなさんに届けることができて、今、本当に嬉しいです」

『髙石あかりファースト写真集 幻灯』の発売記念イベントが、本日3月15日(金)に開催。髙石あかりが、イベントの前に行われた会見に登場した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<『髙石あかりファースト写真集 幻灯』発売記念イベント>(2024年3月15日)

昨年は、映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』『わたしの幸せな結婚』やドラマ『わたしの一番最悪なともだち』などに出演し、第15回TAMA映画賞にて最優秀新進女優賞を獲得した女優・ 髙石あかり 。そんな彼女の初の写真集『髙石あかりファースト写真集 幻灯』が、2月16日(金)に発売された。ページをめくるたびに違った髙石あかりを楽しめるということをコンセプトに、1冊を通して髙石のさまざまな表情を堪能できる写真集となっている。

発売記念会見に登場した髙石は、完成した写真集を手に取った感想を聞かれ“本当にカメラマンさん、衣装さん、ヘアメイクさんと、関わってくださったみなさんのおかげで、すごい1冊ができたなと思っています。「幻」がテーマなんですが、いろんな表情を引き出してもらったので、普通ではない「ファースト写真集」と言いますか、ほかにはない1冊になったんじゃないかなと思っています”と撮影スタッフへの感謝と、出来上がった作品への手応えを口にした。

撮影は、台湾の台南・高雄エリアで行なわれ、台湾らしくかき氷を食べている姿や夜市を楽しんでいる様子なども収録されている。髙石にとって初めての海外旅でもあったそうで“一緒に行ったスタッフのみなさんとの想い出がたくさんあり、初めての夜市や、現地のお金に両替する瞬間、現地の言葉など、どれもが楽しかったです”と見るものすべてが新鮮だったと語り、“頼んでいないのに、すごい量のご飯をサービスしていただいたり、人の優しさをとても感じられた旅でした。初めての海外が台湾でよかったと思っています。また、初めての写真集で初めて海外に行けるということのありがたさをすごく感じましたね”と忘れられない旅になったことを教えてくれた。

台湾では、現地での食事もとても口に合ったそうで、中でも、夜市で食べたチャーハンや小籠包のほか、マンゴーやかき氷、イチゴ飴などの甘いものが特にお気に入りだったとのこと。“3泊4日の撮影の中で、13パターンの衣装を着るというスケジュールだったのでバタバタしてはいたのですが、バタバタの中で食べるご飯は本当に美味しかったです”と撮影を振り返った。

お気に入りのカットには、白いワンピース姿で海の中で泥だらけになりながら、何かを訴えるように視線を向ける1枚をセレクト。撮影の際には、カメラマンから、波に飲まれながらもカメラのレンズから決して目を離さないでという指示があったそうで、髪がぐちゃぐちゃになろうが、顔が泥まみれになろうが気にせず撮影に挑んだとのことだ。選んだ理由について“この写真が実質、撮影でのラストシーン、ラストカットだったんですけれど、海の中で波もすごく、過酷な撮影だったのを覚えています。泥まみれになって、キメようとしていない、作ろうとしていない自分が写っていてとても好きです。このシーンのカットは、夕日がほとんど沈んだ時間の一瞬を捉えているので、そういう意味でも、奇跡の1枚になったなと思います”と明かした。

タイトルには、フィルムに写した像などを1枚ずつ強い光で照らし映写幕へ映して見せるものを指す“幻灯(げんとう)”という言葉がつけられた。どのような経緯で、このタイトルになったのか尋ねられると“マネージャーの方と撮影のテーマを考えていた時に、「幻」という言葉が出た瞬間に2人で「これだ!」と思いました。そこに編集スタッフの方が、名前でもある「あかり」と言う意味もある「灯」をつけてくれました”と答えた。女優として幅広い表現をしてきた髙石を表す言葉として、そんな髙石を1枚1枚丁寧に写し出していくという意味が込められている。

タイトルにちなみ、昨今、女優として数多くの作品に出演し、多忙を極める髙石にとって、文字どおり今回が1度きりの“幻”の写真集になってしまうのではとツッコまれると“また、別の機会があれば、2作目、3作目と作っていければいいなと思っています! これを最後にはしたくないですね。でもそのためにもまずは、この写真集を多くの方に手に取っていただくところからがスタートですね!”と微笑んだ。

写真集を発売して、身近な人などから感想はあったのか?という質問には、“地元の宮崎にいる父に送ったんですけれど、大喜びで……。すごい嬉しかったですね”と回答。また、仲のよい友人たちからも連絡があったそうで、“送ろうと思っていたら、サイン入りの写真集をみんな買ってくれたみたいで、私のサインの写真が送られてきました(笑)。ありがたいなと思いましたね”と周囲の反応に頬を緩ませた。

最後に“昨年は種をたくさんまいた年で、今年は、芽吹き、花を咲かせたい”とした、年始のインタビューでの髙石の発言を引き合いに、季節としても春が近づいているが、芽吹く予感や、実感はあるかと聞かれると“私の中では、写真集も芽吹いたことの1つだと思っています。みなさんに届けることができて、今、本当に嬉しいです。あとは、今年はファンの方、応援してくださる方に、(ほかにも)嬉しい報告ができる1年になるんじゃないかなと思っています!”と意気込み、会見を締め括った。今後、女優・髙石あかりが、どのような活躍をしていくのか、楽しみにしていきたい。

髙石あかり プロフィール
2002年12月19日生まれ。宮崎県出身。射手座。
映画『ベイビーわるきゅーれ』(’21)で映画作品初主演を果たし、2023年は『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』などの作品に出演し、「第15回TAMA映画賞」の最優秀新進女優賞を受賞。2024年は、『ベイビーわるきゅーれ』シリーズの第2弾の公開も控えている。

『髙石あかりファースト写真集 幻灯』

発売日:2024年2月16日(金)
定価:¥3,300
発行:東京ニュース通信社
※全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。詳細はTOKYO NEWS magazine&mookをご確認ください。

関連リンク

  • トップページ
  • レポート
  • 髙石あかり[イベントレポート]1st写真集発売に「みなさんに届けることができて、今、本当に嬉しいです」