柏木由紀[インタビュー]AKB48卒業を控えて明かす表現者としての矜持「なんだかんだで“アイドルだよね”と言われ続けるのが理想」

柏木由紀[インタビュー]AKB48卒業を控えて明かす表現者としての矜持「なんだかんだで“アイドルだよね”と言われ続けるのが理想」

柏木由紀[インタビュー]AKB48卒業を控えて明かす表現者としての矜持「なんだかんだで“アイドルだよね”と言われ続けるのが理想」

AKB48の最年長メンバーで、2024年4月にグループからの卒業することを発表している柏木由紀が、TikTokを中心に活動をしているクリエイター集団『ごっこ倶楽部』のインタビューに応じ、前田敦子や大島優子など“神セブン”メンバーがいた当時を振り返りながら、卒業に向かい“1回そこで人生が終わるくらいの気持ちで最後までやりきりたい”など心境を語った。また、“日常で忘れがちな小さな愛”をテーマにWEBREEN(*)を作り続けているクリエイター集団『ごっこ倶楽部』が、柏木の卒業をテーマにスペシャルショートドラマを制作し、本日3月9日(土)に、第1話が「ごっこ倶楽部」のTikTokおよびXのアカウントにて公開された。

インタビューは2024年1月上旬にSPショートドラマの脚本を執筆するにあたり実施された。『ごっこ倶楽部』の創設者・共同代表で今回のSPショートドラマを監督した多田智が聞き手となり、柏木がAKB48に在籍した17年を振り返った。

柏木由紀、多田智
ツイート
柏木由紀、多田智

4月にグループ卒業となる柏木は“AKB48のメンバーとして17年間活動をしてきたので、毎年必ずやってきたこと、毎週のように行ってきた握手会、いろんな音楽番組への出演。そういったことが「本当に最後」になってきていると実感しています。人生の半分以上、AKB48にいるので「AKB48の柏木由紀」じゃない自分をほぼ知らない”と吐露。“AKB48じゃない自分は中学で止まっているので、楽しみなのと不安なのが半々。ただ、「1回そこで人生が終わるくらいの気持ちで最後までやりきりたい、走り抜きたい」という想いが1番強いです”と続けた。

“「そろそろかな、どうしようかな』ぐらいはあったんですけど、私は今回の卒業まで本気でAKB48を辞めたいと思ったことは1度もありませんでした。当たり前ですが自分で決めて卒業するのは初めての経験なので、だんだん卒業する日が近づいてきてその後のことを想像したり、実際に卒業した子たちに「卒業したらどんな感じなのか?」ってのは、けっこう聞いています”と柏木。

“卒業後の日々がどう進むのか検討がつかないんですよね。もちろん、いただいたお仕事は頑張りたいと思っていますが、プライベートに関しては今はやりたいことがあまりなくて。AKB48を卒業したら絶対にプライベートの時間は今より増えると思うので、そこからまた自分の別の人生が始まるんだろうなくらいに思っています”と語った。

また、前田敦子や大島優子など“神セブン”メンバーがいた頃の自分については“総選挙で私は1回目9位、2回目8位。2回とも上位7人が変わらなかったので「神セブン」と言われるようになりました。結局そこに入れなかったのはやっぱり大きかったですね。8位でも十分ありがたいんですけど、7人で雑誌、7人でテレビとかが多くて8位の私は呼ばれない。そこにとんでもなく大きな差がありました。「もう無理、やっぱ全然違う人たちだな。敵わないな」って思いました。神セブンっていうのが強くて7人が圧倒的なAKB48の顔。だから自分がAKB48にいる実感がまったくなかったです”と回顧した。

柏木由紀へのインタビューをもとに脚本が書き下ろされたスペシャルショートドラマの第1話は『ごっこ倶楽部』のTikTokおよびXのアカウントで公開中。第2話は3月10日(日)にAKB48のTikTokおよびXにて公開される。ドラマには、AKB48の若手メンバーが出演している。柏木由紀の卒業シングルとなるAKB48の63rdシングル「カラコンウインク」は3月13日(水)にリリース。<柏木由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜 supported by イモトのWiFi>は、3月16日(土)にぴあアリーナMMで行なわれ、翌3月17日(日)に開催の<AKB48 春コンサート2024 in ぴあアリーナMM>昼の部・夜の部のステージで披露する「カラコンウインク」にも出演予定。

※WEBREENとは
Web+Screenが由来で、縦型動画プラットフォームにおける新たなジャンル。従来の横型でのドラマ表現とは異なり、スピード感のある展開に、BGMやSEなどの音の要素も加え、短い時間の中で、観た人の心を動かす映像表現の新ジャンル。マンガに対するWebtoon、ゲームにおけるソシャゲなど、プラットフォームや人々の行動様式の変化に合わせてエンタメの新ジャンルは登場してきたが、映画・ドラマなどに対してのまったく新しいクリエイティブのジャンルとなることが予想されている。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 柏木由紀[インタビュー]AKB48卒業を控えて明かす表現者としての矜持「なんだかんだで“アイドルだよね”と言われ続けるのが理想」